2014.01.15(Wed):経済・税金問題
またまた、テレビ番組ネタで、
しかも先週の事件に関する話で恐縮だが、
川崎であった容疑者逃走事件について、
昨日のTOKYO MXの番組での
タレント岡本夏生さんのコメントに
いたく賛同したので、
紹介させていただきたい。

それは、
逃亡した杉本容疑者の捜索に、
警察官4000人を動員し、
パトカーなどおよそ900台、
ヘリコプター2機、船舶4隻を出したことについて、
神奈川県警の失態の尻拭いに
なんであれだけの税金をかけたんだ、
ということである。

誤解していただきたくないのは、
大規模捜索をしたことへの批判ではなく、
公務員の失敗の穴埋めに
なんで税金を使うんだ、
ということである。

ここまで具体的に
岡本夏生さんは言及していなかったが、
捜索にかかった費用は、
税金ではなく、
県警本部長を始めとする警察官の減給をもって
充てるべきであるということである。

他にも、
利用者の少ない建物や道路をつくったり、
費用対効果の低いシステムを導入したりして
税金を無駄使いしても、
関わった公務員は減給されずにすむ。

それどころか、
財源が足りなくなったんだから当然だとばかりに、
消費税などの増税で賄おうとする。

税金の無駄使いにかかわった公務員は
減給にすることで結果責任を問う、
こうすれば、
公務員は緊張感をもって仕事をするはずである。



【More...】

ある方から、
離党航路のような、
多くの人にとっては無駄に思えても、
一部の人にとっては無駄でない場合もあり、
『無駄』の定義が難しい、
といった旨のコメントをいただきました。

たしかに、
生活に欠かせないような場合には、
機械的・数字的に『無駄』かどうか
判断はできません。

ただ、私がいいたかったのは、
今回のように、
公務員の失態に起因したものである場合や、
『しごと館』のように
需要が極端に低い箱ものをおっ建ててしまったような
明らかな場合です。

どっちにせよ、
実際に法案化するような場合は、
ぎちぎちした議論が必要になってくるのでしょうか、
ブログでは、
もうちょっと気楽な感じで
ざっくりとした方向性というか、
心がまえ的なお話しをしてみただけです。


スポンサーサイト
Tag:
| TrackBack:0
TrackBackURL
→http://inoino700.blog.fc2.com/tb.php/323-f0529039