2016.10.29(Sat):ボランティア活動

こうして、
私を含めた学生数人は、
地震のあった熊本の子どもたちのため
学習支援ボランティアを行うことになった。

この他に、
地震が子どもたちに与えた心理面の影響、
そして、
被災後に見落とされがちな
子どもや女性の立場からの視点や要望について
調査すべく、
ヒアリングを行うことも決めた。

これには、
先日、鳥取でも震度6弱の地震があったばかりだが、
私たちの調査結果をなんらかの形で、
今後の震災に活かせるようにしたい、
こうした目的があった。

そこで、今度は、NPOや保育園など
私たちのヒアリングに応じてくださるところを
探すことになったのだが、
これが思いのほか大変であった。

大変だったというのは、
『被災して数か月しか経っていないのに
 来られても迷惑だ』
といわれたからではなく、
私たちが単なる学生の集まりであって、
大学公認といったきちんとした団体ではないため、
素性がはっきりしていないというか、
私たちの信用性が担保されていないからだった。

ヒアリングをお願いすべく、
いくつもの団体に電話連絡をした。
学生離れした私の声から
大学院生と勘違いされることもしばしばあったが、
私が五十を過ぎたおっさん学生と分かっても、
私が教授ではないことや、
大学公認の団体ではないことなどの理由で、
断わられることが多かった。

それでも、数か所、
NPO団体や保育園などが
私たちの依頼に快諾してくださった。
本当に感謝の念に絶えない。

もちろん、
ヒアリングをお願いしたのは
私だけではなく、十代の学生も
数か所にお願いしてみたのだが、
大人相手に見事、約束をとりつけた。
自分が十代のころを振り返ると、
これには感心させられた。

次回からは、
学習支援ボランティアや
ヒアリングを行っての感想を
述べてみたい。

(つづく)

スポンサーサイト

Tag:
| TrackBack:0
TrackBackURL
→http://inoino700.blog.fc2.com/tb.php/526-a912900d