FC2ブログ
2018.09.24(Mon):両親の思い出
私は今まで、
電車に乗っているとき
高齢の方に
席を譲ったことはあっても
子どもに譲ったことは
ありませんでした。

子どもは立って
足腰を鍛えたほうがいい
そんな自分なりの考えが
あったからです。

しかし、
自分が街中で演説をしていると
小さなお子さんが
愛嬌を振りまいてくれることが
たびたびあって、だんだんと
子どもが愛しくなってきました。

FBの投稿でも、
子どもの写真があったら
即行“超いいね!”を押します。

ですから、
電車に乗っているときも
子どもにも
目がいくようになりました。

ただ、席を譲るといった
他人に親切をするつもりの行動も
相手には迷惑なこともあります。

実際、迷惑だったのかはともかく
高齢の方に席を譲ろうとして
断われたこともあります。

子どもの場合は、
年齢にもよりますが、
親御さんが子どもは立つべきだ
とお考えの方も
いらっしゃるはずです。

先日のことですが、
電車に乗って席に座っていると、
とある駅で、
子どもとご両親の三人が
乗り込んできました。

お母さんは子どもの手ををひき、
お父さんは辺りを見回していましたが
すでに満席です。

そこで、私は、人生初、
子どもに席を譲りました。

子どもはうれしそうに、
私の温もりが残っている席に
ためらわず飛びこんできました。

お母さんが私に
お礼をいってくださった後
『ありがとうは?』
とお母さんが子どもにいうと、
その子どもも私に
「ありがとう」
といってくれました。

私がかつて祖母や祖父に
「ありがとう」
といったときに、
うれしそうな表情を
してくれたときの気持ちが
今ようやく分かりました。

小さなお子さんをもつご両親は
子どもが座れないことで
公衆で駄々をこねたり、
自分たちで
抱っこしなければならくなるのを
避けたくなることもあるでしょう。

子どもは、
筋肉や骨格が発達していないので、
電車内で立つつらさは、
もしかしたら
高齢の方と同じかもしれません。

とにかく、小さなことでも、
助けを必要としている人に
手をさしのべることができたのは
本当にうれしいものです。

20180921181030765.jpg


スポンサーサイト
Tag:
| TrackBack:0
2018.09.21(Fri):外交・安保問題

私は時おり監査通訳をしている旨
以前にも申し上げましたが、
今回は、
通訳ならでは(?)の悩みを
紹介したいと思います。

実際に私がしてきたのは、
外資系企業が日本企業を監査する際、
監査アシストと通訳をすることです。

日本企業側は、従来からの
外資系企業の無理難題な要求などに
ストレスをずっとためこんでいます。

言葉がなかなか通じないので、
ストレスを感じても、
そのときは黙ってためこむのです。

それでも外資側は、監査当日も、
様々な要求を日本側にしてきます。

日本側の担当者は
従来からためこんできたストレスを
監査当日になって爆発させます。

問題なのは、矛先が
私の隣にいる当の外資側にではなく
私に向いているということです。

言葉が通じる日本人だからです。
外国人にはよう言わないのです。

始めは、私もいつも通り
丁寧に質問を訳していたのですが、
徐々に相手の応答が、私に対する
悪意あるものに変わってきたので
たまりかねた私も、ついに
「当の外資側に向けて言わずに、
 言葉が通じて言いやすい
 日本人だからだと
 無関係な私に向け不満をぶつける
 そんな言い方は止めてほしい」
旨を言うと、
相手はさらに怒りをふくらませ、
そもそもの不満の原因とは関係なく
私との間での言い合いに
なってしまうのです。

本来外資側が受けるべきストレスを
自分が代わりに受けて、
自分がストレスを感じる
こんなばからしいことはありません。

これからは、相手側が
不満をぶちまけたい場合は
日本語でもいいから、
私の隣にいる外資側に顔を向けて
直接言ってもらい、
私は訳に徹するつもりです。

それにしてもこんな時はいつも、
領土問題や日米地位協定などで
諸外国には毅然とした態度で
臨まないのに、
自国民には毅然とした態度にでる
内弁慶的な政府が思い起こされます。

