FC2ブログ
2018.07.08(Sun):防災復興・原発問題

昨日、復興の様子を見るために、
一年ぶりに福島を訪れました。

昨年は、全国の地方議員の集いに
参加させていただき、
いわき市周辺を訪れたのですが、
今回はそれより、より原発に近い
南相馬市を訪れる日帰りツアーに
参加してきました。

このツアーには、
十代の高校生から八十代の方まで
幅広い世代の方々が
参加していました。

まず、常磐自動車道を降り、
原発から数㎞しか離れていない
国道6号を走ります。

この辺は、二輪車での通行が
まだ認められていません。

今、西日本は記録的な大雨で
大変な被害を受けているところですが、
同じ日本のはずなのに
ここでは雨が降っていません。

しかし、事故にあった原発は、
雲に霞んでよく見えません。

七年前までは
日常の生活があったであろう建物
の前のバリケードも、ここ数日の
雨でぬれている気がしました。

かつての農地には、
もう農業は不可能ということで、
少しでも生計の足しになるようにと
ソーラーパネルが設置されています。

その後、南相馬の
観光ボランティアの方々から
いろいろお話をうかがいました。

そこで感じたことは、
後日、お伝えしたいと思います。

20180708112034b32.jpg
20180708111525fd3.jpg20180708111537a25.jpg
20180708111214af3.jpg

スポンサーサイト

Tag:
| TrackBack:0
TrackBackURL
→http://inoino700.blog.fc2.com/tb.php/686-0ea5d3e6