ある日、あるお店で
ポイントカードを出したつもりで、
電子マネーのカードを出したら、
『それは、当店では扱っておりません。』
と言われ、あわてて
カードを出し直した。

ゆうちょ銀行をはじめ各銀行のカード、
各店のポイントカード、
クレジットカード、電子マネー等々、
財布の中はカードでいっぱいである。

また、また、
フランスで暮らしていたときの話で恐縮だが、
当時持っていたカードは、
“カルト・ブルー”というもの一枚だけだった。

これは、各店で、
このカードを小型端末機に差し込んでもらい、
暗証番号を押すだけで、
数日後、代金が、
自分の銀行口座から自動的に引き落とされる
というものであった。

もちろん、このカードで
ATMから現金もおろせた。

また、このカードは、
前もって現金でチャージする必要がない点、
電子マネー(WAON、イコカ、パスモ等々)
とも異なる。

もちろん、日本にも、
デビットカードという
“カルト・ブルー”と同じようなものがある。
ただ、私の感覚からすると、
使えるお店の数が違いすぎるように思える。

フランスでは、
私が暮らしていた90年代さえ、
ほとんどのお店で使えたため、
現金をATMからおろしたことが、
今より断然少なく、
財布にあった現金も少なかった。

方や、日本では、
デビットカードが使えるお店がよく分からない。

ネットで調べれば、
使えるお店の一覧表が出てくるが、
見方を変えると、
一覧表にできるくらい、
デビットカードを使えるお店が
まだ、限られているともいえる。

結局、日本では、
どのお店でも使える現金が一番、
ということになるのだろうか。


それでも、
いろいろなカードを持っているのは、
やはり、ポイントがつくからである。

各店のいろいろなポイントがあるから、
どうしてもカードを減らすことができない。


スポンサーサイト

Tag:
| TrackBack:0
TrackBackURL
→http://inoino700.blog.fc2.com/tb.php/301-19c33a7d