2016.05.14(Sat):政治活動
籠いっぱいにポスターの入った自転車を
のんびりこいでいると、
突然、
向こうのほうから歩いて来た一組の親子が
私に一声かけてくれた。

『こんにちは』

まったく見ず知らずの親子だったが、
自分のことを
選挙やポスターで知っているのかと思い、
自転車を降りて声をかけてみた。

すると、私のことはまったく知らず、
ただ何気なく
挨拶をしてくださったということだった。
私は、名刺を父親のほうにわたして

「無所属の“いのたかし”と申します。
 よろしくお願いいたします。」

といいながら頭を下げると、
横にいた男の子のほうも、

『○○といいます。
 よろしくお願いします。』

と私にお辞儀してくれた。
そして、私に

『名刺をください。』

といってきた。

後ろにいたお父さんが

『もう名刺はもらったから
 大丈夫だよ。』

とはおっしゃていたが、
私はかがんで、
男の子のほうにも名刺をわたして

「よろしくお願いします。」

といって、お辞儀した。

すると、その男の子は
また、私に頭を下げてくれた。


その親子と別れた後、幸運にも、
ポスターを貼ってもいいよ、
とおっしゃってくださった
お宅にめぐりあえた。

そこで私がポスターを貼っていると、
おもむろに
7~8才くらいの一人の女の子が
私に近づいてきた。

その女の子は、
私のほうを見ているだけで、
一言も発しなかった。

私が

『こんにちは。』

と声をかけても黙ったままだ。

一瞬、気まずい空気が流れた。

なぜか私の頭は、
“仕事”モードになった。

「これ、お母さんにわたしてね。」

そう言って自分の名刺をわたすと、
その女の子は、黙って、
肩からかけていた
かわいらしい黄色いカバンに
受け取った名刺を大事そうに
そっとしまってくれた。

そして、女の子は
やはり何も言わず、去って行った。

私は、
彼女が無事帰宅できるのを願いつつ
小さな背中に向かって
小さく手を振った。

スポンサーサイト

Tag:
| TrackBack:0
TrackBackURL
→http://inoino700.blog.fc2.com/tb.php/497-c7862c81