私は、選挙を戦った経験はあっても、
その前までに、
知名度を上げておくとか、
支持基盤をつくっておくとか、
そういうことをしたことがない。

そこで、いくつかの組織に接触を試みるも、
なかなか責任者みたいな方とは
お会いすることさえできない。
私が無所属ということもあって、
私と会っても何の得にもならいないと
判断されているのだろう。

それに、お手伝いも含め、
これまでの選挙活動で痛感したのは、
既存の大部分の組織は、
自民党・公明党に、
それこそ何十年も前から、しっかり抑えられており、
他の人が応援してもらう余地は
ほとんどないということ。

また、選挙に勝つための常識というものを
長い年月をかけて忠実にこなしてきても、
落選している方々は
当選してきた方々よりも大勢いる。

多分、他の人と同じことや
常套手段といわれていることを
形だけこなしてもダメで、
人間性や主張内容といったものを
いかに多くの方に知っていただき、
信頼を得ていくのか、
こうしたことが最も大切なことなのではあろう。

ただ、今一つ具体策が思い浮かばない。

そこで、実際に代議士を経験された方や、
かなり大物の代議士にお仕えをしたことがある方など、
私の1.5倍ほどの人生経験をされてきた
諸先輩方とお会いして
お話しをうかがうようなこともしている。

そうした方々とお会いした後は、
もちろん礼状を出すようにしているが、
その関係で、最近、郵便局に行くことが多い。

その度に、私が出版した本の宣伝ポスターに
見入ってくださっている方をお見かけする。

そのポスターには、
私の写真も控えめに載っているのだが、
本人である私が眼の前を通っても、
気がつかれたことはない。


くどいようだが、
私が7月に本を出版したのも、
なるべく多くの方々に
私という人間を知っていただくためである。

7月は、私が、友人・知人に直接お会いしたり、
あるいはハガキやメールで、
FBの友達申請拒否の数が多すぎて、
しばらく友達申請ができなくなるくらい、
(6/29付のブログご参照。)
本を購入していただこうと攻勢をかけた甲斐あって、
365冊も売れた。
(8/20付のブログで635冊と報告したのは
私の勘違いでした。すみません。)

そして、8月は、100冊も売れた。
これは、非常に意義深いことである。

7月に購入してくださったのは、
おそらく私の友人や知人なのであろうが、
本が売れないといわれている8月に
一日3冊以上も売れたのは、
友人・知人の友人・知人も含まれているとはいえ、
私のことを直接知らない方々にも
購入していただき始めたということであろう。

これも、みなさんが
私の本を宣伝してくださったおかげです。

本当にありがとうございました。

以下のアドレスは、
私の本の宣伝用のHPです。
引き続き、広めていただけると助かります。
http://www.begrant.com/inotakashi.html


スポンサーサイト

Tag:
| TrackBack:0
TrackBackURL
→http://inoino700.blog.fc2.com/tb.php/246-c68f184d