新聞の読み方 | 日記
2013.04.01(Mon):介護・福祉問題
兵庫県の小野市で、生活保護費などについて、
パチンコ、ギャンブルなどの遊興費への浪費や不正受給を見つけた場合、
市民に通報を求める条例が可決され、
本日4月1日から施行される。

この条例については、
生活保護受給者などへの差別や偏見を助長する、
プライバシーの侵害だ、
といった反対意見がある。

しかし、生活保護費の出所は、われわれの税金であり、
そして、何よりも、”生活”を保護するためのお金である。

ギャンブルも、”生活”の一部と考える受給者もいるのかもしれないが、
税金を支払っているわれわれの大多数は、
”生活”といえば、やはり、衣食住のことをいうんだと思う。


それに、そもそも、普通の人は、誰が受給者だか知らない。

また、小野市には受給者が少ないらしく、
この条例には罰則もない。
だから、けん制の意味が強いと思う。


それなら、一層のこと、現物支給やチケット制にしてまえ、
という考え方もある。

しかし、現物支給については、
受給者が欲しいものとマッチするとは限らない。

チケット制にしても、アメリカとかでは、
結局、不正に売買されてしまうケースもあるらしい。

そうすると、
本人にしか使用できないようなチケット制というのが一番か。

そうすれば、受給者も、大手をふってギャンブルができる。
チケットでギャンブルができないということで、
ギャンブルの資金の出所は、
少なくとも税金でないことが明白になるからだ。

市民の ”監視”の必要もなくなる。


と、机上で思う。



スポンサーサイト

Tag:
| TrackBack:0
TrackBackURL
→http://inoino700.blog.fc2.com/tb.php/123-9fc312d1