FC2ブログ
2018.12.04(Tue):憲法・法律問題

秋篠宮さまが、大嘗祭について
憲法の政教分離の観点から、
公的予算ではなく、
天皇らの生活費に充てられる
内廷費から支出されるべき旨
先月の会見で述べられました。

そもそも天皇らが
政治的発言をしてはならないのは、
(憲法第四条第1項等参照)
天皇の政治利用を避けるためとも
されています。

ですから、天皇や皇族の方々が
○○党を支持しますとか、
消費税増税に反対しますとか、
こうした発言をしてはならないのは
理解できます。

しかし、天皇や皇室の方々が
ご自身らに関することについて、
発言するのは問題ないと思います。
今上天皇の退位のご意向についても
政治的利用でないのは明白ですから
何ら問題なかったはずです。

むしろ、宮内庁は、
皇室のことについては、
当事者である天皇や皇族の方々の
ご意向に沿うべきであると考えます。

天皇や皇族の方々も人間である以上、
必要以上に、
人権が制約されてはならないはずです。

ましてや、閣僚はともかく、
宮内庁の役人は
国民から選ばれたわけでもありません。

宮内庁の単なる役人が、
法律事項だとか、政府予算だからだと
杓子定規に政治的問題として、
当事者といってもいい皇族らの方々が
おっしゃることに
聞く耳をもたないというのは
役人による皇族の方々に対する
人権侵害であり、
まさに、これこそが
役人による天皇・皇室の
政治利用ではないでしょうか。

だからでしょうか、昨日、
会見から十日以上経ってようやく、
宮内庁の次長が
秋篠宮さまのご発言を叱責ととらえ
謝罪の意を示していました。

スポンサーサイト

Tag:
| TrackBack:0
TrackBackURL
→http://inoino700.blog.fc2.com/tb.php/727-d71177fe