2015.04.29(Wed):政治活動
選挙後の早朝、早速、ある駅前で
通勤・通学のみなさんに挨拶申し上げていると、
“う~”と、ずっとうめいている中年男性がいた。

私は「どうせ酔っ払いだろう」と思い、
30分ほど無視していた。

しかし、その男性は這いつくばりながらも、
私のほうへ近づいて来た。
私は当初「からまれたくないな~」と思いつつも、
その男性の様子が尋常でないことにも
徐々に気がつき始めていた。

近づいて来たその男性はついに私に話しかけてきた。
『ここは、北口ですか?南口ですか?』

よくよく聞いてみると、その男性は、
その駅の出口を知りたかったのではなく、
私に救急車を呼んでほしかったようだ。

その男性は、
急に脚が痛くなって歩けなくなったらしい。
そして、確かに片方の脚だけが膨れ上がっていた。

私は、携帯で119番にかけ、救急車を呼んだ。

その後、私は冷たく、
その男性から少し離れたところで
通勤・通学のみなさんに挨拶を続けた。

その間、その男性はしきりに私に
『救急車はまだか、まだか』
と訴えかけてくる。

救急隊員から私の携帯に連絡が入り、
その男性がその隊員と携帯で話をした後も、
私への催促は止まない。

たしかに、待つ側としては、
救急車の到着は遅く感じた。

そして、
若干道に迷っていたらしい救急車が到着。
その男性は救急車に乗せられ、
去っていった。


それから、さらに30分ほど経つと、
先日の区議会議員選挙で当選した方が現れた。

その方は、毎週、その曜日に
この駅前でみなさんに挨拶をしているとのこと。

以前も同じようなことを
別の候補者から言われたことがあったが、
特定の曜日に、決まった駅で、
通勤・通学のみなさんに挨拶をしている方も少なくないようだ。

その方は、みなさんに当選の挨拶をしたいと、
私から少し離れたところで、
控えめな声で挨拶を始めた。

私の挨拶の声も自然と小さくなった。

私にねぎらいの声をかけてくださった方も
数人いらしたが、
それを大きく上回る数十人の方が、
未成年者も含め、
その当選された方に祝福の声をかけていた。

当選と落選の差。
通勤・通学の方々との関係の深さの差。


騒がしくも、
ちょっとだけ、寂しい朝だった。



スポンサーサイト
Tag:
| TrackBack:0
2015.04.27(Mon):2015 江東区長選
22,110票。
前回の衆院選時の2.5倍。
組織に頼ることなく、個人の力で
共産党推薦候補者に肉薄するまでに
票を伸ばすことができたのは、
自分でも驚きです。

というのは、正確ではありません。
ここまで票を伸ばせたのは、
私の力よりも、
私の知るところ、そして知らないところで、
尽力してくださったみなさまのおかげです。
これは、組織に匹敵する力です。

そして、私を育ててくれた亡くなった両親や
祖父母を含めたご先祖のおかげでもあります。


ただ、落選は落選です。

応援してくださった方の中には、
応援していたチームが試合に敗けたように、
がっかりした方もいらっしゃったかもしれません。

しかし、私は、
みなさんから勇気をいただきました。

昨晩発表されたNHKの出口調査の結果で、
もちろん得票数は分からなかったのですが、
当選した現職の方の圧倒的に長い棒グラフを見せられ、
また供託金没収かと、
今朝まで本当に落ち込んでいました。

しかし、22,110票という得票数は
私を奮い立たせてくれました。
みなさんから勇気をいただきました。

また、再出発です。


そして、知性と教養を身に着けた
真の政治家を目指すべく、
東京大学でも力を抜くことなく
引き続き勉学に勤しんでいきたいと思います。


今後とも、よろしければ、
応援のほどよろしくお願い申し上げます。



Tag:
| TrackBack:0
2015.04.26(Sun):2015 江東区長選

とにかく、精根尽き果てました。
睡眠時間を削ってまで
ブログを更新する気にもなれないくらい。

昨年12月の衆院選に立候補したときも
全力で選挙戦を闘ったつもりであった。

しかし、
その時が私の江東区でのデビュー戦であり、
また、私だけが無所属で、
政党名で投票先を決める有権者の方も多いなか、
私の当選確立はゼロに等しかった。

もしかしたら、無意識に
こうした現実が
私の選挙活動に影響を与えていたのかもしれない。

また、前回の衆院選時の立候補者数は私含め4名。
しかし今回は江東区長選のほか、
江東区議会議員選挙もあり、
合わせて立候補者数は63名である。
朝の駅頭挨拶の場所取りだけでも苦労した。


