以前、ボランティアで
中学生と勉強をしているということを
お伝えしましたが、
その中学生のうちの一人が
昨日、江東区の代表として、
中学生『東京駅伝』大会に出場しました。
場所は調布市の味の素スタジアムです。

東京の23区、26市、そして瑞穂町の
合計50チームで争われ、
女子は、16名で30㎞、
男子は、17名で42.195㎞の周回コースです。

スタジアムに着くと、
場内用の実況と解説が聞こえてきたのですが、
なんか、聞き覚えのある声が…
そう、あの往年の名ランナー
瀬古利彦さんが解説をしていたのです。
なんと贅沢な…

私と勉強している男の子は第一走者。
スタジアムで号砲が鳴り響き、
地元中学生に交じって声援をおくると、
すぐに、ダッシュをしてスタジアムの外へ!
これも地元中学生といっしょに
周回コースをかけずりまわり、
結局、三か所で応援できました。

が、江東区の結果は、
彼が走った男子は30位、
女子は大健闘の3位入賞です。
そして、優勝は、
女子、男子とも足立区でした。
タイムは、女子の一流選手が
一人で走ったのと同じくらい
といったところです。

このようにスタジアムで
大声を張り上げて声援をおくったのは、
三十年前に大学の陸上部にいたとき
今はなき国立競技場で
関東インカレが行われたとき以来
でしょうか。

この三十年前のときとの違いは、
まず、応援です。
関東インカレ(学生選手権大会)の場合、
自校の選手の応援ですし、
応援も組織だっていて、にぎやかというか、
鳥肌が立つくらいの感動さえおぼえます。

今回の中学駅伝は、
自校の生徒だけが走るわけではなく、
応援団とかもないので、
ちょっとバラバラ感はあったのですが、
人口や学校が少ない市区町ほど
声援は大きかったような気がします。

そして、スタジアムなんですが、
味の素スタジアムは、
昔の国立競技場と比べても
大きくて、ものすごく立派です。
自分はサッカーファンではないので、
J1の会場となるようなスタジアムの中を
実際に見るのは初めてだったのですが、
オリンピックとかに使用しても
全然おかしくないと感じました。
(陸上トラックは取り外し可らしいです)

昔の国立競技場も古いので
建て直す必要があったのかもしれませんが、
あれだけのお金をかける必要が
本当にあったのか、
瀬古さんの最後の挨拶の声が聞こえてくる
スタジアムを後にしながら、
ふと思ったしだいです。

東京駅伝外東京駅伝内


スポンサーサイト

Tag:
| TrackBack:0
TrackBackURL
→http://inoino700.blog.fc2.com/tb.php/479-7294ed3b