また、自分の経験の中では、
自身のポスター貼付を
いくつかのお宅にお願いした際
『誰にも貼らせません』
と毅然とした態度で断られた後日、
他の政党所属議員のポスターが
しれっと貼ってあるということも
思い出されます。

ま~ここまでの例えでは、
いいにくい相手に
いえないストレスを
いいやすい相手に
ぶつけるわけではありませんから、
(ただ、ポスター貼付依頼の際、
 政党職員に言えずにたまった怒りを
 なぜかぶつけられることはあります)
むしろ、会社でストレスをためて
帰宅した配偶者が家庭内で
不平不満をこぼすというほうが
例えとして適格かもしれません。

人間とは、私含め、弱いものです。
政府が弱くては困るのですが…



Tag:
| TrackBack:0

先日、地元の自治会で、
講師が区内中の公園などで
拾取してくださった
小枝や木の実などを
小さなキャンバスのような板に
ボンドで貼っていくという
アート(?)を作りました。

普段は
全く気にしていなかったのですが
街には実に様々な種類の木の実が
落ちているものです。

作品には、
各々の個性が発揮されたのですが
私の作品は、作成時間が
一時間半しかなかったこともあり
中途半端なものに…
私としては
線路のつもりだったのですが、
みなさんには、
白川郷の家にも見えたそうです。

いずれにしても、
おかげさまで数十年ぶりに
工作に熱中することができました。

201809161232194f5.jpg20180916123000333.jpg

201809161230174c5.jpg201809161230398a4.jpg


Tag:
| TrackBack:0
先日の出張の際、空いた時間を利用し
地元の映画館で、今(?)話題の
『カメラを止めるな!』
を観てきました。

たしかに、もう一度見たくなる
そんな映画には間違いはありません。

私が行った映画館は、
50席ほどしかないミニシアターで、
料金も学生料金で1,300円でした。
(私は学生でもあります(笑))
席はもちろん全て自由席です。

が、次の上映まで待つスペースは
中にはないので、外で待ちます。

娘さんがチケットを売って、
息子さんが案内をするといった感じの
家族で経営しているのではないかと
思われるようなアットホームな
昭和感あふれるミニシアターで、
チケットも写真のような手作りもの‼

映画だけでなく映画館でも
ほのぼのとした気持ちになれました。

20180914104521473.jpg


Tag:
| TrackBack:0
2018.09.10(Mon):外交・安保問題

最近、渡辺光一著の
『アフガニスタン‐戦乱の現代史』
という岩波新書の文庫本を読みました。

ご存知のとおり
17年前の9.11の同時多発テロで
3千人近くの方が亡くなりました。

そして、その報復措置として、
米英軍がタリバーン軍の集結地点に
空爆をしたのですが、
この本によると、
民間施設やアパートなどへの
誤爆による民間人の死者数が
3千人以上にのぼるとの
調査結果もあるそうです。

ただ、
その人数は定かでないのですが、
数百人規模の犠牲者が出たことは
間違いないそうです。

遡ること77年前は、日本海軍による
真珠湾の米海軍艦隊や基地への攻撃で
2千人以上の方が亡くなり、
それにより始まった太平洋戦争における
東京を始めとした各都市への本土空襲、
広島と長崎への原爆投下による
民間人の死者数は
数十万人にものぼります。

多くの尊い命が奪われたことに
変わりはないはずなのですが、
少なくとも欧米では、
同時多発テロや真珠湾攻撃だけが
非難され、
米英軍の空爆や原爆投下は
正当化される傾向にあるようです。

