2017.04.30(Sun):復興・原発問題

先日、
私が最も尊敬する区議さんにお願いし、
福島原発事故の被災地を訪れる会に
飛び入り参加させていただきました。

具体的には、
吉野新復興大臣の出身地でもある
いわき市で一泊し、そこで
市民の方や県庁職員の方にお話しをうかがい、
翌日、
居住制限を指定解除されたばかりの富岡町と
未だ解除されていない大熊町を訪問しました。

この会は、東北から九州まで、
全国の地方自治体の現職・元職の40名の
議員さんや市長さんで構成されています。

だから、
議員でもない私は非会員ということで、
飛び入り参加ということになりました。

現在、この会は、
全国に散らばっている避難者の方々の中には、
補助支援策を知らない方も多く、
さらに、各地方自治体によっては職員の
補助支援策についての知識がまちまちであったり
避難生活の実態を把握しきれていない現状に鑑み、
集まった全国の議員さんらが情報交換をすることで、
避難者の方々が全員一律に十分な補助を
受けられるようにすることも目指しているようです。

ところで、今回、議員でもないのに
この会に参加した方がもう一人いらっしゃいました。

それは、なんと驚くなかれ、
最近、辞任した今村前復興大臣と
先日の記者会見で
『撤回しなさい』「撤回しません」
などとやりあった、
あのフリーの記者さんです。

しかも、一泊した施設の部屋割りで
この方と一夜を共にすることになりました。

さて、この問題の記者会見ですが、
この方や市民の方のお話しをうかがった上で
改めて見返してみますと、
この記者の方の真意と今村前大臣の意識とが
かみ合っていないことから
お互いヒートアップしたことが
手に取るように分かりました。

このお話しのつづきは、後日。


スポンサーサイト

Tag:
| TrackBack:0
TrackBackURL
→http://inoino700.blog.fc2.com/tb.php/558-7b596917