2016.02.28(Sun):政治活動
朝の駅頭などで
議員や立候補予定者がお互い
演説や挨拶のための場所が重なった場合、
後から来た者が先に来た者に対し
一声かけて、
少しでも離れた場所に移動することが多い。

しかし中には、後からやって来て、
先に来ていた私のそばで
挨拶などをしだす者もいる。
しかし、これは、
早くから来て挨拶をしている自分の邪魔になるので、
本当は止めてほしい。
ただ、規則があるわけではないので、
違法とかということではなく、
早く来た者が優先するという、
あくまでもマナーの問題だと個人的には思う。

駅近くで商売をしている者が
後からやって来て、
ティッシュやチラシを配りだすこともあるのだが、
私が先にいても、
声をかけられることはめったにない。
ただ、この場合は、
彼女ら彼らが配るときに出す声は、
会話程度の音量なので、
先ほどの議員などの場合よりは気にならない。

しかし、
先日の朝の駅頭でバッティングした
憲法9条改正の阻止を訴える集団には困った。

私が挨拶を始めて一時間ほどして
やって来たその集団は、
私に一声もかけることなく、近くで
マイクを使い大音量で話始めた。

私の肉声は完全にかき消された。

この集団を見かけるのは初めてだ。

演説をするといっても原稿の棒読み。
しかも、私より年上のせいか、
10分もするとお疲れになるようで、
他の人と交代したがる。

一年ほど前、
とある労組の団体が同じように、
先にいた私の近くで、突然、
大音量のマイクで話始めたことがある。
そのときは、私も文句をいったのだが、
完全に無視されたので、
私も精いっぱいの大声を張り上げるという
不毛の争いをした覚えがある。

もう、ストレスがたまるだけだった。

だから今回は、
みんな私より年上だったこともあり、
何も言わなかった。

ただ、30分もすると、
彼らはさっさと引き上げた。

あの人たちは、
おそらく雇われなのであろう。
だからであろうか、
先ほどの商売の宣伝の場合と同様、
私に対して、
何ら悪びれることはなく、
また、原稿棒読みの演説にも
感情はまるでこもっていない。

あの集団は、私がいないときに、
この駅に来ているのかもしれないが、
年に一回ほど来て、
感情のこもってない演説をして
どれだけの意味があるのだろうか。

というか、
憲法九条を守るという
高邁なことをうったえかけることは結構なことだが、
せめて先にいた者に一声かけるという
最低限のマナーは身に着けていただきたい。

そうしないと、
高邁な訴えもみんなの心には届かない
と思うのだが…


スポンサーサイト
Tag:
| TrackBack:0
2016.02.14(Sun):政治活動
『K党』ときいて、多くの方が
二つの政党を思い浮かべるものと思います。

この二つの政党、
ポスターを貼る上で対照的な様相を呈しています。
ここで、便宜的に
一つをK1党、もう一つをK2党とします。

私が自分のポスターを
貼らせていただけるようお願いするのは、
既に他のポスターが貼ってあるところが
ほとんどであることは以前も申し上げました。

二つのK党は
どちらも組織がしっかりしている政党ですが、
K1党の貼ってあるお宅は大らかなのか、
自分のも貼らさせてもらえることが意外に多いのです。

かたや、K2党の貼ってあるお宅で、
自分のも貼らさせてもらえるところは
めったにありません。

普段、お店などにお願いしても、
『お客さんの支持政党が様々だから』
といった理由で断られることが多いのですが、
その後、K2党のポスターが
しれっと、貼ってあることが多いのも特徴的です。

また、ある別のお宅の壁に、
K1党でもK2党でもない
X党のポスターが貼ってあったのですが、
そのポスターを隠すように板が立てられていて、
その板にK2党ポスターがはってあるのを
見かけたこともあり、
これにはさすがに唖然としました。

さらに、ある日、
うら寂しい感じのお宅の柵に
K2党のポスターが貼ってあったので、
自分のも貼らさせてもらおうと
インターホンを押してしばらくすと、
向かいのお店の方から
『そこは誰も住んでないよ』といわれたので
「でも、K2党のポスターが…」ときくと、
『あ~それは勝手に貼っていったんだ。
 あんたも貼っちゃえば。』
とはいわれたものの、
さすがに貼ることはできませんでした。

そして何より、
K2党のポスターで特筆すべきは、
私のポスターがはがされたあとの
まさにその場所に貼ってあることもあり、
こうした点は、
K1党のポスターの場合にはみられない特徴です。

さらに、こんなこともありました。
昨年の九月下旬、
あるご隠居されたおじいさまの了解を得て
ポスターを貼らさせていただいたのですが、
それから三ヶ月後の昨年末、
新たにK2党のポスターも見かけるようになったところ、
突然、年明けではありますが、
息子さんのほうから、
『自分は了承した覚えがないから、はがしてくれ』
と言われてしまいました。

