2014.11.30(Sun):2014衆院総選挙
本日は、まず、
供託金のお話しをしたいと思います。

供託金とは、
選挙のとき、立候補する者が
国に預けるお金のことをいいます。

今回のような国政選挙の場合、
供託金の額は300万円になります。

この他、政党の比例代表で
重複立候補する者は
(落選したはずの候補者が
ゾンビのように復活するやつ)
さらに300万円で
合計600万円かかります。

私の場合は無所属なので、
300万円です。

ただ、こうしたお金は、
選挙で落選しても、
有効投票数の10%以上を獲得すれば、
戻ってきます。
逆にいえば、10%取れなければ、
没収です。

つまり、供託金というのは、
立候補の乱立を防ぐためのものなのです。


前回の二年前の衆院選のときは、
私は『維新の会』から公認をいただき、
有効投票数の10%以上は獲得できると
思っていたので、
供託金を預けるときは
そんなに緊張しませんでした。

しかし、無所属の今回は、
違います。

あまり最初から弱気になるのもいけませんが、
冷静に考えれば、
有効投票数の10%以上の獲得は、
あまりに高いハードルです。

つまり、今回は
300万円を没収される可能性が高い。
そう思うと、
東京法務局で供託金を預ける際、
300万円の現ナマを握る
私の右手は震えていました。


ここで、
この供託金を含め、
『猪野って、結構金持っているな』
と思われる方もおおぜいいらっしゃるかと
思います。

たしかに、貧しくはありません。
ただ、カラクリというわけではないのですが、
こういうことです。

まず、お子さんのいる方と比べた場合、
教育費含め、子育てにかかる費用、
それだけの額が、独身の私の場合、
まるまる手元にあるということなのです。

それだけではなく、
ここまでお金を貯めるのに、
長年、努力してきました。

車も買わず、旅行にも行かず、
前回の総選挙に出る前は、
パソコンさえ使っていませんでした。

退職後は、
それまで、職場のつきあいのため
月に数万円かかっていた
飲み代も払わずにすんでいます。

特に、前回の総選挙に落選した後は、
食費は一日700~800円に抑えています。
(きちんと栄養には気をつけています。)

こうしたことで、
年に数十万円は節約できていると思います。

たしかに、退職金もいただきましたが、
途中で退職しているので、
そんなに多額の退職金を
いただけたわけではありません。

ただ、私は、
お金を使うべきところは、
惜しみなくつぎ込みます。
例えば、
自己投資のための勉強とか、
そして、今回のような選挙にです。

選挙に立候補することが決まって以降、
数社の記者の方から、
簡易な取材を受けたとき、
よくきかれた質問は、
『300万円、惜しくはないんですか?』

このときの私の答えは、
嘘に聞こえるかもしれませんが、
こうです。

「マイホームに数千万円をかける
こうした価値観をもった方もいらっしゃる。
でも、
政治を変えようとする候補者が
有権者の方のために
選択肢の一つとしてあってもいい、
こう思って、数百万円をかける
こんなバカがいてもいいじゃないですか。」


スポンサーサイト

Tag:
| TrackBack:0
TrackBackURL
→http://inoino700.blog.fc2.com/tb.php/393-516016a1