2013.12.10(Tue):わたしの信条
江田憲司氏ら14人の国会議員が
“みんなの党”を離党し、
政党交付金がもらえるように、
年内にも新党を立ち上げるらしい。

江田氏は、渡辺代表が、
自民党寄りの姿勢を見せたことに反発、
自民党に対抗できる野党勢力を結集するため、
新党を立ち上げるといわれている。

また、渡辺代表の強権的な党運営も
離党者が相次いだ理由ともいわれている。

私も、渡辺喜美氏には、
衆議院調査局に出向していたとき、
何度か、“ご説明にうかがった”こともあるが、
かなり特異な人だったのは確かである。

だから、自分も、一年前の衆院選時に
“みんなの党”から推薦をいただいたものの、
渡辺氏が代表を務める政党だけは、
目指す政策内容が何であれ、
所属はしたくないと思っていた。


さて、この離党騒ぎからは、
組織というのはいかに人間関係が大切か
ということがうかがえる。

私は、今月4日付のブログで、
経験者が指導者になるべきである旨述べた。

ただ、これは、スポーツ界や職人界のように
技が求められる世界にいえることであって、
事務中心のサラリーマンの世界や
政治の世界でも、
やはり、人間関係のほうが大切なんだと思う。

上司も部下もみんな、
お互いがお互いを尊敬しながら、
目標に向かって一致団結し、
支えあいながら進めることができるか、
そこに尽きるのだと思う。

ただ、現実はなかなか難しい。

渡辺代表のように強権的は人もいれば、
最初から上から目線でものをいってくる人、
最初から反抗心むき出しの人、
自分の思いどおりにならないとふてくされる人、
自分のことしか見えていない人など、
組織としていかに仕事をうまく進めることができるか、
そんなことも考えられない人は多い。

学生時代と違って、
波長の合わない人と
仕事をせざるを得ないことも多い。

しかし、政治家の場合、
自分こそが大将になりたいと思っている人が多いので、
組織の中でうまくやっていくことが苦手で、
だから、政党組織に従属することへの抵抗感も
相当大きいはずである。

その一方で、政治家になるためには、
支持率の高い政党に所属することが一番の近道。

だから、支持率の伸びない政党からは離れたがる。

すべての離党騒ぎは、これだけで説明がつく。
単純といえば単純。

だから、政界再編は、
支持率の高い政党ができるまで永遠に続く。
多分、政治家の性根が変わらない限り、
支持政党なしが一番多いままで。


それにしても、ちょっと不思議なのが
維新の会の橋下代表のコメント。

江田氏のほうに大義があるといって擁護しているが、
維新の会は、是々非々で判断する政党で、
政策内容によっては、
自民党に賛同していたはずでは…


スポンサーサイト

Tag:
| TrackBack:0
TrackBackURL
→http://inoino700.blog.fc2.com/tb.php/307-744496a8