2017.07.26(Wed):政治活動

朝の駅頭挨拶時、
駅前にある地図を眺めている方々を
よく見かけます。

当初、私は、必ず
「どこかお探しですか?」
と声をかけるようにしていたのですが、
実は、反応の仕方には色んなパターンが
あることが分かってきました。

反応は、ざっくりと、
以下のように分けることができます。

まず、私の助けは無用と、
ご自身で探し続けるパターンでして
これが全体の約4割と
一番多いでしょうか。

理由は様々のようです。
スマホもあるのですぐに分かる場合、
私に気を使ってくださる場合、
ご自身のプライドが許さない場合
等々です。

次に、
これが本来想定していた場合でして、
地図を見ても
場所が分からずに困っていたので
私に声をかけられて助かった
とおっしゃってくださるパターンです。
これは全体の約3割
といったところでしょうか。

次は、時間をつぶすために
地図を眺めていただけ
というパターンでして、
これは全体の約2割
といったところです。

そうすると、残り1割は?

その前に、
4割、3割、2割、1割、
これ、何かに似ていませんか?

そう、
日本人の血液型の比率です。
つまり、
A型、О型、B型、AB型です。

そこで、あくまで便宜的に
上述の4割の方々をAタイプ
同じく3割の方々をОタイプ、
2割の方々をBタイプ、
そして残り1割の方々を
ABタイプとします。

では、ABタイプとは?

それは、私が声をかけたこと自体に
怒る、というパターンです。
理由はよく分かりませんが、
Aタイプなのか、Bタイプなのか…
とにかく想定外です。

そこで最近は、
地図を眺めている方々を見かけても、
まず、その方の雰囲気を
みるようにしています。

そうすると、
地図を眺めながら時間をつぶしている
という場合が、何となくですが
分かるようになってきました。

また、
明らかに探しているという場合も、
しばらく様子を見るようにしています。

そうすると多くの場合、
スマホもあってか、
すぐに地図から立ち去って
目的地に向かっていきます。

そして、いつのまにか、
私はОタイプを探すようになり、
よって、私から声をかけることは
めっきり少なくなりました。

逆に、地図を見ずにいきなり
私に道を尋ねてくる方もおります。

ただ、この場合の多くは
東洋系の外国人の方でして、
いきなり私に道を尋ねてくる
日本人の方は多くありません。

私の場合、道を尋ねられて迷惑
ということは全くないのですが、
とにかく、世の中、
いろいろな方がいるものです。

あなたは、どのタイプですか?

あっ、以上のお話は、
人数割合の点を除いては、
血液型とは全く無関係ですので、
念のため。

スポンサーサイト

Tag:
| TrackBack:0
TrackBackURL
→http://inoino700.blog.fc2.com/tb.php/582-f416b1ab