2017.01.28(Sat):憲法・法律問題

一昨日、韓国の裁判所により、
2012年に韓国人窃盗団が
対馬の寺から盗んだ仏像について、
元の所有権を主張する韓国の寺に
引き渡すよう命じる判決が下された。

ただ、裁判所は、
韓国の寺がある地域に
倭寇が5回侵入したとの記録がある、
像内にあった記録物に
高麗時代を示す年号などが記されている、
これらだけを理由に
以上のような判決をしたらしい。
倭寇が強奪した証拠もないのにである。

仮に仏像の元の所有権が
韓国の寺にあったとしても、
自力救済禁止の原則や
時効の概念というものを知らないのだろうか。

あまりにお粗末な判決である。

これ以外にも、過去には、
日本の賠償問題についても、
日韓基本条約を無視した判決を出している。

司法だけではない。
法令の効力は施行前に遡及してはならない
という法の常識を無視した立法もしている。
日本の憲法でも韓国の憲法でも
遡及処罰の禁止や法の不遡及が明記されている。

それにもかかわらず、
韓国は、日本に併合されていた時代に
親日派が得た土地や利益を没収する
という法律を十年以上前に制定し、
祖父母や親から受け継がれた土地などを
遡及して没収した。

こうした事後法は他にもいくつかある。

韓国の司法、立法、行政は世論に左右される
という話を聞いたことがある。
もはや法治国家とはいえない。

一昨年末の慰安婦問題の合意についても、
十億円を受け取りながら、
慰安婦像の撤去については、
日本政府と韓国の市民団体とで
直接話合ってくれといいだす始末で、
もう滅茶苦茶である。

米国のトランプ大統領の発言が
いろいろ物議を醸しているが、
法令に抵触するようなことはしていない。

韓国は、トランプ大統領以上に
まともにつき合ってはならない相手なのか?


【More...】


スポンサーサイト
Tag:
| TrackBack:0
TrackBackURL
→http://inoino700.blog.fc2.com/tb.php/544-369fcd9e