およそ一か月前、
3人の維新の会の大阪府議が
離党届を提出した。

理由は、来春の府議選で、
定数削減と選挙区割りの変更により
別の維新現職と競合するところ、
幹事長から
くじ引きでの候補者調整を打診されたことに
反発したかららしい。

組織で働く者は歯車である、
といわれることがある。

仕事が終わり帰宅できるはずの部下を
自分に代わり
ワープロ打ちやコピーをさせるためだけに
帰宅させずに待機を当然のように命じる上司。

部下が自分の思いどおりに動かないと
腹を立てる上司。

当然と思う方もいらっしゃるかもしれないが、
問題は、自分の都合ばかり考えて
部下の人格を無視している場合。
だから、同じように見えても、
部下の人格まで考慮している場合は
問題ない。

その違いは、
上司から注意されているときの
部下にはよく分かる。

残念ながら、私的には、
上司から注意されながら、
人格まで考慮してもらった覚えは、
OECDという国際機関の場でしかなかった。

また、実は、
中世社会のほうがマシだったのではないかと
NHKの大河ドラマなどを見ながら
思うことがある。

組織のために働けば、
たしかに給料はもらえる。
しかし、出世や役職という点で
報われないことが分かっている場合、
特にきつい。

組織で働く者については、
大企業に雇われた者や役所のキャリアなどであれば、
一生懸命働けば、将来、
出世や役職がついてくる余地はある。
しかし、それ以外の者にとっては、
かなり困難な途となる。

私の場合、
一生懸命働いたのに、
出世しないのはまだしも、
12~13年前のポストに戻されたのだから、
キツイ。

中世の武士であれば、
奉仕をすれば
ある領地を支配できるという御恩がある。
なければ、主人から離れることもできる。

領主のために身を粉にしても
御恩がなかったのが、
農民など武士以外の者。
給料のような金銭的な報酬なら
武士以外の者にもあった。

維新の会に離党届を出した三人のうち、
二人は私の選挙を手伝ってくださった方。
だから、少なくともその二人については、
その効果や方向性は別にしても、
維新の会のために身を粉にして働いてきたことは、
私にもよく分かる。

それでいて、
くじ引きだと言われたのだから、
カチンときたのだろう。

もちろん、
他の現職府議も一生懸命に働いたからこその
くじ引きという判断だったのかもしれないが、
おそらく、当の三人は、
今までの働きぶりが考慮されなかったとか、
党の道具としかみなされていなかったとか、
そんなことを肌で感じたのであろう。

自分らは武士と思っていただけに。

その証に、
橋下徹代表が当の3人について
『単に議員を続けたいだけ。
いなくなった方が維新にとってプラスだ』
と語っていた舌の根の乾かぬ内に、
議運で過半数割れとならないように、
離党を認めず処分を先延ばしにている。

そして、号泣元県議で有名になった
政務活動費についても、
三人分の活動費は当の三人ではなく、
党のふところに入っている。


スポンサーサイト
Tag:
| TrackBack:0
2014.07.18(Fri):わたしの信条
かなり前のことだが、
あるテレビ番組で、
複数の国会議員が
『バイトの時給が上がっているの
気がついてますか?
景気回復の兆しが見られるんですよ』
とドヤ顔でコメントしていた。

それに対し、芸能人が、
『それはバイトの数を大幅に減らして、
一人の時給を1.5倍にしても、
今までの2~3人分働かせて
それで人件費をトータルで削っているんだよ』
と切り返していた。

『そんなこと、
居酒屋とか牛丼屋に行ってれば、
なかなか注文できないとか、
注文してもすぐ出てこないとかで
すぐに分かるでしょうよ』と。

庶民の暮らしを知っていることを
アピールしたかった国会議員は
鼻をへし折られた格好だった。


こき使われるとすぐ辞めてしまう人もいるから、
雇うほうも、ずっと高い時給で募集し続ける。

たしかに、
私も牛丼屋に行くことが多いが、
今まで3人いたバイトが2人に減っていて、
客が多い時は注文するのを待つことが多く、
出てくる時間も
以前よりかかっている気はする。

もちろん
全てのお店にあてはまる話ではないが、
政治家という人種がいかに世間に疎いか
という印象を植え付けられた。

まさに、私は、
テレビ番組の演出の狙いどおりに
まんまとはまってしまったのだが、
だからといって、
あながち間違ってはいないと思う。


また、その国会議員は、
『消費税率をさらに引き上げなければならないほど
国家財政は窮迫している、
こういう現状をきちんと国民に説明するために
私は政治家になったんです』と
これまたドヤ顔でいう。

呵呵大笑。
そんなことは、マスコミなどを通じて
みんなタコができるほど聞かされている。

政治家が説明しなければならないのは、
そんな中学生でも知っていることでははく、
財政を窮迫化させた責任の所在や、
号泣元県議で問題となった
領収書の要らない月数十万円の政務活動費や
月百万円の国会議員の文書交通費の使途など
我々が知りたくても知ることができないことだ。


