先日、私が学生として通っている
大学の試験が終わりました。

今回、最も印象に残ったのは、
次の“社会思想史”の問題です。

『通常マキャベリに帰せられる
 “権謀術数”“悪の教師”というような
 イメージは、どのような点で
 不十分であるかについて論じなさい。』

マキャベリといえば『君主論』の
イメージが強いのではないでしょうか。

すなわち、15~16世紀、
イタリアフがフランスやスペイン・ドイツ
など周辺諸国から圧力を受ける中、
イタリア統一を達成するためには、
手段を選ばず、権謀術数に長け、
民衆からも怖れられる
そんな君主が必要とされるのだと
マキャベリは主張したといわれます。

ただ、実は、同時期に執筆した
『ディスコルシ』という文献の中では
ローマ共和政が理想である旨
説いています。

マキャベリは、
メディチ家が事実上支配する
フィレンツェで、
フランス王がイタリアに侵攻した
15世紀末、同家が追放され
その約二十年後に同家が復活する間
ソデリーニ共和政下で
外交官として活躍していました。

ソデリーニは平民と貴族との間で
優柔不断な態度をとっていた点、
共和政でありながら
マキャベリにとっても
十分な政治体制とはいえず、
これが『君主論』の執筆、そして
同書のメディチ家への献上へと
導いたともいわれています。

ただ、この『君主論』と『ディスコルシ』とを
どのように整合的に説明するのか、
実は、定説はないとされています。

さて、話は一昨年度に戻りますが、
“歴史”の学部試験では

『ローマ帝国のキリスト教の国教化について
高校教科書の記述を正確に記載すれば
どのようになるか。』

といったように、やはり
教科書上常識とされている事柄につき
疑問を投げかけるような問題がありました。

そもそも大学とは、最高裁判例によると
『学術の中心として深く真理を探求し、
 専門の学芸を教授研究することを
 本質とする』場所とされています。

実際、教授らがよく口にされるのは、
教科書の常識に疑問を投げかける
学部レベルの学問は入口にすぎない
ということです。

もし、ある分野に興味を抱いたら、
その真理を探究・研究すべく、
大学院や博士課程に進学することを
勧めています。

さて、学部試験の成績ですが、
東大では以下のように評価されます。
100~80点→優
79~65点→良
64~50点→可
50点未満→不可

これは完全に個人的感想ですが、
授業をいくら真面目に聴いても
“優”をとるのは難しく、
せいぜい、70点台後半です。

ただ、自主的に図書館などで
教授のお薦め本なども含め
然るべき書物を探して読み、
それも答案に反映させることができて
初めて“優”を取れる気がします。

ここからも、学生には、
言われたことだけではなく、
自主的・積極的に学問に取り組む姿勢が
求められているといえそうです。

スポンサーサイト

Tag:
| TrackBack:0
TrackBackURL
→http://inoino700.blog.fc2.com/tb.php/583-f079ccba