2017.10.05(Thu):2017 衆院総選挙

やっと、投稿する時間ができました。

今回、お伝えしたいことは、
今月22日投票日の衆院選挙に
東京15区(江東区)から
立候補するということです。
が、また、また無所属です。

なぜ政党に属さないの?
と、よく聞かれます。

理由は二つありまして、
まず、政党の力に頼らないで
自分の力で勝負したい
という想いがあります。
ただ、政党政治を否定しているわけではなく
これとだ思う政党がなかった
というのも理由になります。

しかし、先月、
若狭さんが塾長を務める輝照塾の
200名の塾生として選抜され、
初回講義にも参加してきました。

“公開された政治”や
“しがらみのない政治”を目指す方向性は
まさしく自分が目指す方向と
合致していたからです。
したがって、希望の党の前身の(?)
日本ファーストから公認される可能性は
かなりありました。

面接も受け、
選挙資金はすぐ準備できるか?
お金や女性問題を抱えていないか?
なども聞かれました。
特に後者の質問には、
そもそも独身で
お付き合いしている女性もいない
と自信をもって(?)答えました。

が、小池知事が前面に出て、
“希望の党”を立ち上げたころから
状況が変わりました。

まず、
民進党と事実上合流する話になったとき、
結局は、議員らの自己保身のための
しがらみによる野合のための政党かと
幻滅してしまったのです。

多種多様な有権者の意見を集約し、
国会の審議に反映させるという
政党本来の役割を無視しているからです。

次に、
地元の民進党の現職が
小池知事が前面に出たころから
希望の党に移る旨表明したことで、
私が弾き出された格好になったのです。

それでもまだ、
北海道や東北、山陰あたりの選挙区でしたら
私も公認はもらえそうでした。
しかし、自分を幼少のころから
育ててくれた江東区から出たい
という気持ちでいっぱいでした。

また、何よりも、
三年近くの間、地元で活動し、
子どもからご高齢の方まで、
多くの方々から
暖かい声援をいただきました。
自分が、もし、
人気(?)政党の公認欲しさに
魂を売って
別の選挙区から出たら
こうした方々を裏切ることになります。

私はすでに五万人近くの
板橋区民の方々を裏切りました。
もう、これ以上裏切りたくありません。

だから今回も無所属です。

選挙は勝たなければ意味がない
よくそう言われます。

しかし、有権者にお示しする選択肢を
一つでも増やすためにも、
また、私のような考え方もあるのかと
有権者の方にも知っていただくためにも
私が選挙に出る意義はあるんだと思います。

さて、その肝心の
私が選挙で訴えかけたいことは、
長くなるので、
公示日までのお楽しみ、
ということで、現時点では
応援よろしくお願いします
とはあえて申しません。

応援するかどうかは、公示日以降、
私の主張含め、各候補者の訴えを
きいて比べてみてから、
みなさんが決めることだと思うからです。

20171005213456b24.jpg201710052135262c2.jpg

スポンサーサイト

Tag:
| TrackBack:0
TrackBackURL
→http://inoino700.blog.fc2.com/tb.php/601-34e55071