FC2ブログ
2018.07.09(Mon):防災復興・原発問題

先日、福島の南相馬市を
訪れたときのお話のつづきです。

福島の方は東北電力を利用しています。
でも、事故にあった東京電力の
福島第一原発は
首都圏に電力を供給していました。

それなのに、
東京に移り住んだ福島の方々には、
お子さんが学校でいじめにあったり、
福島から来たということを
隠しているご家族も
いらっしゃるようです。

あまりに、切ないことです。

先日、私が、東京の
江東区内で演説をしていたとき、
福島から移り住んで来たという
一人の中学生が私に近づいて来て、
こう話てくれました。

ご両親は江東区が気に入ったので、
福島には戻りたくないといっているけど
自分は早く戻りたいと…

南相馬の帰還率は7~8割程度で、
残りのみんなにも早く戻って来て
街を震災前より活性化させたいという
思いの方々もいます。

一方で、彼のご両親のような方々も
いらっしゃいます。

本当に江東区が気に入られたのなら
区民の私としては嬉しいことですが
もしかしたら、いろいろ
ご事情があるのかもしれません。

南相馬市は、
帰還困難区域と居住制限区域と
避難指示解除区域などが混在し
錯綜しているそうです。

人の心もそうなのかもしれません。

南相馬市民、福島県民、
首都圏に住む人等々…
同じ地域に住み人どうしでさえ
思いは様々です。

先ほどの例のように、
誤解が悲劇を生むこともあります。

だから、
南相馬の方々は
川崎市といった首都圏の都市
との交流も図り、
復興以上の市の活性化に
今日も汗を流しています。

20180709143437e66.jpg
20180709143419e20.jpg
20180709143102019.jpg
20180709143931636.jpg



スポンサーサイト

Tag:
| TrackBack:0
TrackBackURL
→http://inoino700.blog.fc2.com/tb.php/687-7408763a