2017.05.24(Wed):両親の思い出

先日は母の十六回目の命日。
墓前に手を合わせていると、
母が亡くなった日のことではなく、
その数日前のことがうかんだ。

隣の病室に入院していた女の子が、
私の母に向かって愛嬌をふりまく。
それに母は笑顔で応えていた。

眼を開くと、
墓地近くのコートで
テニスに興じる大学生の声が聞こえた。

そして、その数日後、
私は東大本郷キャンパスに向かっていた。

三年前に通っていた
予備校時代の同級生の女の子二人が
五月祭(学園祭)で
各々踊りを披露するからだ。

途上の小路の信号が赤になった。
見知らぬ親子が
信号が変わるのを待っていた。
私も待つことにした。

『あのね、この前、ネコがね、
赤信号なのに渡っていたんだよ』

十六年前、
病室にいたあの女の子と
同じくらいの年齢だろうか。

キャンパスに着くと、まず、
外国の民族舞踊を踊る
元同級生の女の子の姿を観た。

そして、その数時間後、
フラメンコを踊る
やはり元同級生の女の子の姿を観た。

その日は、五月にもかかわらず
夏を思わせる暑さだった。

それでもみんな一生懸命に舞う。
この日のために稽古を積み重ね、
その成果を思い存分発揮するために。

このように華麗な舞を魅せるには、
技術はもちろんのこと、
相当の体力も要るはずである。

三年前に初めて会った彼女たちには
高校を卒業したばかりだったからか
まだ、あどけなさがあった。

しかし今や、
二人とも二十代の立派な女性。
実際、予備校時代には見せなかった
妖艶な姿にドキッとする瞬間もあった。

でも、
十六年前の彼女たちも、
誰かに愛嬌をふりまき、
そして、
赤信号を渡るネコのことを
不思議に思う女の子だったのであろうか。

五月祭2五月祭1
>
スポンサーサイト

Tag:
| TrackBack:0
TrackBackURL
→http://inoino700.blog.fc2.com/tb.php/565-687fcb14