ちなみに、
兵庫県議会が号泣元県議を
詐欺罪ではなく、
虚偽公文書作成・同行使罪で告発したのは、
詐欺罪だと他の県議にも
容疑があてはまってしまうからだ
といわれている。



Tag:
| TrackBack:0
三ヶ月前、
ベランダにド鳩が巣をつくり、
気がついたときには、
ヒナまで生まれてしまい、
駆除しようと思ったが、
とりあえずヒナが巣立つまで
そのままにしておくことにした。

それ以降、ヒナの鳴き声で
朝の4時台に目が覚めてしまう、
というところまでお話しをした。

そして、そのヒナがどうなったのか、
今回はその報告を。


その後、一か月ほどして、
羽も立派になった小鳩が
ベランダから飛び立とうとするが、
なかなか飛べない。

親鳩が飛ぶように促すものの
なかなか飛べない。

飛んだか!
と思うと
すぐベランダに戻って来てしまう。

十日ほどたってからだろうか、
気がついたら
いつの間にか巣だっていた。

私は、マスクと軍手で完全防備の上、
糞やほこりや小枝や卵のカラ
(これがうずらの卵みたいで意外に小さい!)
を掃いて、
巣となっていたテーブル火鉢をそうじした。

その後数日間、
二羽のド鳩が
しきりにベランダに飛んできた。

親鳩か、小鳩のほうか、
分からない。

ただ、知らぬ間に
数本の小枝がベランダの片隅に置いてあり
その上に二個の小さな卵があったので、
親鳩のほうだったのかもしれない。

私は、また巣を作られては
とにかく不衛生で、掃除も大変なので、
たまらん、と思い、
卵と小枝を処分し、
ド鳩を見かけるたびに追い払った。

テーブル火鉢にもふたをした。

そして、極めつけは磁石だ。

鳥の頭には
方位を知るための磁石があるので、
磁場のある所を避けたがる
という話を聞き、磁石を置いてみた。

が、平気で磁石の上に止まったりする。

それでも、
以前よりは来なくなったが、
ド鳩と格闘する日々は続く。



Tag:
| TrackBack:0
2014.07.12(Sat):介護・福祉問題
先月下旬、
霞が関の複数の省庁の女性キャリア有志11人が、
子育てをしながらでも働き続けられるよう
改革の提言をまとめ、
内閣人事局長に手渡した、
とのニュースがあった。

待機児童の問題のように、
子育てと仕事との両立という問題は、
世間でもクローズアップされ、
一昔より前よりは、
職場でも理解が深まってきているのではないか。

『イクメン』という言葉も生まれ、
男性による育児ももてはやされている。

それは、
子育ての大変さを実際に体験した方々多いことと
関係していると思う。

一方、介護老人福祉施設の入所待機問題は、
待機児童問題ほどは注目されていない。

『イクメン』に相当する言葉もない。

それは、介護を要する両親らと
いっしょに暮らしたことのある人が
比較的少ないことと関係しているように思う。

特に、働き盛りの勤労世代に限れば、
年齢的にご両親が健在な場合が多いので、
なおさらだ。

また、
ご両親の健康状況を心配しなければならない
上の年齢層でも、
長男でない限り、
介護の大変さを実感できる場合は
少ないような気がする。

実際、私が勤務していた
東京国税不服審判所というところでは、
50代の職員の方が比較的多かったのだが、
私の周りには、たまたま
長男である方が一人もおらず、
お話しを聞いていると、
ご両親の世話は長男に任せている(た)
という場合がほとんであった。

