2016.07.30(Sat):未分類
小説『野菊の墓』の作者として有名な
明治の文豪・伊藤佐千夫は、
晩年、死没するまで、
東京都江東区の亀戸や大島などで
活動していた。

その縁で、私の母校である
都立・城東高校には、
伊藤藤佐千夫の歌碑がある。

そして、年に一度、城東高校では、
伊藤佐千夫を偲ぶ会が催されている。

この集いでは、
高校生の親御さんやそのOBらが
事前に作った短歌が披露され
短歌の先生からご講評をいただく。

私も、先日、初めて、
この会に参加させていただいた。
短歌は百首ほど集まったが、中でも、
ご子息への愛情を詠んだ短歌が目立った。

もう何年も前になるが、
私は、友人や知人らから、
子育ての苦労話をよく聞かされた。
ただ、未熟な私は、その行間にある
わが子への愛情を読み取ることが
できなかった。
そのため、
結婚への考え方が消極的なものへ
変わっていった。

しかし、
今回の集いで披露された短歌では、
わが子への愛情が
ストレートに表現されていた。

世の中の、私のような独身者が、
こうした短歌に接することで、
家族をつくることへの想いが
高まるかもしれない。
短歌にはこうした力もあるようだ。

私ももう少し早く、
この偲ぶ会に参加していたら、
結婚できたかもしれない?

それでは、ここで、
私が生まれて初めてつくった
季節外れの短歌を一首。

『祖父祖母の
 お墓に落ち葉
 父母の
 お墓も落ち葉
 恩返しの夕』


【Read More...】

スポンサーサイト
Tag:
| TrackBack:0
2016.07.26(Tue):未分類

私の母校、都立・城東高校は、
高校野球東東京予選の準決勝で
関東一に0対3で惜敗してしまった。
ただ、私立校と比べれば、
練習環境の整っていないなかで、
よくぞ、ベスト4まで残ってくれた。
部員や部を支えてきた方々の頑張りは、
OBの私の励みにもなる。
本当に感謝したい。

さて、日米大学野球の日本代表として、
33年ぶりに選ばれたことで話題になった
東大野球部だが、実は、
城東高校野球部の監督さんも
東大野球部の出身者である。

東大野球部も本当は強いのだが、
プロ野球選手を輩出するような
六大学の中にあっては弱くみえてしまう。
そして、強豪私大のようには、
強い選手を集められないという
不利な環境にある。

そんな不利な状況下でも
勝ち上がっていく雑草魂。
城東高校の活躍と重なってみえるのは
私だけであろうか。


Tag:
| TrackBack:0
2016.07.22(Fri):憲法・法律問題

同じように感じている都民の方も
おられるかもしれませんが、
都知事選の候補者は三名しかいない、
こうした間違った印象を与える
マスコミ報道の在り方は、
いかがなものかと思わざるを得ません。

視聴率のことなどを考えると
仕方がないとも思ってしまいますが
特にTVは、
放送法四条一項二号に違反している
疑いがあるのではないでしょうか。

特に国政選挙のときには、
候補者にモザイクを入れる徹底ぶりなのに
なぜ今回の都知事選は、
特定候補者のみ極端に露出させることが
許されるのでしょうか。

たしかに、新聞については、
公職選挙法でいうところの
『表現の自由の濫用』
とまではいえない以上、
違法とまではいえないかもしれませんが、
やはり、ここは、
候補者は平等であるという建前を
貫くべきだと思います。

国政選挙では、私自身、
無所属であるが故に、
政党所属候補者とは異なり、
政見放送に出られない、
掲示板以外にポスターを貼れない
という差別を受けてきました。

ただ、国政選挙については、
『選挙制度を政党本位にするという
 政策目的に十分合理性がある』
という旨の最高裁判所の判例もあるので
百歩譲れるとしても、
都知事選は、
議院内閣制のようなものがとられてない
地方公共団体の行政の長を
選ぶための選挙ですから、
他の18名の候補者も
平等に扱われるべきでしょう。

ただ、一方で、注目されるが故に、
誹謗中傷の対象になりやすいという
マイナス面はあります。

ここに、応援する者たちの、
組織人としての悲哀というか、
思考停止をせざるを得ない悲哀が
感じられます。

例えば、普段、
合法カジノ創設を推進している議員が、
政党が応援しているという理由で、
合法カジノ創設に反対している候補者を
応援せざるを得ないという現実があります。

