サッカーW杯
始まる前は盛り上がらないだろうと
いわれていたが、やはり
日本チームが勝てば盛り上がる。

対コロンビア戦後の
選手インタビューを聞き、
普段の練習がいかに大事であるかを
改めて知ることができた。

香川選手のフリーキック、
本田選手のコーナーキックからの
大迫選手のヘディングシュート。

どれも繰り返し練習したという。

だからこそ、あのような
見事なゴールが決まったのであろう。

コロンビア選手も、初戦で、
格下日本に勝って当たり前の状況下
かたくなっていたらしいが、
このことが、
日本のフリーキックやコーナーキックを
許したといえるのかもしれない。

しかし、
こうしたわずかな機会を逃さず、
得点できるだけの実力は
練習によって培われていたといえる。

だから、日本が
コロンビアに勝ったことは
奇跡ではないのかもしれないし、
練習が奇跡をおこしたのかもしれない。

スポンサーサイト

Tag:
| TrackBack:0
TrackBackURL
→http://inoino700.blog.fc2.com/tb.php/680-86ec8a4a