私は、とある団地に住んでいる。
隣は一年半空室だったが、
最近、外国人家族が引っ越してきた。

親子5人の東洋人だが、
話していることばは中国語でも朝鮮語でもなく、
結局どこのお国の家族なのか、
いまだに分からない。

いつも夜中の12時ごろから、
食事をしながらの一家団らんが始まる。
本人らに悪気はないのだが、
料理の音や話し声などがとにかく大きい。
そして、寝静まるのが夜中の3時すぎ。

これでは私も眠れない。
夜中だから静かにしてほしいと、
何度もお願いした。
簡単な日本語は通じ、
最初は了解してくれたような感じだった。

が、夜中の料理と家族団らんは一向におさまらず、
最後に苦情を言ったときは逆切れされる始末。

そこで、困った私は、
団地の管理事務所に相談しに行った。
しかし、ここは、
近隣トラブルには関わらない方針で、
過去にも
『自分で訴訟でもして解決してください』とか、
『民事には介入できません』とか
とても貸主側の発言とは思えないことを
何度か言われたことがあったので、
今回も期待していたわけではなかった。

が、今回は、
私とは逆側のお隣の方からも相談があったらしく、
『そんなときは110番通報してください』
とのアドバイスを受けた。
が、安易に119番通報しないように言われている昨今、
そんなことで警察が来てくれるとは
信じられなかった。

そして、その数日後、
今度は知人らも交えての宴会みたいなものが
やはり夜中の12時ごろから始まった。

私も当初は我慢していたが、
夜中の2時ごろ、
ついに、生まれて初めての110番通報。

『事故ですか?緊急ですか?』
「事故でもなく、緊急というほどでもないんですが、
ちょっとご相談が…」
『事故ですか?緊急ですか?』
「騒音で困ってまして…」
『緊急ですね。』
どうやら、
事故以外のことを緊急というらしい。

それから、20分後、
二人の警察官が来てくれた。
隣の主人は、
帰宅が遅いんだからしょうがないと
警察官に主張する。

警察官は、
朝が早くで寝ている人もいるから
夜中は静かにするようにと
言ってくれた。


「夜中は静かにすべき。
だから、夜中の家族団らんは控えるべき。」
これは、多くの日本人の常識といってもよい。
だからこそ、
夜遅くに帰宅したお父さんが、
子どもたちを起こさないよう寝顔を見て
一人だけで静かに食事、
こうした旧来の光景がうかんでくる。

『家族団らんの時間は絶対に必要。
だから、他人に邪魔されるいわれはない。』
これが彼らの常識なのかもしれない。

こんな『常識』の違いは
身近なところでは夫婦間や友人間にもあり、
極端に高じると
紛争や戦争の種にもなるのであろうか。

でも、私も含め、周りの多くの居住者が
夜中は静かにしてほしいと思っているのだから、
やはり静かにしてほしい。


スポンサーサイト

Tag:
| TrackBack:0
TrackBackURL
→http://inoino700.blog.fc2.com/tb.php/452-552157b7