だからなのでしょうか、
応援する候補者が訴える政策や主張
(そもそもこれも薄弱ともいわれてますが)
を強く推すような記事よりも、
相手候補者の揚げ足を取る記事が
SNS上でも氾濫し、
誹謗中傷合戦が繰り広げられているのは
本当に見苦しくて仕方ありません。

とはいうものの、
他の18名の候補者の訴えも
選挙公報で読みましたが、
中には、実現性を無視して
言いたいことだけ言っている
こうした印象がどうしてもぬぐえない
ものもあります。


都知事選まであと約一週間、
誰に投票すべきか、
本当に迷ってしまいます。


Tag:
| TrackBack:0
2016.07.16(Sat):未分類
夏の甲子園の地方予選が
各地で行われているが、
わが母校の都立・城東高校は、
十五年前に、夏の甲子園に出場して以来、
関東第一や帝京、二松学舎大付属らにはばまれ、
出場できていない。

しかし、今年は、
高校生ながら140Km台の速球を投げる
エースを擁している。
楽天のオコエ選手を輩出し、
この前のセンバツ大会にも出場した
関東第一にも、
先の春季大会では引き分けている。

そして、昨日の東東京予選では、
初戦の三回戦(シード)で、
日大一に5対0で快勝。
しかも、観戦したOBによると、
エースは投げずに、
二年生ピッチャーが
頑張ってくれたとのこと。

明日の四回戦では、
巨人の阿部慎之助選手の出身校
安田学園と激突。

東東京は130校以上が出場しているため、
先はまだまだ長いが、
今年こそは、
十五年ぶりの甲子園出場を
果たしてくれることを願ってやまない。


【Read More...】

Tag:
| TrackBack:0
2016.07.14(Thu):わたしの信条
参院選も終わり、
都民に限っていえば、
次はいよいよ都知事選です。

選挙のある度に、
どこに、誰に投票したらいいか、
多くの方が
迷われるのではないでしょうか。

それは、なぜか?

私の場合、
公約が今一つ信用できないからです。

これは、今までの当選議員にも
責任の一端があるようにも思えます。
彼ら、彼女らが、
公約実現に向けて普段、
どのような努力をしているのか、
われわれには見えづらい、
そんなふうに感じています。

たしかに、人間である以上、
結果として公約は果たせないことのほうが
多いのかもしれません。

しかし、
その過程や経過についての説明が
われわれに対して、
普段から十分になされていない、
ここが問題なのではないでしょうか。

だから、私なんかは、
次に選挙になったとき、
各候補者が訴える公約が、
どうしても、そらぞらしく
聞こえてしまうのです。

普段から説明責任を果たしてくれれば、
いろいろ情報をきちんと示してくれれば、
公約が守られなかったとしても、
私なんかは納得できますし、
有権者としても、次の選挙のとき
判断しやすくなるのではないでしょうか。

のみならず、
政治に関心をもつ人も増え、
投票率も上がるんだと思います。
すなわち、
投票率低下の原因や理由は、
有権者だけでなく、
政治家らが
普段何をしているのか、
お金をどのように使っているのか、
こうしたことを
きちんと説明してこなかったこと
この辺りにもあるんだと思います。

例えば、舛添前知事や号泣議員、
いわゆる公費の使いみちを
きちんと普段から示してくれれば、
公私混同といった問題は
起きなかったはずです。

また、普段の行動にしても、
日ごろから公開していれば、
視察先が美術館や博物館ばかりで、
保育園や介護施設などはゼロ、
こういうことにも
ならなかったんだろうと思います、

つまり、
説明責任と政治の透明化、
これが今の政治に求められている
のではないでしょうか。

だから、私は、選挙の度、
自らの活動やお金の使いみちだけでなく、
他の議員や政党の動きも含め
きちんとみなさんに
情報を提供すること、
これを公約に掲げてきのです。

そして、政治ではないですが、
生前退位でニュースになっている
天皇陛下に
不信感を抱く人が皆無に等しいのは、
そのお人柄はもちろん、
普段のご公務や行事などが
報道されているからではないでしょうか。
私はそう思います。


Tag:
| TrackBack:0
2016.07.10(Sun):未分類
参院選に出ない私は、
朝の駅頭挨拶時、
地元議員らスタッフが
参院選の応援演説などを
始めようものなら、
そこは遠慮するつもりであった。