ただ今回は、
江東区長選に限っていうと、
江東区の行政の長を決める選挙であり、
他の候補者も表面上は無所属である。

また、
昨年の衆院選に立候補していたことや、
平日はほぼ毎朝、
いくつかの駅で朝の挨拶をしていたこともあり、
私の知名度も若干上がっていた。

前回の衆院選時も、
地元中心にみなさんから
声援をいただくことができたが、
今回は、
いただいた声援の数も増え、
前回ほとんど声援をいただくことのなかった地域や、
朝の駅頭挨拶をしていない地域でも、
声をかけてくださる方が
たくさんいらっしゃった。

私の今までの人生の中で、
これほど嬉しいことはない。

これまでの江東区内での政治活動は
量・質とも本当に浅いものではあるが、
このように
たくさんの方々の声援を受けることができただけでも、
やってきた甲斐があったというものだ。

経済的には苦しくなったが、
ある意味、やっただけの見返りがある分、
仕事をしていたときより幸せを感じる。


ただ、今回の選挙運動期間中、
私の声かけに
沈黙をしていた方々のほうが圧倒的に多かった。
当然のことではあるが…

こうした方々が
みなさん他の候補者を支持していると考えただけでも、
私の当選が簡単ではない現実に変わりはない。

また、声援をいただいたことは
嬉しさのあまり、
沈黙を保っていた方々の何倍もの印象が残るため、
自分のことを勘違いしないようにはしたい。


江東区の選挙の開票は、
国政選挙や他の地方選と違い、
明日の朝からである。
まー、このほうが
休日手当を支払わなくてすむ分、
税金の節約にはなる。


だから、今日くらいは、
ゆっくりしたい。


Tag:
| TrackBack:0

以前、私についての記事が、
4月7日発売の『サンデー毎日』に掲載された旨
申し上げましたが、
読んでおられない方もいらっしゃるかと思いますので、
記者の方のご厚意により、
以下にその内容を紹介いたします。

ウェブサイトの合格発表で自分の番号を見つけた時、一人、部屋で思わず「やった!」と叫んだ。
猪野隆さん、50歳にして東京大学文科一類に合格。以前に一度合格しており、今回が二度目だ。
東京都立城東高校を卒業後、一浪して上智大学経済学部に入学。卒業後参議院事務局に入局した。
1990年、国家公務員Ⅰ種試験に合格し、国税庁に入った。
そこからOECD(経済協力開発機構)に出向したことが転機となった。
「日本だと上司から仕事をチェックされることが多いのですが、OECDでは自由にやらせてくれた。
国際会議での発言内容も、指示されることはありませんでした」
2年間の出向を終え帰国。職場に戻ると自分の裁量を振るう機会がほとんどない。
鬱積した思いが勉強へと向かう。
「OECDの勤務で、各国の職員と渡り合うには英語力だけでなく
世界の歴史、政治、文化を知ることが必要だと痛感しました。
もう一度勉強して教養を身につけたい、と」
どうせ学ぶなら最高の学府の最高の教授陣でと、東大受験を決意したのが今から約20年前だ。
土日は終日予備校、平日は仕事の後にZ会の通信講座。
一年間仕事と勉強に明け暮れ、見事一度目の東大合格。
しかし両親の病気が悪化し、介護の必要から仕事を続け通学を断念する。
せめて合格した証拠を残そうといったん入学し、前期授業料を支払って健康診断を受けた後、
後ろ髪を引かれながら大学を後にした。
猪野さんがもう一つ胸に秘めていたのが政治への決意だ。
2012年11月の衆院解散。
猪野さんは当時、大阪国税局に勤務し「維新の会」の隆盛を目の当たりにしていた。
立候補者公募に応募し、退職して東京11区から総選挙に出馬、約5万票を集めるも、
下村文部科学大臣に敗れ、次点で落選した。
仕事を辞め、選挙にも落選してやることもなくしてしまうと、またむくむくと東大へ行きたいという思いが湧き上がってきた。2回目は1年間、河合塾に通った。
「一度受かっていたので簡単に考えていましたが、2回目は甘くなかった。
英国数は頭が多少おぼえていたものの、暗記もの、特に歴史が覚えられない。
電車の行き帰りにテキストに目を通し、時間があればNHKの英語講座を聴いていました。
勉強することは好きだったので、つらいとは感じませんでしたね」
河合塾本郷校で猪野さんを担当していた進学アドバイザーの有賀直子さんは言う。
「親と同年代の猪野さんがアドバイスを聞いてくれるか心配でしたが、
こちらが指導したことを素直に受け入れ、すべてこなしてくれました。
教室に猪野さんがいることで、他の受験生にも頑張ろうというムードが生まれました」
貯金で食いつないできた猪野さんにとって、経済的にもぎりぎりだった。
「家族がいないからできた。
政治、法律の勉強をしっかりして、有権者に分かりやすく情報を発信する政治家になりたいですね」



