最近、大学の政治学の
ゼミで課題とされていたので、
明治・大正時代に活躍した政治家
『山県有朋』についての新書を
読んでみました。

これを読んで思ったことは、
今、麻生財務大臣、安倍総理の辞任が、
自民党にとっても必要だということです。

山県有朋は、衆愚政治を招くとして
普通選挙に強く反対していました。
政治が『エリート』によって行わなければ
国が滅ぶとまで考えいたようです。
また、参政権や表現の自由といった
人権意識にも欠いていました。

異常なまでの権力志向をいだきながらも
それに伴う責任は取ろうとしない
今の政治家や官僚にありがちな人物です。

このように人を見下しながら、
自らの言動には
責任を持とうとしなかったわけですから
国民から支持されることは
なかったようです。

そして、普通選挙ですが、
大正デモクラシーという大きな波の中で
とりあえず男性のみですが、
彼の死後間もなく実現します。

彼が長年、その卓越した政治力で
普通選挙阻止に務めたにもかかわらず
時代の流れに抗えなかった理由として
大きく二つあげられると思います。

一つめは、当時の
国民全体の大きな政治的熱量
そして、もう一つは、
山県有朋の世間受けしない人がら
だったと感じました。

逆にいうと、
国民全体が政治的に冷めているとき、
カリスマ的な政治家が現れたならば、
その政治家の想う政策が実行しやすい
ということです。

1970年代の田名角栄の列島改造や
2000年代の小泉純一郎の郵政民営化
などがその例ではないでしょうか。

今はどうでしょうか。
たしかに沖縄の米軍基地反対闘争など
目立った政治的な運動も見られますが
60-70年代の安保闘争のような
全国民的な大きな流れにまでは
なっていない気がします。

すなわち、今、国民は
昨今のスキャンダルと相まって
政治的に冷めているようです。

それにもかかわらず、
安倍政権が続投しても、
支持率を下げているわけですから、
憲法改正といった政策の実現は
難しいでしょう。

モンゴルのウランバートルで
拉致被害者を返してもらうという
まことしやかな噂もありますが、
拉致問題の解決といった
起死回生がない限りは無理でしょう。

現実的にはあり得えませんが、今、
小泉進次郎氏が総理大臣になれば、
自民党の政策、いや彼の想う政策は
実現するはずです。

さて、
冒頭に述べた政治学のゼミですが、
ネット上の履修登録もすませ、
課題の読書・資料作成もしたのですが
所定の申込用紙の提出が遅いという理由で
ゼミの参加を断られてしまいました。

数年間の国際公務員時代含め、
25年間の国家公務員としての経験や
自らの政治活動の実態など、
教授も知り得ないような実務面を
政治に興味をもつ若い学生に
伝えたかったのですが、
ちょっと残念です…

スポンサーサイト
Tag:
| TrackBack:0
2018.04.12(Thu):政治活動

先日の朝、東武亀戸線の
亀戸水神駅というところで、
通勤・通学される方々に
ご挨拶してきました。

ここは乗降客の少ない
マイナーな駅ですが、
気さくに声をかけて下さる方が多く、
通学する児童らも
挨拶がきちんとできつつ
愛嬌もあるので、
私のお気に入りの駅の一つです!

いや『挨拶がきちんとできる』
は撤回です(笑)

いつも私に声をかけてくれる女の子が、
今朝
『おっさん、おっさん、2年生になったよ!』
と言いつつ、
私の股間に頭突きをしてきたからです(^o^)

20180412162342d1b.jpg

Tag:
| TrackBack:0

予備校時代の同級生
(といっても私以外は二十代そこそこ)
と飲み会!!

みんな”大人“になりました!?

20180406224700401.jpg

Tag:
| TrackBack:0
2018.04.07(Sat):政治活動

最近、北朝鮮が
融和姿勢を示しておりますが、
この北朝鮮問題から、
日本は完全に取り残された
格好になっております。

しかも、拉致問題についても、
日本は15年間何もできないままで
米国に頼らざるを得ない状況です。

どうして、このように
なってしまったのでしょうか?

