2014.11.23(Sun):2014衆院総選挙

昨日のブログでは、

『維新の会』の公認をいただいたものの、
ほとんど放置プレイ

と書いてしまいましたが、
選挙カー、メガホン、スタッフジャンパーについては、
大変お世話になったのです。

特に、選挙カーは、
とても準備が間に合わなかったので、
私は、
「自転車でもいいや」と、
軽く考えていました。

が、見かねた
『維新の会』の地方議員の方が、
私に選挙カーを貸してくれました。
もちろん、きちんとレンタル契約をして。

あまりに急だったので、
屋根はスピーカーだけで、
車体の側面に
私の名前と写真と党のロゴが入ったものでした。

選挙結果はご存知のとおり、
落選でしたが、
法定得票率(10%)は越えたので、
レンタル料金が税金で賄われ、
自分の財布が傷むことはありませんでした。
(すみません…)

他にも、ポスター、ビラ、はがき代は
税金で負担していただいたので、
選挙にかかったお金は、事実上、
『維新の会』への100万円の上納金を除けば、
100万円に満たなかったと記憶しています。

しかし今回は、法定得票率に達しそうもないので、
税金にお世話にならずに済みそうです。

とはいえ、前回の選挙で、
選挙カーの効果が、
絶大であることを肌で感じていました。
特に、無名新人の名前を知ってもらうには…

そこで、今回も選挙カーを使うことにしました。

早速、レンタル会社に問い合わせてみると、
大ざっぱに種類が三つあることを告げられました。

人が屋根に乗っかれるタイプ、
乗っかれないタイプでも大きいサイズと
小さいサイズ、

値段を聞くと、これが意外と高い。
具体的な金額は申し上げられませんが、
一番小さなタイプでも、
前回、実際選挙にかかったお金に近い金額です。

万が一、法定得票率を越えたとしても、
税金負担分には上限があるので、
それを差し引いても数十万します。

だから私は、迷いなく
一番小さなタイプを選びました。


というわけで、
前回の選挙時には
『維新の会』の地方議員の方から、
選挙カーを借りることができたお蔭で、
税金にお世話になることができ、
そんなに自分の懐が傷まずにすんだことを
改めて実感した次第です。

この点、
『維新の会』には感謝です。


スポンサーサイト

Tag:
| TrackBack:0
TrackBackURL
→http://inoino700.blog.fc2.com/tb.php/390-5a6c9fa9