FC2ブログ
2019.04.30(Tue):介護・福祉問題

先の江東区区議会選挙では、
こうした悲劇が起こらないよう
介護の充実を訴えかけていた
候補者は軒並み落選しました。

一方、子育て支援を訴えていた
三十代の女性候補者たちは
全員当選しました。

後者の子育ては経験者が多いので
イメージと相まって
共感をよびやすいのでしょう。

他方、介護の問題は、
親御さんがご高齢に達した
長子でない限り、
経験者も少ないので
共感されにくいのだと、
選挙結果をみて感じました。

こうしたことも、
悲劇が繰り返される原因の
一端なのかもしれません。

ちなみに、私も
要介護5だった亡父の
介護をしてきましたが、
ヘルパーさんやケアマネさんらの
多大なる協力のおかげで
何とかしのぐことができました。

ただ、私がいた職場では、
子育ての大変さは理解されても、
介護経験者は皆無に等しかったので
介護の苦労は
分かってもらえませんでした。
http://yuru2club.com/wp/?p=376


スポンサーサイト
Tag:
| TrackBack:0

先般、ある家庭教師センターに
登録したところ、
とある不備があったので、
私が苦情申し上げたのですが、
対応した職員の態度が不誠実でした。

その対応が許せなかったので、
今度は、苦情対応窓口の担当者に
その旨を伝えると、
その担当者は
『“許せない”というのは、
 あなた個人の感じ方にすぎない』
という旨を言われ、その方からは
結局、謝罪の一言もありませんでした。

なるほど、
“許せる”か“許せない”かは、
個人の感じ方によるのでしょう。

しかし、こうした正論を
企業の苦情対応窓口の担当者が
言ってはならないと思います。

例えば、ある食品が苦くて、
そのことを食品会社の
お客さま相談窓口に
伝えたとしましょう。

そのとき
『それは、お客さまの主観です』
と言われたら、どうでしょうか?

たしかに、
味覚は個人によって区々です。

しかし、食品会社なら、
“苦い”と感じた消費者がいた事実を
とりあえずは
受け止めるのではないでしょうか。

それから、社内で検討し、
本当に、多くの消費者が苦いと
感じるような食品だったら、
改良もしくは販売中止にする、
あるいは、
“苦い”というのが
稀有な意見、もしくは
言いがかりだと判断すれば、
そのまま食品の販売を続ける、
といった決定をすればいいのです。

せっかく、
消費者から意見がだされたのに
それを個人の主観だからといって、
シャットアウトするのでは、
その食品会社の成長は
見込めないと思います。

だから、
この家庭教師センターの成長も
見込めないのではないでしょうか。
私の主観によると。

20190302131425fa4.jpg


Tag:
| TrackBack:0
2019.04.24(Wed):政治活動

先日の江東区議会選挙の結果、
私が応援していた
中村まさ子さんは当選しましたが
前田かおるさんと
まにわ尚之さんは惜敗でした。

このお二人は
普段から地道に活動を続け、
政策もしっかり掲げていたのですが
残念な結果になってしまいました。

ひるがえって候補者の中には
選挙公報で全く政策を
掲げていなかったにもかかわらず
ぶっちぎりでトップ当選した者、
公示日の2~3週間前になって
初めて活動したにもかかわらず
比較的上位で当選した者、
普段から地道に活動を続けて
当選した者と様々です。

私は、今、自身のポスターを
最新のものに貼り替えるべく
いろいろなお宅を訪問してますが
その際
「投票先に迷ったおっちゃんが
 『きれいな姉ちゃんに入れた』
 と話してたわよ。」
ということも聞きました。

常日頃から地道に活動を続け
しっかり政策を訴えても
当選できるとは限らないようです。

しかし、だからといって、
信念をないがしろにして
人気のよさげな政策におもねいたり
イメージを良くすることや
組織の力に依存することだけに
注力したりして当選したとしても
政治屋に終わってしまう…

今回、改めて選挙の難しさを
実感させれらました。

20190424174515f49.jpg


Tag:
| TrackBack:0

亀戸天神近くにある
“EAT CAFE ANZU”さん。

基本、喫茶なのですが、
食事や飲み物、そして、
スイーツなどのメニューが豊富、
カスタマイズも可能で、
常連さんの希望でできた
メニューもあるくらいです。

アルコールもカクテルから
ビール、日本酒まであり、
酒の肴となるメニューも
数多くありますが、
決して居酒屋ではありません。

私も昨晩、
ゴロゴロ具だくさんの
カレーライス(大盛無料)を
いただきました。

じゃがいも丸ごと入ってます!

