2015.03.21(Sat):政治活動
八年前、私は、
衆議院調査局というところに出向していた。

そこでの主な仕事は、
代議士や秘書さんからの調査依頼に
お応えするということで、時には
野党の国会質問案を作成することもあった。

元みんなの党代表の渡辺喜美氏にも
何度か“ご説明”にうかがったこともあったが、
私が口を開くたびに脈絡なく怒鳴られ、
だから、私も
なぜ怒られているのかが分からず、困惑した。

「この人の下では、絶対働きたくない!」
と私も思っていたが、
彼がどういう結末を迎えたかは、
みなさんご存知のとおりである。


さて、ここでの仕事は、
特に国会開会中が忙しく、
徹夜せざるを得ない時もあった。
しかし、ある日から、
徹夜は禁止!
ということになってしまった。

が、やるべき仕事が減るわけでもなく、
資料を自宅に持ち帰るわけにもいかない。

そこで、私がとったのは
始発電車で出勤して早朝から仕事をする
という方法であった。


当時も、統一地方選が近く、
ある若い立候補予定者が
始発電車の時間から、
駅頭で通勤客に挨拶をしていた。

私は、正直、誰に投票したらいいか
判断しかねていて、
「この早朝から頑張っている若者に投票するか」
と思い、その若者に目を向けるが、
夜も明けきらない時間帯で顔がよく分からず、
タスキもしていないし、のぼりもない。
しかも、声は小さめ。
(この点は、早朝という理由)

結局私は、耳を澄まして、
この若者の名前をようやく知ることができたのだが、
このとき私が思ったのが、
「なんで、こんな時間から挨拶してるんだ?」
「っていうか、タスキくらいしろよ!
名前が分からないじゃん!」
ということであった。

そして、これらの謎は、
八年後にようやく解けたのであった。
(後編につづく)


スポンサーサイト

Tag:
| TrackBack:0
TrackBackURL
→http://inoino700.blog.fc2.com/tb.php/419-cbe60c6f