FC2ブログ
2015.04.26(Sun):2015 江東区長選

とにかく、精根尽き果てました。
睡眠時間を削ってまで
ブログを更新する気にもなれないくらい。

昨年12月の衆院選に立候補したときも
全力で選挙戦を闘ったつもりであった。

しかし、
その時が私の江東区でのデビュー戦であり、
また、私だけが無所属で、
政党名で投票先を決める有権者の方も多いなか、
私の当選確立はゼロに等しかった。

もしかしたら、無意識に
こうした現実が
私の選挙活動に影響を与えていたのかもしれない。

また、前回の衆院選時の立候補者数は私含め4名。
しかし今回は江東区長選のほか、
江東区議会議員選挙もあり、
合わせて立候補者数は63名である。
朝の駅頭挨拶の場所取りだけでも苦労した。


ただ今回は、
江東区長選に限っていうと、
江東区の行政の長を決める選挙であり、
他の候補者も表面上は無所属である。

また、
昨年の衆院選に立候補していたことや、
平日はほぼ毎朝、
いくつかの駅で朝の挨拶をしていたこともあり、
私の知名度も若干上がっていた。

前回の衆院選時も、
地元中心にみなさんから
声援をいただくことができたが、
今回は、
いただいた声援の数も増え、
前回ほとんど声援をいただくことのなかった地域や、
朝の駅頭挨拶をしていない地域でも、
声をかけてくださる方が
たくさんいらっしゃった。

私の今までの人生の中で、
これほど嬉しいことはない。

これまでの江東区内での政治活動は
量・質とも本当に浅いものではあるが、
このように
たくさんの方々の声援を受けることができただけでも、
やってきた甲斐があったというものだ。

経済的には苦しくなったが、
ある意味、やっただけの見返りがある分、
仕事をしていたときより幸せを感じる。


ただ、今回の選挙運動期間中、
私の声かけに
沈黙をしていた方々のほうが圧倒的に多かった。
当然のことではあるが…

こうした方々が
みなさん他の候補者を支持していると考えただけでも、
私の当選が簡単ではない現実に変わりはない。

また、声援をいただいたことは
嬉しさのあまり、
沈黙を保っていた方々の何倍もの印象が残るため、
自分のことを勘違いしないようにはしたい。


江東区の選挙の開票は、
国政選挙や他の地方選と違い、
明日の朝からである。
まー、このほうが
休日手当を支払わなくてすむ分、
税金の節約にはなる。


だから、今日くらいは、
ゆっくりしたい。

スポンサーサイト

Tag:
| TrackBack:0
TrackBackURL
→http://inoino700.blog.fc2.com/tb.php/431-e4881311