私は25年ほど前、
英会話学校に通っていました。
目的はもちろん英会話の上達ですが、
他にも、
様々なバックグラウンドをもった人たちに会って
視野を広げてみたい、というのもありました。

その中に、絵の上手な方がいました。
当時は、その程度の認識しかなかったのですが、
実は、個展も開く立派な画伯なのです。

そして、先日、
その方の個展に行ってきました。
毎年、開催されているのですが、
私にとっては数年ぶりです。

今回は平日限定でしたが、
私がいた一時間だけでも
多くの方々が来場していました。
この画伯の顔の広さがうかがえます。

この方は、
写実的にも上手な絵を描けるのですが、
それではおもしろくないと、
自らも楽しみながら
個性的・独創的な絵を描いております。

こじつけかもしれませんが、
こうした絵に対する姿勢には、
ピカソ的なところが
あるのかもしれません。
絵のタッチはまるで違いますが…

観ているほうからすると、
いつの間にか引き込まれてしまい、
あきないというか、
楽しくなってくるような絵です。

そして、
この画伯は執筆活動もされています。
その内容は、絵画はもちろん、
インド、イタリア(語)、物理、料理、
宗教、道徳など実に多岐にわたります。
つまり、
様々な分野において造詣が深いのです。

この画伯のすごさは
年をおうごとに徐々に伝わってきます。

それは、私に眼識が
備わってきたからかもしれませんが、
画伯ご本人の向上心というか
意識の高さからくるのでしょう。

もしかしたら、ご本人の意識も
年々変わっているのかもしれません。

人は第一印象で決まることもありますが、
年数が経って再会してみると、
その人の印象が
変わっていることがあります。

それは、
自分と他人の
意識の変化からくるのかもしれません。

20180223193847544.jpg

20180223194734653.jpg

スポンサーサイト

Tag:
| TrackBack:0
TrackBackURL
→http://inoino700.blog.fc2.com/tb.php/634-138c612c