2017.03.13(Mon):わたしの信条
三月に入ると
来年卒業予定の学生にとっては、
就活が本格化する時期だ。
先日、仕事について
旧友と話をしていたとき、
はっとさせられた一言があった。

それは、
わくわく感があるから働ける
という一言だった。

わが身を振り返ってみると、
国家公務員として働いているとき、
わくわく感をもって
仕事のできた職場は限られていた。

現場や国際機関など
自己裁量の余地のある職場もあったが、
ほとんどの職場では、
自分の意見・考えは押し殺された。
まさに組織の歯車。

少なくとも私はそう感じていた。

もちろん、
世の中のみんながみんな、
本来自分のやりたい仕事に
つけているわけではない。

比較的安定した収入が期待される組織の中で
自分を抑えながら働いている人、
たまたまついた仕事の中で
働きがいを見い出そうと頑張っている人、
家族を養うために働いている人、
リスクを伴いながら
フリーランスもしくは経営者として働く人、
様々なのであろう。

自分はというと、
悔いのない人生にしたい
と考えたとき、
養うべき家族がいない境遇にあるからこそ
リスクを伴っても
自分のしたいことをすることにした。

この年齢になって
大学で勉強しているのもそうなのだが、
今、自分がどこの政党にも属さず
政治活動をしているのも、
思う存分自己表現のできる場、
自己実現のできる場、
そして、
わくわく感をもって活動できる場を
求めていたからかもしれない。

が、
覚悟も必要だ。

スポンサーサイト

Tag:
| TrackBack:0
TrackBackURL
→http://inoino700.blog.fc2.com/tb.php/551-0de0ee9b