FC2ブログ
2018.06.14(Thu):外交・安保問題

米朝首脳会談で、トランプ大統領が
拉致問題に言及してくれた。
これは、安倍総理の米国に対する
媚びへつらい作戦の成果かもしれない。

そして、総理自身もいっているように
ここからは日朝間で解決する段階で、
まさに正念場である。

しかし日本は、
クリミア併合問題で
欧米諸国が経済制裁を科した
ロシアに対しては、
経済制裁を軽微なもののに留め、
北方領土などでも経済協力。

一方、核開発問題で
各国が経済制裁を科した
北朝鮮に対しては、
米国の虎の威を借りて圧力を継続。

このように、
世界の現行秩序を乱し、
わが国にも問題をおこした二つの国、
強いほうには媚び、
弱いほうには虎の威を借りながら
高圧的にでる日本。

特定の国に硬軟織り交ぜた外交
というのはあるが、
北朝鮮の指導者にとっては、
ここまで露骨にダブルスタンダードな
外交姿勢をとる国に対しては
いい感情は抱かないであろう。

たしかに、
トランプ大統領が拉致問題に触れた際
金委員長は解決済みの問題とは言わず
日朝首脳会談にも
応じる姿勢を見せたらしい。

ただ、当事者ではない“虎”に対しては
以上のような返事をしたとしても、
当事者である“狐”に対しては
会談したとしても、解決済みの問題だと
繰り返しいってくる可能性はある。

では、日本はどうすべきであったか。

北朝鮮に非核化をせまる一方で、
米国を始めとする核兵器保有国にも、
核兵器の“廃絶”とまではいかなくとも
せめて“削減”だけでも訴える。
これこそが、
唯一の被爆国だからこそできる
わが国ならではの役割であり、
被爆された方々の犠牲を少しでも活かし
そして、拉致問題解決のためにも
効果的な外交ではなかったのか。

それとも、引き続き
核の傘で守ってもらうためにも、
トランプ大統領の言いなりになって
北朝鮮の非核化にかかる費用を
日本が負担することになるのか…

それで拉致問題が解決するのなら、
それも選択肢の一つかもしれないが、
わが国が“国家”という体を
なさないままであることに変わりはない。

スポンサーサイト

Tag:
| TrackBack:0
TrackBackURL
→http://inoino700.blog.fc2.com/tb.php/679-5d890232