2014.12.26(Fri):2014衆院総選挙
「おはようございます。
選挙でお世話になりました
いのたかしと申します。
お寒い中、本当にご苦労様です。
お気を付けて、いってらっしゃいませ。」

今週の朝の駅頭、
いつまでも選挙時のお礼をいうわけにもいかず、
何をいうか迷った。

自分の思う政策を述べたところで、
通勤客は足早に通り過ぎるだけなので、
自分の経験からしても、
おそらく聞いてもらえない。
興味のない話はなおさらだ。

そこで、
通勤客に話しかけるような内容にした。
短すぎても、長すぎてもいけない。

「ご苦労さま」とか
「お疲れさま」という言葉は、
元来、目上の人が目下の人を
ねぎらう際に使うものらしいが、
かといって、
目下の人が目上の人に向けていう
これに代わる言葉はないらしい。

そこで、
「ご苦労さま」でも
まー不自然ではないだろう、
ということで
今週の駅頭の挨拶として決めたのが
冒頭のことばである。

数名の方々から励ましのお言葉をいただいたが、
友達と飲み明かした若者らから
『これから帰るんですけど』と
からかわれることも…

およそ1時間半立っているのだが、
若いときは同じ時間走っていたわけだから、
体力的には全然つらくない。

ただ、
気持ちは大事にしようと
心がけている。

つい、うわの空で機械的にいってしまうと、
聞いている方にも
何となくそれが伝わってしまうからだ。

1時間半、
心をこめながらいうこと、
これが案外難しい。


スポンサーサイト

Tag:
| TrackBack:0
TrackBackURL
→http://inoino700.blog.fc2.com/tb.php/406-9c0ab992