2016.09.24(Sat):ボランティア活動
6月に入ったある日、
大学からの下校途中、
学生で混雑した車中で、
脚を踏んばって立っていたとき、
LINEグループに
下級生から一通の投稿があった。

“熊本”という文字が飛び込んできた。

内容は、
夏休みを利用して熊本に行き、
被災した子どもたちのために何かしたい、
例えば、学習支援という形で。
だから、
一緒になって参加してくれる人を募集、
というものだった。

私も、ちょうど
熊本で被災した方たちのために
何かしてあげたいと思いつつも、
大学での勉強を言いわけに、
何もできないまま、
地震発生から一か月以上経っていた。

ボランティアというと
がれき処理や掃除、炊き出しなどが
すぐに思い浮かぶ。
ただ、
スポーツ選手ならチャリティー試合、
アイドルなら歌や踊り、
芸人ならお笑いで被災者を励ます。
といったように、
それぞれの得意分野を活かす方法もある。

大学生だったら学習支援、
というのも自然なことであり、
私はすぐに納得した。

ただ、十代の若者の中に
私のような五十過ぎのおっさんが
一人混じってもいいのか。

私は、返答をためらった。

(つづく)


スポンサーサイト
Tag:
| TrackBack:0
閉幕したリオ・パラリンピック。

自分が若かりし頃、
陸上競技をしていたこともあり、
特にトラック種目に注目して
観ていたのだが、そのとき
すぐに気がついたことがあった。

オリンピックで
あれだけメダルを量産した
アフリカ系選手がいない…

アフリカでは障がい者が少ない
というわけではなかろう。
内戦などでむしろ多いのでは…

おそらくは、経済的理由か。
すなわち、
競技用の義手・義足や車いすなどは、
相当の技術やコストがいるはずである。
しかし、
アフリカではその余裕がない。

同じようなことは、
オリンピックでも、
体操や卓球、水泳などでも
いえることではなかろうか。

パラリンピックは先進国有利、
そんな気がした。


Tag:
| TrackBack:0
2016.09.15(Thu):ボランティア活動
私のように、ある年代以上の方にとっては、
敬老の日といえば、今日、
9月15日ではなかろうか。
今年で敬老の日制定五十年になるらしい。

各自治体では
高齢者増と財政難を理由に、
敬老祝い金を廃止し、
記念品の贈呈に切り替えるなどしているそうだ。

私の地元の自治会でも、この時期になると、
七十歳以上の方々に菓子折りを配っている。
そして、先日、
その配る役を、数十軒分ではあるが、
おおせつかった。

最初は、正直、
不在宅もあるし、面倒くさいと思ったが、
せっかく配るのなら、
お祝いの気持ちでやってみようと決めた。

そこで、実際訪問してみると、
ちょっと幸せな気分になれた。
というのも、訪れた先々で、
ねぎらいのことばをかけられたからである。

人に親切するとき、
そして、ちょっとずれるようだが、
仕事をするとき、
相手や上司に感謝されることを期待して
するものでなはいとされている。

しかし、そこは人間。
やはり、ねぎらいの一言があるだけでも
やってよかった、
今度も頑張ろう、
という気持ちになれる。

私は、今でこそ学生の身分だが、
それ以前は二十五年近く勤めてきた。
自分としては、そこで、
一生懸命やってきたつもりだったが、
ねぎらいの言葉をいただいた記憶が
あんまりない。

だからこそ、今回よけいに
しかも二回りも三回りも上の諸先輩から
ねぎらいの言葉をいただいたことが
単純にものすごくうれしかった。


Tag:
| TrackBack:0
2016.09.08(Thu):わたしの信条

築地市場の豊洲移転問題について、
昨日、東京魚市場卸協同組合が記者会見し、
正式な通知もなく、大変ショックである旨
述べていた。

ちなみに、豊洲を抱える江東区にも
移転延期の事前連絡はなかったらしい。

小池都知事は、移転延期の理由として、
都民ファーストの視点から、
安全性への懸念、巨額かつ不透明な費用、
そして情報公開の不足
三つの疑問があるこをこと挙げていた。

東京五輪・パラリンピック用の
環状2号線の建設問題や
移転延期に伴う巨額な損失問題
こうした問題があるにもかかわらず
11月7日に移転するという
既定の路線を覆す
その英断と勇気は尊敬に値する。

しかし、都知事は、普段から、
移転延期の理由にもあったように、
都民目線や情報公開の大切さを
訴えている。
が、だからといって、
利害関係者の目線や
利害関係者への情報公開・説明責任を
ないがしろにしていい
ということにはならない。

事前に説明すると決定しづらくなる
ということもあるのだろうが、
彼女の周囲を気にしなさすぎる態度は、
これが人気の理由であるにせよ、
行政や政治を担う者の姿勢としては、
疑問が残る。

都知事選に出馬した際も
自民党の方針を無視した。
かといって、
自民党を離党したわけではない。
組織人としては失格である。
(小池都知事や若狭議員を処分できない
 自民党も組織の体をなしていない?)

都知事もトップとはいえ、
都庁という組織の一員である。

英断をするにしても、
利害関係者や議会などに
おもねたりする必要はないが、
こうした者たちや組織の規律を
無視し続けていると、
人気は続いても、
都政が滞るときがいつかくる気がする。



Tag:
| TrackBack:0
2016.09.01(Thu):ボランティア活動
熊本の小学校での学習支援ボランティアから、
無事戻ってまいりました。

熊本小学校 3
熊本小学校


Tag:
| TrackBack:0