2017.06.27(Tue):わたしの信条

豊田議員の暴言・暴行問題
中川議員の二重婚問題
大西議員の数々の発言問題
宮崎元議員のゲス不倫問題
武藤元議員の未公開株・買春問題
“自民党の魔の二回生”といわれ、
大西議員を除くと
みんな公募で選ばれた者たちだ。
(中川議員は事実上の世襲)

それにしても、
公募で候補者を選定する側に
人を見る眼がなさすぎる。

当の本人たちも、
議員としての資質もないのに
当選できたのは
“自民党”という看板のおかげである。
なのに、自分の力で当選したと
勘違いをしていたのであろう。

議会は、数が力である。
そして政党には党議拘束がある。
だから、党の方針を決められる
党の要人以外のその他の議員は、
数合わせのための
政党の“駒”ともいえる。

著名人なら候補者になれるのも
そのためだ。

しかし、
たとえ“駒”だとしても、
誰でもいいというわけではない。

29連勝という記録をうちたてた
藤井四段にしても、
割れた駒、汚れた駒を使ったら
勝てまい。

東京都民にとっては、
まもなく都議選である。

投票先を選ぶ際には、
公約を参考にしたいところだが、
あまり当てにならない。

人の本性も見えづらい。

しかし、
公募で候補者を選定する者よりは
確かな眼をもって、
“駒”を選びたい。

スポンサーサイト

Tag:
| TrackBack:0
TrackBackURL
→http://inoino700.blog.fc2.com/tb.php/573-2844bfa1