他にも
『個人的にはポスターを貼らせてあげたいけど、
 あとでK2党関係者がうるさいから』
という理由で断わられたことも何度かありました。

ちなみに、K1党でもK2党でもなく、
別のY党が貼ってあったところではありますが、
いったん私のポスターも貼らさせていただいたお宅が
後日、町内会からはがすよう言われたため、
はがさざるをえなくなった
ということもありました。

町内会がどこを支持しようと構いませんが、
支持する選択の自由は個人にもあるはずですから、
K2党含め、組織力をもって
ご近所づきあいを利用しながら
個人に圧力をかけるようなことは、
控えてほしいものです。

なお、そのY党に関するお話しですが、
私が家主さんの了承を得た上で、
よれよれのY党のポスターの横に
自分のポスターを貼ったその数日後、
ま新しいY党のポスターの横に
私のポスターが丸めて捨てられていたのを
見つけたこともありました。

でも安心して下さい。
こうしたことをされればされるほど、
私は燃えてきますので。

それにしても、
こうしたなりふりかまわない裏の実態を隠しつつ、
表では綺麗ごとをいいながら
組織力や政党名に頼った選挙で当選者を出す。

だから個人的に資質に問題のある議員も
当選してしまうのではないのでしょうか。

1455347170089.jpg1455347216490.jpg


Tag:
| TrackBack:0
以前、ボランティアで
中学生と勉強をしているということを
お伝えしましたが、
その中学生のうちの一人が
昨日、江東区の代表として、
中学生『東京駅伝』大会に出場しました。
場所は調布市の味の素スタジアムです。

東京の23区、26市、そして瑞穂町の
合計50チームで争われ、
女子は、16名で30㎞、
男子は、17名で42.195㎞の周回コースです。

スタジアムに着くと、
場内用の実況と解説が聞こえてきたのですが、
なんか、聞き覚えのある声が…
そう、あの往年の名ランナー
瀬古利彦さんが解説をしていたのです。
なんと贅沢な…

私と勉強している男の子は第一走者。
スタジアムで号砲が鳴り響き、
地元中学生に交じって声援をおくると、
すぐに、ダッシュをしてスタジアムの外へ!
これも地元中学生といっしょに
周回コースをかけずりまわり、
結局、三か所で応援できました。

が、江東区の結果は、
彼が走った男子は30位、
女子は大健闘の3位入賞です。
そして、優勝は、
女子、男子とも足立区でした。
タイムは、女子の一流選手が
一人で走ったのと同じくらい
といったところです。

このようにスタジアムで
大声を張り上げて声援をおくったのは、
三十年前に大学の陸上部にいたとき
今はなき国立競技場で
関東インカレが行われたとき以来
でしょうか。

この三十年前のときとの違いは、
まず、応援です。
関東インカレ(学生選手権大会)の場合、
自校の選手の応援ですし、
応援も組織だっていて、にぎやかというか、
鳥肌が立つくらいの感動さえおぼえます。

今回の中学駅伝は、
自校の生徒だけが走るわけではなく、
応援団とかもないので、
ちょっとバラバラ感はあったのですが、
人口や学校が少ない市区町ほど
声援は大きかったような気がします。

そして、スタジアムなんですが、
味の素スタジアムは、
昔の国立競技場と比べても
大きくて、ものすごく立派です。
自分はサッカーファンではないので、
J1の会場となるようなスタジアムの中を
実際に見るのは初めてだったのですが、
オリンピックとかに使用しても
全然おかしくないと感じました。
(陸上トラックは取り外し可らしいです)

昔の国立競技場も古いので
建て直す必要があったのかもしれませんが、
あれだけのお金をかける必要が
本当にあったのか、
瀬古さんの最後の挨拶の声が聞こえてくる
スタジアムを後にしながら、
ふと思ったしだいです。

東京駅伝外東京駅伝内



Tag:
| TrackBack:0
2016.02.03(Wed):政治活動
みなさんは、
清原容疑者逮捕のニュース、
どのようにお知りになったでしょうか?

私は、今朝の駅頭挨拶時でした。
通勤客のお一人がいきなり私の目の前で
バッティングポーズをとりながら
『これ、分かる?』
と私にきいてきて、
「野球ですか?」
とこたえると、
『そう、それが覚せい剤で捕まったんだ!』
といいながら
スマホで清原容疑者逮捕の写真を見せてくれた。

と、驚く暇もなく、
他の男性が私に地図をみせながら
道を尋ねてきた。
そう、私はよく道をきかれる。
おかげで、
近所以外の駅周辺の地理も多少詳しくなった。

それから数分後、
しかめっつらをしたご婦人が
つかつかっと、私に近寄って来て、
『あんた、うっとうしいんだよ!』
と、怒鳴ってきた。

通勤・通学者の方から激励を受けることもあるが、
このようにののしられることもたまにはある。

なんか、
せわしない今朝の駅頭挨拶でした。


Tag:
| TrackBack:0