FC2ブログ
2014.02.05(Wed):わたしの信条

先月、拙著の本が9冊売れました。

出版してから半年以上経った今でも、
こうして細々とでも売れ続けているのは、
私の本をいろいろな方々に紹介してくださっている
みなさんのおかげです。


政治家になるためには、
自分という人間を有権者に知っていただき、
信頼してもらうしかない。

つまり、“自分”で勝負するしかない。

これが、一昨年末の衆院選を実際に戦って、
肌で感じたことである。

私は、今やマスコミによく登場する
下村文部科学大臣と戦ったわけだが、
大臣は、20年以上、地元で活動し続け、
地元の有権者から信頼を得ていた。

だからこそ、
次点であった私にダブルスコア―以上の得票数で
選挙戦に勝ったのである。

自民党候補だったから、だけではない。

だから、
私は、心底、大臣を尊敬している。


たしかに、
小泉旋風とか、民主党への追い風といった
特殊な風が吹いているときは、
政党の候補者になれさえすれば、
ブームに乗って当選できる。

ただ、それで当選し、
その後も勘違いし続けた人は、
次の選挙で落選している。

今の野党議員らの動きを見ていると、
次の選挙で勝てそうな党を探したり作ったりすることに
奔走しているようにしか見えない。

つまり、彼らは、
“自分”で勝負するのでなく、
勝てそうな政党の候補者になることを目指して
躍起になっているようにしか見えない。

そうした視点で、
政界再編とかいっている
野党議員らの行動を見れば、
非常に分かりやすい。

たしかに、
議員になることだけが目的であれば、
それが簡単で近道だから、
理解できないこともないが…


私が、本を出版し、
そしてこのブログを始めたのも、
自分という人間を
なるべく大勢の方に知っていただくためです。

だから、
みなさんへの感謝の気持ちでいっぱいなのです。


スポンサーサイト

Tag:
| TrackBack:0
TrackBackURL
→http://inoino700.blog.fc2.com/tb.php/333-dbe2ea00