2018.06.06(Wed):政治活動

朝の駅頭などでの挨拶で
辛いことが4つあります。

辛くないほうからあげますと、
まず、早朝に起きること、
次に、三時間近く発声しながら
立ちっぱなしでいること、
そして、冬の寒さと夏の暑さ、
最後に、もっとも辛いのは、
挨拶をしても無視されることです。

特に、7時前や9時近くの時間帯で、
通勤・通学される方が比較的少なく、
私とほぼ一対一の状態にあるときです。

挨拶しても無視されることは
少なくありません。

私は、心をこめて
発声しているつもりではありますが、
ビジネスライクに
聞こえているのかもしれません。

あるいは、私に対する無言の
不支持表明なのかもしれません。

もしかしたら、一種の下心を
感じ取られているのかもしれません。

だからこそ、
無邪気な子らや児童のほうが
挨拶をしてくれるのかもしれません。

私が公務員として勤務していた時、
朝、挨拶をしても、
東京国税不服審判所、旧大蔵省、
東京地方裁判所の書記官・事務官室では
無視されました。
(裁判官と速記官は挨拶してくれました。
なお、私は調査官という一人役職でした)

ただ、これらのときは、
お互い挨拶しなければ
それでよかったのですが、
駅頭などの挨拶で
私が挨拶しないわけにはいきません。

こちらが挨拶をしても、
返してもらえるわけではないことは
当初から承知していたことですし、
多少慣れてはきたのですが、
精神的ダメージは理屈ではないので
なくなることはありません。

先日、ショックだったのは、
犬に敗けたことです。

どういうことかと申しますと、
ある朝、あるご婦人に挨拶をすると、
いつものように無視されたのですが、
そのご婦人は、
犬を散歩させている
別のご婦人をみつけると、
その犬に近づき
“あら、かわいいわね、
おはようございます!”
と犬に話かけたのです。

そのお二人のご婦人の会話を聞くと、
初めて会った方たちのようです。

私の挨拶が無視され、
犬が挨拶された。

これはさすがにショックでした(笑)

スポンサーサイト

Tag:
| TrackBack:0
TrackBackURL
→http://inoino700.blog.fc2.com/tb.php/672-991cca66