Tag:
| TrackBack:0
2015.04.18(Sat):2015 江東区長選

いよいよ、明日19日から
江東区長選挙戦に突入です。

19日の午前0時から、
私の新しいHP(inoko.biz)も
立ちあがりますので、
よろしければ、こちらもご覧いただけると
幸いでございます。

現職の方はかなりお強い方ですが、
全力で挑んでまいります。


Tag:
| TrackBack:0
PCでこのブログをご覧の方にお知らせです。

従来のテンプレート(背景)は星空でした。

それは、私が小学生のときに、
同級生がガチャガチャで天体望遠鏡を当て、
(もちろん、望遠鏡が入ってたわけではなく、
望遠鏡を入手するために郵送すべき紙片が
入っていました。)
その望遠鏡を公園の中央にある
すべり台のてっぺんに置いて、
寒い冬にもかかわらず
毎夜、友だちと順番にレンズを通して
星空を眺めていました。

土星の輪っかや木星のしま模様が
何とか分かるくらいの倍率で、
オリオン座の三ツ星の下にある
オリオン大星雲も見えました。

寒空の下、星を眺めながら、
みんなと食べた
当時発売されたばかりのカップラーメン
このおいしさは今でも忘れません。

それから、星を眺めるのが好きになり、
今はなくなってしまった渋谷のプラネタリウムには
よく通っていました。

小学生のときの卒業文集に書いた
将来なりたい職業は天文学者でした。

そんな思い出があったので、
文字が見づらいなど不評だったにもかかわらず、
星空のテンプレートを続けていました。

しかし、最近、
オカルト的で怪しい感じがするとか、
ダークなイメージがある、
といった指摘を受け、
グリーンの明るい感じのテンプレートに変更しました。

今後とも引き続き、
このブログを読んでいただけると幸いです。



Tag:
| TrackBack:0

先日もお知らせしましたが、
本日7日(火)発売の
『サンデー毎日』の22頁に
私についての記事が載っています。

当初は、半ページにも満たない小さな記事だと
言われていたのですが、
結局、一ページに渡る記事でした。

私の知名度アップにもつながりますので、
もし、よろしければ、
みなさまのご親戚やご友人・知人の方々にも
広めていただけると幸いです。

サンデー毎日写真

Tag:
| TrackBack:0
2015.04.04(Sat):2015 江東区長選
来たる26日(日)投票日の
江東区長選挙に立候補することに
決めました。

江東区は多子高齢化が進む地域であり、
また、
五年後のオリンピック・パラリンピックでは
バレー、体操、レスリング、フェンシングなど
多くの競技会場となっている地域でもあります。

まさに、
首長としてやりがいのある地域であり、
自身の25年の行政経験や介護経験などを
最大限に活かせるチャンスであるとも
考えました。

一方、これから東大で
政治や法律を学ぶつもりでもありましたし、
本来は、しっかり勉強をしてから
立候補するのが筋なのでしょう。

しかし、私の残された人生も
平均寿命から逆算すれば三十年足らずです。
もう、機会があるごとに
それを活かしていくしかありません。

もちろん、
当選する保証はまったくありませんので、
大学生の身分のまま立候補することに致しました。



Tag:
| TrackBack:0

今週火曜に発売した
『サンデー毎日』4月12日号増大号に
“東大合格者814人が実名で回答『合格の秘訣』”
に私の名前と回答が載っています。

そして、来週火曜7日に発売予定の同誌に、
半ページにも満たない小さなスペースですが、
私についての記事が載る予定です。

取材理由は、
やはり中高年で合格したということで、
先日、記者の方に
インタビューを受けると同時に
笑顔とドヤ顔の表情二パターンで、
桜の木の下で二十枚ほど写真を撮っていただきました。



Tag:
| TrackBack:0