先日、東大を受験してきたが、
昔受験したときと、
えらく雰囲気が違っていたので、
今回はその違いを紹介させていただきたい。

まず、駅を降りて見たときの光景。

東大駒場キャンパスは、
駅を降りてすぐそこにあるのだが、
駅と校舎の間の空間に埋め尽くされた
予備校関係者の数、そして予備校ののぼりの数が、
尋常でない。

そう、あの正月の箱根駅伝の
スタート地点やゴール地点のような
あの賑々しい雰囲気なのである。

昔は、受験生と
数人の父兄の方くらいしかいなかった。


教室に入ると、
木のにおいがまるでしない。
昔の椅子や机をつぶさに思い出すことはできないが、
こんなに無機質な感じではなかった。

ただ、今の椅子のほうが機能的で
座りやすい。

暖房も、昔はパイプむき出しの
スチーム製のやつだったような気がしたが、
今はもちろん、どこにでもあるエアコンである。

教室の上のほうに数台のテレビもあったが、
これも昔はなかった。


試験監督官も、昔は、白髪まじりの、
どう見ても今の私よりも年齢を重ねている
教授らしい方々だったが、
今回の試験監督官は、30代くらいの方々だった。

よって、センター試験のときと同様、
今回も、私が試験室の中で一番の年輩者となった。


試験開始30分前になると、
携帯やスマホを机の上に出し、
そして、目の前で電源をオフにして
カバンにしまうよう言われた。

ここまでするのは、数年前の京大入試で、
携帯によるカンニング事件があったからだろう。


そして、試験が始まる10~20分前くらいに
トイレに行ける再チャンスをもらえるサービスも
新しい。


地震が起きたときの注意事項は、
きっと東日本大震災以降のことだ。


休憩時間も、昔は、
科目終了ごとに教室から追い出され、
それでいながら
キャンパスから出ることも許されなかったので、
休憩時間になると、一時間以上、
ひたすら校内をぐるぐる歩き回っていた。

が、今は、休憩時間になっても、
教室にいてもいいし、校外にも出られる。


試験終了後は、
昔は解答用紙が集められたら
すぐに教室から出られたが、
今は30分くらい待たされる。

しかも、駅が混雑しないように、
教室のある建物ごとに時間差で退出するのだが、
これも昔はなかった。


さて、肝心の試験のできだが、
結論からいうと、散々なものだった。

この前のブログで、
全力を出し切りたい旨ほざいたが、
そもそも実力がなければ、
全力を出そうにも、出せない。

また、真央ちゃんの例も挙げたが、
実力のある彼女に例えたこと自体、
おかしかった。

多くの方から
応援メッセージをいただいていたのに、
本当に情けない…

ここ数か月の努力で得たのは、
実力のなさを痛感できる能力だった。


ショックのあまり、
帰りの電車で乗り過ごしてしまった。


スポンサーサイト

Tag:
| TrackBack:0
TrackBackURL
→http://inoino700.blog.fc2.com/tb.php/342-8a3a2e00