FC2ブログ
昨日、英語の授業でのプレゼンの際、
教授から以下のような指摘を受けました。

フロイトが迫害から逃れるため
ウイーンからロンドンに"逃亡"
ということを表現するのに、
"defection"という単語を使いましたが、
これは、敵対する国や集団の存在が前提で
ある国・集団から別の国・集団へ逃げる際に
使用する単語らしく、この場合は
"exile"が適切だとのことでした。

また、欲望を"抑圧"
ということを表現するのに、
"depress"という単語を使いましたが、
これは、縮小を伴いながら下降させる際に
使用する単語らしく、この場合は
"supress"が適切だとのことでした。
たしかに、"de"と"su"という
各々の接頭辞からすれば納得です。

さらに、ヒットラーがオーストリアを"併合"
ということを表現するのに、
"merge"という単語を使いましたが、
これは、会社の合併の際に
使用する単語らしく、この場合は、
"annex"が適切だとのことでした。

最後に、私の発表とは無関係ですが、
”自由”を表現するにしても
無秩序下の場合が"license"
(ホッブズの『万人の万人による闘争』状態)
秩序下の場合が"liberty"だそうです。
"license"にこんな意味があったとは
驚きです‼

スポンサーサイト

Tag:
| TrackBack:0
TrackBackURL
→http://inoino700.blog.fc2.com/tb.php/659-325975fd