そして、5月6日、錦糸公園で
“パンフェスタ”が開催されます。

“EAT CAFE ANZU”さんも、
飲み物やスイーツなどを
提供するそうですので、
お時間のある方は
是非、寄ってみて下さいね!

20190420072112f9d.jpg
20190420072127fe4.jpg


Tag:
| TrackBack:0
2019.04.17(Wed):政治活動

統一地方選の後半戦まっただ中、
選挙カーの“騒音”に
悩まされている方も
多いのではないでしょうか。

私も、今回選挙に出てないためか
街中を歩いていると、
一人の有権者として、改めて
気付かされたことがあります。

それは、
名前や抽象的なことばかり
言われても投票する気になれない
ということです。

『福祉の○○』とか
『よりよい暮らしのために
 働かせてください』
とか言われても全く響きません。

名前も聞いたことがない候補者も
たくさんいます。
普段から、辻立ちなど
政治活動をしていないのでしょう。

そんな中、遠くからでも自然と
耳に入ってくる訴えがありました。

それは
『身寄りのない人でも
 老人ホームに入れるようにします』
というものです。

自分が十年間、要介護3~5の
亡父を介護してきたから
かもしれませんが、
短いながらも具体的であり、
かつ、専門的知識も備えた
候補者である印象を与える
フレーズだと感じました。

私は地元母校の城東高校の
後輩の“まにわ尚之”候補を
応援しているのですが、
この別の人に投票しちゃおうかな、
と思ったくらいです。

ただ、近づいて来るそれは、
なんと“まにわ尚之”候補
の選挙カーではないですか!

私がその選挙カーに手をふると
ウグイスさんもマイクを通して
私の名前をいってくれました。
ちょっと恥ずかしかったですが…

それにしても、こうした
短くも具体的なフレーズなら、
どれも同じような他候補の
訴えと差をつけることが
できるのではないでしょうか。

自分も勉強になりました。

2019041707563320e.jpg

Tag:
| TrackBack:0
2019.04.16(Tue):政治活動

今、統一地方選挙の後半戦
まっただ中ですが、
この期間、公設の掲示場以外に
候補者のポスターを貼ることは
禁じらています。
候補者間の公平を図るためです。

したがいまして、私も、
先日14日の公示日まで、
江東区議会選挙に立候補している
“中村まさ子”さん、“前田かおる”さん
そして“まにわ尚之”と私とがともに
写っている街中のポスターをはがし
自分の新しい個人ポスターに
貼り替える作業をしていました。

中には、脚立を使わないと
ポスターに届かない場所も
いくつかあるのですが、
先日、そんな場所で作業をしようと
行ってみたら、
先に、他の政党のスタッフが
ポスターを貼り替えようと
していました。

ご高齢のご夫婦のようです。
私たちのポスターより
更に上にあるポスターを
貼り替えようと脚立に昇るのですが
それでも届きません。

そこで見かねた私は、
他党のものではあったのですが、
自分が代わりに
貼り替えてあげることにしました。

このご夫婦は
『あら、ご本人なんですね‼』
とおっしゃりながら、
えらく恐縮されていましたが、
このまま見過ごすのも
気持ちいいものではないですし…

ただ、自分のポスターと
その他政党のポスターとの位置を
変えてあげるほど
私も善人ではありませんでした。

“中村まさ子”さん、“前田かおる”さん
そして “まにわ尚之”さん、
すみません‼
敵に塩を送っちゃいました。

20190415094038381.jpg20190416081154415.jpg


Tag:
| TrackBack:0

「あなたたちはがんばれば報われる、
 と思ってここまで来たはずです。
 ですが…がんばったら報われると
 あなたがたが思えることそのものが、
 あなたがたの努力の成果ではなく、
 環境のおかげだったこと
 忘れないようにしてください。」

今、話題になっている
先日の東大の入学式での
上野千鶴子氏による祝辞の抜粋です。

このように抜粋したものは、
発信者の意図からはずれたものに
なりがちですが、
聞いたり読んだ者が自分なりに
解してみてもいいとは思います。

そして、私の場合は、
このように解してみました。

実際、若い学生と接していると
ほとんどが小学生のころから
塾や予備校に通い、かつ、
通信添削など中学や高校以外に
受験勉強用の手段を
複数利用してきたことが
改めて分かります。
その中学や高校もほぼ私立です。

また、ご両親も
高収入の職業につかれている
場合が多いようです。

もちろん、こうしたことが
悪いということではないですし、
東大に入学できたのも
本人が努力してきたからでしょう。

しかし、世の中には
本人にやる気があって努力をしても
勉強方法を教え又は修正してくれる
教育機会・環境に恵まれず
成績に伸び悩んでいる子もいます。

そんな環境下でも学力を伸ばし、
東大に入学した子もいるでしょうが
塾や予備校に一切通わず、
近所の公立校で勉強しただけで
合格するのは至難の技だと思います。

今、多くの学生が
海外に飛び出しています。
これは、とてもいいことなのですが、
世の中には、外国に行く余裕など
ない人たちもいるということは
忘れないでほしいと思います。


