2013.05.15(Wed):わたしの信条
橋下代表の発言について、触れないわけにはいきませんね。

性欲は、食欲、睡眠欲に並ぶ三大欲求といわれてます。
ただ、もちろん相手の合意がない場合、犯罪になります。

そして、戦時中に行われたであろう軍人による
自分らの性欲を満たすためにした行為については、
もし、あったとすれば、ほとんどすべての場合、
女性側に心底合意があったとは思えません。
つまり、犯罪といえます。

だから、戦時中という特殊な事情があったにせよ、
容認されるべきものではありません。

それは、沖縄上陸、東京や大阪などへの大空襲、
そして、原爆投下等々に共通するところがあると思います。

民間人に対する無差別の大殺りく。
これ以上の人権侵害、犯罪はないはずなのに、
敗戦したという理由だけで、何も言えない。


だから、橋下代表の気持ちも分からないわけではありません。
旧日本軍だけではなく、米軍をはじめとする他国の軍人も
同じような行為をしたはずなのに、
旧日本軍だけが世界中から批判されなければいけないのか、
多分、そんな思いがあったんだと思います。

だからといって、繰り返しになりますが、
容認されるものではありません。
たとえ、戦時中だったとしても。

しかも、被害にあったと強く訴えかける女性の方々がいらっしゃり、
そうした女性の方々と同じように気持ちを共有されている方々が
大勢いらっしゃるのだから、
そうした方々の気持ちを考えたとき、
ああいう誤解を招くような発言の仕方はできないはずです。
(ご本人は、聞く側の国語力に問題があるといっています。)

本音を言うにしても、それを聞かされる側の気持ちも考える。
普段の橋下代表のツイートを見ていても、
あの方の発言は、計算されているとしても、
そこが欠けているような気がします。

橋下代表自身は、
いつもギリギリのところで発言しているといっていますが、
今回はさすがに、アウトでしょう。


話は完全にそれますが、
私の出版予定の書籍の原稿も、
事前に、維新の会にみてもらいました。

その結果、維新の会にとって都合の悪いところは、
全てではないにしても、
削除したり、オブラートに包んだ表現にしました。
お世話になったわけですから。

ただ、橋下代表の発言に比べれば、
私の当初原稿なんか、かわいいものです。

そのまま載せておけばよかった…


スポンサーサイト

Tag:
| TrackBack:0
TrackBackURL
→http://inoino700.blog.fc2.com/tb.php/158-ad7b1f19