しかし、逆に遠慮してもらったのか、
私の知る限りでは、
彼らが所属政党などのために
朝、地元の駅頭で活動する姿は
一度も見かけなかった。

街中に貼ってあるポスターも然りである。
自身の個人用ポスターを
参院選用に、所属政党もしくは
その比例代表の候補者のポスターに
貼り替えるのかと思いきや、
KM党やKS党などを除き、
ほとんど貼り替えられることはなかった。
いや、むしろ、
噂された衆院解散総選挙に備えていたのか、
自身の個人用ポスターを
新しいものに貼り替えていたくらいである。

選挙カーも、地元に限っていうと、
公示日以降の十八日間で、
KS党だけは確かに頻繁に見かけたが、
その他はJM党のを一回だけ
見かけただけである。
自身の選挙のときのように、熱心に
地元地区でも選挙カーを走らせるのか
と思いきや、そうではなかったようだ。

たしかに、地元の議員らも、
参院選候補者の応援演説はしていたようだ。
ただ、この選挙に限らず、
議員らの他候補への応援の形は、
自分も目立つことができるもので、
いわゆる泥臭い活動は、
敬遠したがる傾向が見受けられる。

ある意味当然なのかもしれないが、
これらからいえることは、
政党より自分が第一であるということ。
政党は自分が当選するための道具。
政党が掲げる政策の実現は二の次。

私にはうかがい知れない事情も
あるのかもしれないが、
そうとしか見えざるを得ない
地元議員らの地元地区での
十八日間の戦いであった。
(他の地区は存じあげませんが)



Tag:
| TrackBack:0
2016.07.03(Sun):他政党のやり口
破られたポスター公明党ポスター

5月末の投稿で、
自分のポスターの上から
公M党のポスターを貼られた
というお話をしました。

そして、6月に入り、
参院選公示日以降はしばらく、
公職選挙法上、あらたに
ポスター掲示ができなくなるので、
既に自分のポスターを貼った場所を
区内中、点検に回ったところ、
多少の地域差はあるものの、あちこちで
十数枚もの私のポスターが
他のポスターは無事なのに、
はがされていました。

右上の写真をご覧ください。
そのうちの一か所ですが、
先日紹介した、
公M党ポスターを上から貼られた
その場所から離れた別の町で、
私のポスターが貼ってあった上から、また
公M党のポスターが貼ってあったのです。

そこで、仕方なく、
左下のほうにスペースが空いていたので、
所有者さんの了解を得た上で、
そこに自分のポスターを
改めて二枚貼りました。

そしたら、その数日後、
その二枚のポスターも
左上の写真のように、
無惨な姿に
変わりはてていたというわけです。

私が辟易するのは、
これが氷山の一角にすぎないからです。

もう、これ以上はいいません。
私の品格のほうが疑われてしまいかねません。

そこで今度は、逆に、同じように
宗教団体を支持母体する別の政党について
いいお話をしたいと思います。
それは、KJ党です。

ある朝、
私が先に駅頭挨拶をしていたところ、
後からやって来たKJ党の方が
丁寧に挨拶をしてくださいました。
これは当然のようですが、実は、
後からやって来ながら、
私に文句をいってくる例
(しかもその全員がなぜか男性)
のほうが多いのです。

また、昨年の話になりますが、
あるお宅にポスター掲示をお願いしたところ、
『今貼ってある与党と野党と一枚ずつ、
 これ以上は貼らせないよ。』
と言われ断わられたことがありました。

しかし、先日、そのお宅の前を通ると、
KJ党のポスターも貼ってあったので、
もう一度、自分のポスター掲示もお願いすると、

『いやー、KJ党はいったん断ったんだけど
 その後、外を見たら、
 頼みに来たKJ党の女の子が
 自転車の荷台に乗ってまで
 はがれかけていたJM党のポスターを
 貼りなおしていたから、
 殊勝なことをするなと思って
 KJ党のも貼らせてあげたんだ。』
ということでした。

私も、自分のポスターの側に、
端だけはがれかけているポスターがあれば、
自分のもっている小さなシールで
一つ二つだけ貼ってあげたことはありますが、
正直、ここまでしたことはありませんでした。

心の中でそう思っていたとき、
私の表情が残念そうになっていたからか、
そこのご主人は
『あんたのも貼っていいよ。』
と、おっしゃってくださいました。
このご主人には本当に感謝です。

私は、KJ党の信者でも何でもありませんが、
同じように宗教団体を支持母体とする政党でも
こんなにも違うものなのかと、
個人的には感じている次第です。




Tag:
| TrackBack:0