2017.06.24(Sat):両親の思い出

小林麻央さんが亡くなる前に
海老蔵さんに言ったことばである。

このニュースで、
やはりガンで他界した
私の母が残した最後のことばを
思い出さざるを得なかった。

十六年前の5月某日、
当時の職場の机上の電話が
いつものようになった。

『猪野さんですか。』

「はい。猪野です。」

当時母が入院していた
自宅近くの病院からだった。

『今晩、病院に来ますか。』

「はい、面会時間ぎりぎりに
 なるかとは思いますが…」

『今朝まで何ともなかったのですが、
 急に容態が変わりまして、
 今、肺の専門医に
 診てもらっているのですが…』

「危ないということですか!」

『はい。』

妙に落ち着いた口調に
腹立たしくなる余裕もなく、
すぐに職場を飛び出し
病院にかけつけた。

職場から病院まで一時間弱。

間に合わなかった。

病室には医師と
すすり泣く数人の看護師と
そして、
母の手を握ったままの
車いすに乗った父がいた。

「よかった」

なぜか、そう思った。

このとき、
父も同じ病院に入院していて、
母の容態が急変したとき、
看護師さんが
別の病室にいた父を車いすで
母の側まで連れてきてくれたのだった。

その父も
六年以上前に亡くなったのだが、
生前父がこのときのことを
私に語ってくれたことがあった。

このとき、
母と父はお互いの心の中で
最後の会話を交わしたと。

「私が死んでも悲しまないでね」

「ああ、わかった、わかった」

そして、
母の眼から最後の涙が流れた。

外の廊下から
隣の病室の女の子のはしゃぐ声が
きこえた。

スポンサーサイト

Tag:
| TrackBack:0
TrackBackURL
→http://inoino700.blog.fc2.com/tb.php/571-a6941c1f