新聞の読み方 | 日記
2013.02.22(Fri):憲法・法律問題
明石歩道橋事件で、強制起訴された元副署長が免訴


事実上の無罪ということで、検察審査会制度のあり方を見直すべき、
といった論調が新聞紙上で目立つ。

そもそも、起訴をするかどうか、
つまり、被疑者をわざわざ裁判にまでかけて刑罰を科す必要があるのか、
それを決める権限は検察官だけがもっている。

ただ、検察官も人間。
検察官は起訴しないと決めたけど、
こんなやつ、ほっとくのやばくねー?
と、検察官の判断の当否を審査するのが検察審査会。
検察審査会は、一般市民から無作為に選ばれた者から構成される。

この検察審査会が二回、
検察官が起訴をしないとした判断がおかしいと決めたなら、
被疑者は強制的に起訴される。つまり、裁判となる。

最近、強制起訴されても、結局、無罪となることが多いから、
この強制起訴制度、おかしんじゃねー
というのが、この制度や検察審査会の見直しを求める根拠。

しかし、それなら、最初から、
検察審査会のメンバーを法学者や弁護士などの専門家だけにすればいい話。
そうではなくて、一般市民で構成されているということは、
起訴をすべきかどうかの判断も、裁判員制度と同様、
一般人目線でやってみようという目的でもあるはず。

そこで、今回の判決をみてみる。

元副署長(以後、元は省略)を免訴(事実上の無罪)とした理由は次のとおり。

副署長には現場の統括指揮権がなかった。
現場の警官から、規制が必要である旨の報告がなかった。
副署長は、モニターなどで歩道橋内の混雑状況を直接認識できなかった。

だから、副署長は、今回のように死傷者が出ることを予見することはできなかった。
したがって、副署長に過失なし。
よって、既に有罪が確定している部下との共犯が成立しないのは言わずもがな。
共犯が成立しないので、
副署長は、時効も中断していなかったことになるので、公訴時効が完成。
だから、免訴、
ということである。

これ、管理者はある程度部下を信頼してもいいという
”信頼の原則”といわれる刑法の常識に基づくもの。

ただ、副署長に現場指揮権がないって、おかしくねー
現場警官の報告をきちんと確認しようとしなかったのっておかしくねー
自分で現場の混雑状況を見ようとなかったのっておかしくねー
信頼の原則というのが、ゆるゆるでねー

と、いったところが一般人目線なのではなかろうか?

もっと、分かりやすいのは、
部下が刑事責任を負いながら、管理者が責任を負わないって、逆じゃねー

ほとんどの新聞紙上の論調は、今の刑法の常識を前提としたものだが、
今の社会常識からすると、刑法の常識ほうがおかしんじゃねー
と問いかけることができるという意味で、
今の強制起訴制度や検察審査会には意義があると思う。

ただ、この副署長、
強制起訴された時点で再就職先を退職せざるを得なくなったという社会的制裁を既に受け、
本人も道義的責任を感じているということ。


以上、大腸の内視鏡検査のため、
3時間かけて下剤を飲み続けている間に
新聞を読んで思ったことである。

ちなみに、検査結果は異常なし。

命は、多少お金をかけてでも大切にしたい。


スポンサーサイト

Tag:
| TrackBack:0
TrackBackURL
→http://inoino700.blog.fc2.com/tb.php/85-ae645be1