2017.02.03(Fri):政治活動
○時○分
今朝もおじいさんが
自転車に乗ってやって来た。

しばらくすると、
娘さんがお孫さんといっしょに
駅から出て来た。

そして、娘さんは、
迎えに来たおじいちゃんの
自転車の“後部座席”にお孫さんを乗せ、
三人が消えていった。

この光景は変わらない。
お孫さんの登場の仕方以外は。

はじめの頃は、娘さんが
眠っているお孫さんを抱えたまま
駅の階段を降りて来た。

そのうち、
お孫さんがよちよち歩きするようになり、
目を覚まして登場するようになった。

はじめは手すりにつかみながら
一歩一歩確実に階段を降りていたのが、
そのうち手すりにつかまらないで
スタスタと階段を降りられるようになっていた。

当初は私に興味を示さなかったお孫さんも、
通勤・通学する方々に挨拶している姿が珍しいのか、
私のところにいったん寄ってから、
おじいちゃんのところに行くようになった。

しかも、最初は、
私に近寄ってくるだけだったのが、
そのうち挨拶をしてくれるようになった。

そして、先日、私が
通勤客のお一人であるご婦人と
おしゃべりをしていると、
そのお孫さんがいつものように登場したのだが、
何と、
私とそのご婦人とのおしゃべりに気を使って、
立ち止まっているではないか!

ご婦人もそのお孫さんに気がつき、
駅の中に入っていった。

そして、それを見届けたお孫さんが、
今度はいつものように、
私に近づき挨拶をしてくれた。

お孫さんの成長はつづく。


スポンサーサイト

Tag:
| TrackBack:0
TrackBackURL
→http://inoino700.blog.fc2.com/tb.php/545-93fdcd35