凶悪現行犯をその場で平気で射殺し、
逮捕して裁判にもかけずに
事実上の死刑を執行できる社会では、
人命に軽重をつける発想があるようです。

当然のことかもしれませんが、
多角的に物事を見る大切さを
この本を読んで改めて感じました。

20180903095146461.jpg

Tag:
| TrackBack:0

体操、アメフトも、
未成年もしくは20歳そこそこの
若者が記者会見を開いてまで
自らの選手生命をかけパワハラを訴え、
指摘されたいい大人が、
その後慌てて苦し紛れの反論をする。

レスリングもボクシングも、
選手自身がつらい立場に置かれている。

これらの問題で共通しているのは、
本来、
選手が伸び伸びと思いっきり
練習できる環境を
つくってあげるべき指導者が、
自分の思いを一方的に
選手に押しつけようとしたことから
生じたことではないか。

私の四半世紀に及ぶ
公務員としての経験から察するに、
部下が働きがいを感じられる
職場環境をつくることよりも、
部下を自分の思いを実現するための
道具として無意識にでも扱っている
上司も、世の中に
少なからずいるのではなかろうか。

このように他人の置かれた立場や
気持ちの分からない人たちは、
非認知能力に欠けているそうです。

Tag:
| TrackBack:0
2018.09.02(Sun):ボランティア活動

先日、地元の自治会において、
災害時用備蓄食品を
美味しく食べるための調理法を
保健所の方から教わりました。

備蓄食品は、
災害が起きて配給がなされるまでを
つなぐ食料品とされていますが、
最近は“自助”ということが
強調されているので、
3日分から一週間分を蓄えておくことが
推奨されているようです。

ただ、アルファ化米など
備蓄食品をそのまま食べても
美味しいとはいえないのですが、
災害後は体力や免役力が落ちがちなので
少しでも食が進むよう、
保健所が、美味しく調理する方法を
こうして広めているようです。

もちろん、災害後だけでなく
消費期限が切れそうな備蓄食品を
食べるときにも応用できるわけです。

ただ、こうした調理法だけでなく、
新聞紙でスリッパを作る方法なども
教わりましたが、
普段から繰り返しやっていないと
忘れてしまうんですよね…

20180902120814492.jpg
20180902120750dc8.jpg


Tag:
| TrackBack:0

先日、東京医大の入試得点調整問題で、
性差別問題に言及しましたが、一方、
スポーツや格闘技などの種目で
女性と男性とに分かれていることに
異を唱える人はほとんどいません。

それは、更衣室や化粧室と同様、
合理的区別として、
社会的に許容というか、
必要とされているからでしょう。

しかし、最近、水泳や陸上で
男女混合リレーなる新種目が
見られるようになりました。
別に、女性と男性とが
競うわけではありませんが…

アジア大会の陸上競技でも
4×400m混合リレーが行われましたが、
女子選手と男子選手とが同時に
流しながらスタジアムに
登場してくるシーンには、
一種の感動すらおぼえました。

この混合リレーは、東京五輪でも
新種目として行われます。

各国、女性と男性の走順は自由です。
ですから、まさに
女子選手と男子選手とが同じ土俵で
ガチで競う場面もあるのです。

また、二走から三走、そして
三走からアンカーにバトンを渡す際、
男女が入り乱れることがあります。
一走から二走はセパレートなので、
こうしたことはありません。

アジア大会でも
このバトン渡しの際、
小柄な女性が大柄の男性にはさまれ
押しつぶされそうな、
そんなひやひやさせられる
場面もありました。
(なお、日本は五位でした。)

水泳の場合は、
コースが分かれているので
こうしたことはありませんが、特に
身体的コンタクトのある競技では、
やはり、
女子と男子とは分けたほうがいいと
改めて感じさせられました。

柔道でも、今晩のアジア大会で
男女混合団体戦なるものがあります。

それにしても、
女子〇㎏級といった呼称は、
セクハラにならないのでしょうか?

ま~、ボクシングなどのように
“ヘビー級”といった呼称にしても
よりセクハラ的な
ひびきになるかましれませんが…


Tag:
| TrackBack:0