FC2ブログ
2013.11.07(Thu):防災復興・原発問題
山本太郎参議院議員、
彼の行動はすべて、
売名行為の一言で説明できそうである。

園遊会で天皇に手紙を手渡した件についても、
彼は、マスコミが騒いだから
“天皇の政治利用”ということになった
と言っていた。

が、彼は当初、少しでも目立とうと、
長嶋茂雄氏の近くに
割り込んで立とうとしていたのを、
手紙を渡した位置に移されたらしい。

また、福島原発事故は、
政治も取り組むべき問題なのだから、
原発事故に関する現状を
国会議員が天皇に知っていただこうとした
そのこと自体が“天皇の政治利用”といえる。

しかし、彼は、どうやら、
天皇を利用して注目を浴びようとすることが
“政治利用”と誤解しているようだ。

本当に、原発問題に取り組みたいのであれば、
国会議員として他にやりようがあるはずである
とは、マスコミからも指摘されている。
それなのに、事故の現状をよくご存知のはずの天皇に
わざわざ手紙を渡したのだから、
売名行為と思われても仕方がない。


そもそも、彼は、
政治家になる必要があったのであろうか。

台風で被災した伊豆大島に訪れ、
その様子をネットにも流したらしいが、
現場に行って何かしたというわけでもなく、
本当に現状を見たにすぎなかったらしい。

たしかに、現状を知ることは大切だが、
彼が、それを政治家としてどう活かし、
どう活かそうとするのかが、
まるで見えてこない。

もし、仮に公費で訪れたのであれば、
大島を視察した結果をどう活かし、
どう活かそうとするののかを
国民に対して、何らかの形で説明すべきである。
自己満足で終われば、
それこそ税金の無駄遣いである。
(ただ、この問題は、
 他の多くの国会・地方議員にもいえる。)


こうした議員になってからの彼の一連の行動を
マスメディアを介した範囲で、見ていると、
政治家にならなければならなかった理由が
まったく分からない。

彼が本当に被災者・被災地のことを思うのであれば、
選挙なんかに出ずに、
そのまま現場で支援活動を続けていたほうが、
よっぽど被災者らのためになったはずである。

実際、彼が天皇に手紙を渡した行為について、
被災者の方々はどうでもいいことと
インタビューでも答えている。

こうなると、
そもそも原発廃止を主張したこと自体も、
一部マスコミからも指摘されていたように、
売名行為と思われても仕方がない。


猪木議員の場合は、
長年の努力を積み重ねた結果を活かした
誰かのためになる
熟慮の末の行動をしているように思われる。

他方、山本議員の場合は、
ただ目立つことを目的にした
衝動的な行動に見える。

ここに両議員の行動の間に大きな違いがある。


それなのに、猪木議員の渡航のほうが、
明白に参議院の規則に反しているとして、
山本議員より重い処分がくだされそうだと
いわれている。

個人的には、逆だと思う。


スポンサーサイト

Tag:
| TrackBack:0
TrackBackURL
→http://inoino700.blog.fc2.com/tb.php/289-88ff5a5b