実録!衆院選挙に立候補したときのお話 | 日記
供託金とは、選挙に立候補しようとする者が
国に預けるお金のことをいう。

これが、えらく高く、300万円。
ただ、これは、みなさんが投票所で個人名を書く分。
いわゆる小選挙区分のみ。

さらに、みなさんが政党名を書く分に
300万円が必要になる。

この政党名を書くことによって
どうやって当選者が決められるかというと、
まず、各政党の得票数に比例して、各政党の当選人数が決められる。

次に、その各党に割りふられた人数分、
具体的に誰が選ばれていくかというと、
各政党が提出した名簿に掲載された者から選ばれるのだが、
各々の政党がつけた順位にしたがって選ばれる。

学校の出席簿とかだと、五十音順ということになるが、
各党がどうやって順番を決めているのかというと、
そこは各党のまったくの自由であって、
不透明なところもある。

そして、この名簿に掲載してもらおうという者も、
300万円を国に預ける必要があるということである。

したがって、小選挙区から立候補する者が、
いっしょに、各政党の名簿にも掲載してもらおうとすれば、
合計600万円の供託金が必要となる。

選挙区で落ちたはずの候補者が
ゾンビのようによみがえってくるのは、
600万円を払っているからである。

だからこそ、議員定数削減の話になると、
この政党から当選するという部分、いらねんじゃねー
という意見がでてくる。

が、小選挙区ではなかなか当選できそうもない
中小の政党がこうした意見に反対するのである。

一昔前のような、選挙区が若干広めの中選挙区制だったら、
複数の者が当選するので、中小の政党にも当選のチャンスはあった。

しかし、現在のように、
小さな選挙区からは一人しか当選しないという仕組みだと、
最も得票数の多かった政党からしか当選者が出なくなってしまう。
これが、小選挙区制の短所である。

今回の場合は、近畿は格別、
自民党が一人勝ちしたような結果になった。

その前の選挙では民主党、
そのまた前の選挙では、小泉旋風にのった自民党と、
議席数が大きくぶれるのも、この小選挙区制の特徴である。


さて、私も、ゾンビによる復活も狙っていたのだが、
他の小選挙区からの候補者と同列の4位だったので、
ゾンビになれなかった。

東京ブロックでは、維新の会は今一つ票を伸ばすことができず、
3位までの者しか当選できなかったからである。
このうち上位2位の者は名簿に掲載されていただけで、
そのうち1位が石原代表だった。

そして、近畿ブロックでの1位は、
あの東国原前宮崎県知事だった。

ちなみに、同順位の候補者どうしの場合は、
どれだけ惜しく敗けたかによって決まる。


と、偉そうに縷々ご説明申し上げたが、
まことに恥ずかしながら、
私は300万円だけ供託すればいいと勘違いしていた。
そこで慌ててしまったというお話しは、
昨年11月30日付のブログをご参照いただきたい。


ところで、
なぜ、これだけ莫大な供託金が必要になるかというと、
供託金制度がないと、立候補する者があまりにも多くでてきてしまい、
収拾がつかなくなるからである。

つまり、
有効投票数の10%未満しか得票できなかった者は、
供託金を国に没収されてしまうので、
ある程度の得票を見込める者だけしか
立候補できないようになっているのである。

ただ、立候補する自由は、
憲法でも保障されているといわれているので、
300万円なんか没収されても構わない、
と思えば、誰でも立候補はできる。


そして、昨日13日、
小選挙区分の300万円分だけ、
預けてから100日以上経って、ようやく返してもらえることになった。

私の得票率は約20%だったので、没収は免れたのである。

これも、選挙スタッフの努力の賜物。
そして、”維新の会”というネームバリューのおかげ。
どちらかが欠けても、供託金は没収されていたと思う。


どうやって供託金を返してもらうかの具体的なお話しは、
また後日に。


スポンサーサイト

Tag:
| TrackBack:0
TrackBackURL
→http://inoino700.blog.fc2.com/tb.php/103-7d7d39c2