Tag:
| TrackBack:0
2019.04.08(Mon):経済・税金問題

東京大学の講義では、
教授らはなるべく政治的発言を
控えているように見受けられます。

もちろん、ご自身のお考えが端々に
もれてしまうことはありますが…

さて、先日
“租税法”以外のとある講義で
消費税、特に10月から導入される
軽減税率についての説明がありました。

大学や教授、
あるいは民間企業といえども、
全国規模のデータを集めたり、
諸外国の制度などを独自に
網羅的かつ詳細に調べることは
なかなかできません。

そこで、官公庁のデータが
活用されることもあります。

だからこそ、
昨今の厚労省の勤労統計不正問題も
その規模故に起きてしまったのであり
この問題が
社会に与えた影響も大きいのでしょう。

さて、この日の講義でも、
財務省主税局がネットで公表している
資料・データが使われていました。

が、全て見覚えあるものばかりです。
というのも、
二十年以上前、私が当時の
大蔵省主税局に在籍していた際、
自身が作成・更新した資料の
最新版が使われていたからです。

私は、嫌な(?)予感がしました。
なぜなら、官公庁の資料は、
内容が正確であったとしても、
恣意的に編纂・作成されており、
例えば、今回の消費税の資料だと
税率引上げの必要性や
軽減税率の不要性を訴えるように
作られているからです。

案の定、教授は、
こうした資料を示しながら
軽減税率のデメリットや
標準税率を抑える効果を強調しつつ
軽減税率導入には消極的である旨
おっしゃっていました。

他方、消費税のもつ逆進性を
緩和させるといったような
軽減税率の長所については、
ほぼ言及がありませんでした。

別に悪いことではないのですが、
他の講義やこの講義でも別の回では
政治的中立性を保とうとする
教授らの姿勢がうかがえていただけに
少し違和感を覚えました。

たしかに、
軽減税率の対象選定は厄介であり、
事業者にはコストがかかり、
そもそも消費税が導入されたのも、
比較的安定的な税収が見込まれ、
(直間比率の見直しというやつ)
かつ中立・簡素な税金だからです。

また、昔の物品税では
“贅沢品”の認識が時代により
変わってしまい、
その見直しが大変だからです。

しかし
“贅沢品”を見直し続けるよりは、
軽減税率の対象となる
生活費需品を決めるほうが容易で
見直す必要も少ないでしょうから
コストはかかるのでしょうが、
消費税のもつ逆進性を緩和するため
やはり軽減税率は必要なのでしょう。

そして、
その軽減税率導入を十月に控え、
ファストフード店や
お寿司などのチェーン店でも
軽減税率が適用される
テイクアウト用商品の開発に
余念がないようです。
(なお、店内の食事は10%)

それにしても、包装などの点で
環境に優しくないテイクアウトの方に
軽減税率が適用されるというのも
おかしな話です。

なお、余談ですが、
世界で消費税(付加価値税)を
最初に導入したのはフランスなど
欧州諸国だとの説明がありましたが、
それより先に、
フランスの旧植民地のアフリカ諸国で
試験的に導入されていました。


Tag:
| TrackBack:0

今月から、ここで勉学に勤しみます‼

ただ、ここまで来るのに、
周りの学生の3倍弱の年月を要しました…

20190404122909e6f.jpg


Tag:
| TrackBack:0
2019.04.03(Wed):政治活動

みなさま、おはようございます。
毎朝の通勤・通学お疲れ様です。
私は、いのたかし、いのたかし、
と申します。

さて、来月からいよいよ
“令和”が始まります。
そして、新年度も始まりました。

みなさま方の中には
新しい部署で、
新しい仕事を始めたという方も
いらっしゃるかと存じます。

あるいは、
ご子息が入学や進学という方も
いらっしゃるかもしれません。
誠におめでとうございます。

また、中には、
これまでと何ら変わりない
という方もいらっしゃるかとは存じます。

しかし、
来月から“令和”が始まり、
新年度も始まったのを機に、
心機一転、新たな気持ちで
進んでまいりましょう。

そして今、
ソメイヨシノが見ごろです。
今晩もお花見だという方も
いらっしゃるかとは存じますが、
くれぐれも飲み過ぎには
ご注意下さいませ。

そして、風邪など召されぬよう
お気を付けてつけ下さいませ。

いのたかし、いのたかし、
でございます。


Tag:
| TrackBack:0