2013.10.31(Thu):わたしの信条
まずは、暴力団関係者に融資をしながら
二年間放置していた“みずほ銀行”。

二年間も放置しながら
“隠ぺい”と認めない問題、そして、
『担当役員までしか把握していなかった』
との当初の説明を
『当時の頭取まで把握していた』
と一転させるという問題
こうした問題はあるが、
当初開かないといっていた記者会見を開き、
一応、謝罪もしている。


次は、メニューを“偽造”した阪急阪神ホテル。

開き直りの当初の記者会見はバッシングの嵐。
それを受けての次の記者会見でも、
“偽造”という言葉を都合よく定義したり、
仕入れ先の責任にしたり、
へ理屈をこねたり、
結局、謝罪していない。

そこには、相手、
つまり、お客への思いやりというものがなく、
“正しいことを言って何が悪い”
といった意識さえ、表情からも垣間見える。

こうした意識の持ち主は、
霞が関の役人などエリート意識の強い者に多い。

訴訟対策というのもあるのだろうが、
誠実さとか、道徳心といったものが
まるで感じられない。


みずほ銀行も、阪急阪神ホテルも、
どちらも数社が合併した企業。
冷遇されているサイドが
情報を漏らしたとも言われている。


“ほこ×たて”のやらせ問題でも、
フジテレビは制作会社の責任を強調し、
阪急阪神ホテルの問題が発覚してから、
ようやく、メニューの“誤表示”を
次々に明らかにした複数のホテルは、
“悪意”がなかったことを強調。


どうやら、役職ある人たちは、
“ばれなければいい”
“自分が荷担していなければ許される”
と思っているようだ。

何のための役職なのか。
相応の注意義務をきちんと果たしつつも、
部下や関係者などが不祥事を起こしたら、
説明責任や結果責任を果たす。
それが役職をもった者たちの役割ではなかろうか。

ふんぞり返っているだけで莫大な収入が転がりこんでくる、
そんなポストと勘違いしているのではないのだろうか。


スポンサーサイト

Tag:
| TrackBack:0
TrackBackURL
→http://inoino700.blog.fc2.com/tb.php/284-04094d7c