三ヶ月前、
ベランダにド鳩が巣をつくり、
気がついたときには、
ヒナまで生まれてしまい、
駆除しようと思ったが、
とりあえずヒナが巣立つまで
そのままにしておくことにした。

それ以降、ヒナの鳴き声で
朝の4時台に目が覚めてしまう、
というところまでお話しをした。

そして、そのヒナがどうなったのか、
今回はその報告を。


その後、一か月ほどして、
羽も立派になった小鳩が
ベランダから飛び立とうとするが、
なかなか飛べない。

親鳩が飛ぶように促すものの
なかなか飛べない。

飛んだか!
と思うと
すぐベランダに戻って来てしまう。

十日ほどたってからだろうか、
気がついたら
いつの間にか巣だっていた。

私は、マスクと軍手で完全防備の上、
糞やほこりや小枝や卵のカラ
(これがうずらの卵みたいで意外に小さい!)
を掃いて、
巣となっていたテーブル火鉢をそうじした。

その後数日間、
二羽のド鳩が
しきりにベランダに飛んできた。

親鳩か、小鳩のほうか、
分からない。

ただ、知らぬ間に
数本の小枝がベランダの片隅に置いてあり
その上に二個の小さな卵があったので、
親鳩のほうだったのかもしれない。

私は、また巣を作られては
とにかく不衛生で、掃除も大変なので、
たまらん、と思い、
卵と小枝を処分し、
ド鳩を見かけるたびに追い払った。

テーブル火鉢にもふたをした。

そして、極めつけは磁石だ。

鳥の頭には
方位を知るための磁石があるので、
磁場のある所を避けたがる
という話を聞き、磁石を置いてみた。

が、平気で磁石の上に止まったりする。

それでも、
以前よりは来なくなったが、
ド鳩と格闘する日々は続く。


スポンサーサイト

Tag:
| TrackBack:0
TrackBackURL
→http://inoino700.blog.fc2.com/tb.php/371-77699f20