それは、今まで
日本が思考を停止した
米国ベッタリの外交、
米国の靴を舐めるような外交
ばかりしてきたからです。

それでは、日本は、
どのような外交を
展開すべきなのでしょうか?

それは、例えば、
今回の北朝鮮問題に
当てはめていうのであれば、
安倍総理がトランプ大統領に対し
北朝鮮が非核化を進めるのであれば、
米国を始めとする現核兵器保有国も
核兵器を“削減”するよう
求めるのです。

たしかに
日本は米国の核の傘で
守られている以上、
“全廃”とまではいいませんが、
方向としては
“削減”を提言していくべきなのです。

そして、北朝鮮に対しては、
日本が米国に核兵器削減を求めていく
と伝える、
このようなアプローチをとれば、
米国の力を借りずとも、
独力で北朝鮮との首脳会談に
もっていけるはずです。

そうすれば、
拉致問題についても、
米国ばかりに頼らずとも、
日本独自の力をもってして
解決にこぎつけるはずです。

そして、これこそが、
唯一の被爆国だからこそできる
日本本来の独自の外交なのです。

(写真は通りすがりのFbのお友だちに
 撮ってい ただいたものです。
 この場をお借りして、感謝申し上げます。
 ありがとうございました。)

20180405184143c2f.jpg


Tag:
| TrackBack:0
2018.04.04(Wed):政治活動
今朝は、都営新宿線の東大島駅で
通勤・通学されるみなさんにご挨拶と
演説をしてきました。

この駅は、東京都の
江東区と江戸川区の両区にまたがる
荒川・中川上の駅で、
駅に行政区分標がある
全国でも珍しい駅です。

地下鉄の駅でありながら、
ここが高架駅となっているのは、
Wikipediaによると
ゼロメートル地帯だからそうですが、
マツコ・デラックスによると
災害時の避難経路をできるだけ多く
確保するためだそうです。

たしかに、
JRや東西線のような鉄橋よりは
避難しやすそうですね。

20180404162327781.jpg
201804041625249a9.jpg


Tag:
| TrackBack:0

先日、
美顔仲間とお花見ランチしてきました。

みなさんお肌も美しいだけでなく、
お肌がきれいになったことで
内面も活き活きしているので、
とてもお若いです!

20180402190558684.jpg

Tag:
| TrackBack:0
2018.04.02(Mon):復興・原発問題
先日、ブラジルで、
サンパウロと国際空港とを結ぶ
電車が開通したらしい。

当初は、四年前のサッカー
ワールドカップに間に合わせる
予定だったらしいが、
談合の発覚などで完成が遅れたらしい。

さすがはラテンの国!!

いや、談合といえば、
どこかの国のリ〇ア新幹線でも!?

ふつう、先進国といえば、
経済や技術が進んでいる国をいうが、
同時に、信頼されることも多い。

実は、私は、最近、
世界に展開する企業のため、
日本にある取引先企業に対し、
労働環境といった点から、
そのグローバル企業が定める規則に
則っているかを監査するお仕事に
かかわるようになった。

先日、通訳のために
岡山に訪れたというのも
その一環である。

この監査の世界でも、
日本は先進国ということで、
監査対象として注視すべき
国ではなかったらしい。

ある出来事が起きるまでは…

それは3.11

それから日本は
隠蔽体質の国とみられ、
コンプライアンスという点では
途上国なみに扱われているようだ。

今、
森友学園の文書改ざん問題について、
国会では、
昭恵夫人の関わりの有無が
焦点となっている。

この問題が海外では
どのように、どの程度
報じられているのかは知らない。

ただ、この問題で、
日本はやはり
隠蔽体質の国であるとの印象が
さらに深まっているに違いない。

yjimage.jpg

Tag:
| TrackBack:0