だから、
私の境遇に本当に理解を示してくれる方は
お一人としていなかった。

しかし、それは決して
非難されるべきことではないと思う。
自身で経験されない限り、
分からないのは仕方のないことだからだ。

私だって、子育ての苦労を
本当に理解しているかというとうそになる。


だからこそ、
私はしつこく訴訟を続けているのである。

霞が関の複数の省庁のキャリア有志が、
介護をしながらでも働き続けられるよう
改革の提言をまとめることはまずないであろう。

なぜなら、子育ての場合と比べ、
経験者が極端に少ないからだ。

私が訴訟を提起したことで、
本当に理解されなくとも、
子育ての場合と同様、
人事上配慮しなければならない時代なんだということを
分かってもらうためにも。



Tag:
| TrackBack:0
その窓口は、
拍子抜けするほど狭かった。


在職中、
父親の介護を理由に
在京勤務を適えてもらった代償に、
父が亡くなった後の異動で
自身が経験した
12~13年前のポストに戻された。

これを不服として、
弁護士に依頼するとお金がかかるので、
自分一人で
東京地方裁判所に訴えたのが一年半前。

そして、敗訴判決を受けたのが半年前。
その後、東京高等裁判所に控訴し、
控訴審でも敗訴判決を受けたのが
数週間前である。

高裁の判決内容は、
『控訴棄却の理由は地裁と同じ』
というなめたものだった。

そして、先日、
最高裁判所に上告すべく、
東京高等裁判所を訪れたのである。

上告状の提出先は最高裁判所ではなく、
今まで裁判をやっていた
東京高等裁判所だからだ。

最高裁判所に上告できる条件は、
意外にハードルが高い。

事実の有無は高裁で決まってしまい、
最高裁では、
その固まった事実を前提に、
法律の解釈だけが問題となるからだ。

今までの裁判で固まった事実は、

⑴ 私が、在職中、A~Eの5段階評価で
 常にB以上の評価受けるなど、
 具体的にも相当の実績を残し、
 休職もしたことはないこと。

⑵ にもかかわらず
 私を12~3年前のポストに戻したことと
 在京勤務が続いたこととは関係なく、
 また、他にも特に理由はないこと。

⑶ 私の他に
 12~3年前のポストに戻した例は、
 国税庁創設以来65年間、
 一度もないこと。

⑷ 問題となった異動は法律上の
 『降格』ではないこと。

である。

私は、問題となった異動が
国家公務員法の
『著しく不利益な処分』に当たるとして
訴えたのに、
被告の国のほうは、一生懸命
『降格』に当たらないことを縷々述べ、
地裁の判決も高裁の判決も
この国の主張をそのまま取り入れたものだった。

「それは判決理由としておかしいんじゃない?
 きちんと『著しく不利益な処分』とは何か、
 解釈してから判断してくれよ…」
というのが上告した理由の一つ。

また、国が、
法律、命令、規則といった法規範ではなく、
ある本に書かれている例示を根拠に主張し、
裁判所もその主張を認めたので、
「おいおい、本とかじゃなくて、
 ちゃんと法規範に則って判断してくれよ…」
といったことも上告の理由だ。

さらに問題は証拠だ。
地裁が判決で『証拠不十分』としたので、
「それなら、当時の人事課長に
 直接いろいろ聞いてやろうじゃないか」
ということで証人申請をした。

なのに、高裁は証人尋問の必要ないと判断し
それでいながら、判決で
『証拠不十分』という地裁の判断を繰り返した。

「これは明らかに論理矛盾!」
ということも理由に付け加えておいた。

これだけ、私がしつこく訴え続ける理由は、
今までもブログで何度も述べてきたが、
次回は、ちょっと違う角度から
述べさせていただきたい。



Tag:
| TrackBack:0
2014.07.04(Fri):わたしの信条
カラ出張が疑われる中、
号泣しながら正当性を訴える
兵庫県議の号泣シーンが
今や国内のみならず海外でも
有名になっている。

ただ、聞いた話によると、
イギリスでは、
号泣しながら誠実に謝罪する模範的な議員
として紹介され、
これだけ誠実な政治家がイギリスにもほしい
みたいな、どこでどう間違ったのか
誤解された形で報道されていたようだ。

こんな議員でも
一万票以上も集めることができたのは、
大阪維新の会とはまったく関係ないのに、
『西宮維新の会』を掲げた
彼のクレバーな戦術によるところが大きいのだろうが、
地元有権者の目はふし穴か、
という声もあるらしい。

しかし、それは仕方がないことだと思う。
いかんせん、
有権者には十分な情報が与えられていない。
この議員の本性も
こうした問題が起きない限り、
一般有権者には
未来永劫分からなかったことであろう。

どの候補者のホームページをみても、
きれいごとだけが
抽象的に書いてあるだけである。


だから、私はブログを続けている。

次回、選挙に立候補した際、
私がどういう人間なのかを
有権者の知っていただくには、
行動などを客観的に記したり、
きれいごとをならべるのではなく、
感じたことをありのままつづることが
最善の方法だと思うからである。



Tag:
| TrackBack:0
2014.07.03(Thu):未分類
今回は、完全に私的なお話し。

私は、下手の横好きで、
小学校6年から高校1年まで、
野球をやっていた。

中学時代は
地元江東区の野球チームで、
当時できたばかりの『大島クラブ』
というチームに所属していた。

私は補欠だったが、
チームは当時からそこそこ強かった。

それから35年近く、
今や強豪と呼ばれるほどにまで
成長したらしい。

そして、本日、プロ野球の
オールスター選手が発表されたが、
そこに『大島クラブ』出身の選手が
初出場選手として名を連ねていた。

私の母校、都立城東高校が
夏の甲子園に出場したときも
嬉しかったが、今回のニュースもうれしい。

私はその25年ほど後輩に当たる選手を
直接は知らないし、
もちろん、彼も私を知らない。

それでも、うれしくなるのは、
なぜだろう。



Tag:
| TrackBack:0