FC2ブログ
2021.02.28(Sun):未分類

皆さんは小中学生の時、
50メートルを何秒で走ったか覚えていますか?

表題のタイムは、今日、
鈴木健吾選手が作ったマラソンの日本新記録
2時間4分56秒を出すために必要な
50メートルのタイム!!

しかし、
これだけの日本新記録を出したにも関わらず
1億円の報奨金制度は一年前に終了。

前澤さん、
こういう時にこそお金を使って下さいw


スポンサーサイト



Tag:
| TrackBack:0
2021.02.23(Tue):ボランティア活動

ボランティアで参加している
南砂町での小中学生との勉強会、
バレンタインデー前後はお休みでした。

そこで、先日の勉強会で、
生徒さんから、ちょっと遅れた
チョコをいただきました。

今年
私がいただいた唯一のチョコ‼
本当に感謝です。

20210223194203dfb.jpg

Tag:
| TrackBack:0

今までは、懸賞論文に入選したとか、
大学の定期試験で“優上”をとったとか
鼻のつく投稿ばかりしてきましたが、
今回はその逆‼

定期試験でついにとってしまいました
“不可”

今までも未受験で“不可”は
とったことはあるのですが、
真面目に受けてとったのは今回が初。

リモート講義を毎回まじめに聴いて、
しかも録画ももう一回見直して、
もちろん、ノートもしっかり取って、
さらに、試験もリモートなので、
ノートや本、ネット何でも参照でき、
解答後も手応えはあったのに
“不可”

きっと、
最低ここはおさえておかないといけない
というポイントを外したのでしょうね…

20210214130358986.jpg

Tag:
| TrackBack:0
2021021216263012e.jpg


Tag:
| TrackBack:0
2021.02.10(Wed):わたしの信条

オリパラの主役は、
このために日々血のにじむような
努力を重ねてきた
アスリートだと考えています。

ただでさえコロナ禍で
開催が不安視されている中、
森会長の発言は、
その開催をさらに難しいものに
しているのではないでしょうか。

だから、
森会長が辞任しないことは、
アスリートにとっては、
不安要因でしかないでしょう。

また、
問題は国内にとどまりません。
日本という国に、
はたして自浄能力があるのかどうか
世界から試されている気がします。

二年間という短い期間ですが、
自身の海外生活から感じたのは、
性差別や人種差別が
想像以上にデリケートな問題
であるということです。

森会長が辞任しなくとも、
オリパラは開催されるかもしれません。

しかし、それは
世界から歓迎されたものではなくなり、
それはアスリートにとっても気の毒です。

問題はそれだけにとどまりません。
日本は性差別を許す自浄能力のない国
というイメージできあがり、
コロナが収束したとしても、
日本に幻滅したがために
海外から観光に訪れる人が
少なくなるかもしれません。

そしてさらに深刻なのは、日本は、
これも一種の偏見にはなりますが、
性差別を許す自浄能力のない国である
と将来にわたり世界から見られ続け、
これまで培ってきた信用を失い、
信頼もされなくなるということです。

それが海外に進出している日本企業や
海外で活躍しようとしている
日本人の足かせとなることでしょう。

だからといって、
森会長にものを言える人は
国内にはいなさそうです。
私も組織に属していたので分かります。

そこで、
森会長の発言は完全に不適切である
との声明を出したIOCの会長であり、
そして、マブダチとされるバッハ氏に
裏から森会長の辞任を促してもらう
と、これまでのように外圧でしか
変えられないのではないかと思います。


Tag:
| TrackBack:0
2021.02.08(Mon):経済・税金問題

昨年、税に関する懸賞論文に
入選した旨申し上げましたが、
先日、
選考委員の方の講評も載せられた
入選論文集が自宅に届きました‼

この論文は昨年春の緊急事態宣言時に
作成したものですが、
よくここまで調べて執筆できたなと
今となっては感じます。

あっ、賞金の十万円は
もちろん確定申告ずみです。
マイナンバーで捕捉されていますので(笑)

20210208080929640.jpg
202102080809466ef.jpg20210208080958e80.jpg
20210208081014bd9.jpg




Tag:
| TrackBack:0
2021.02.06(Sat):他政党のやり口

ポケットに突っ込んでいた
スマホを見ると、
地元警察から着信あり!

悪いことをした覚えはないが、
ドキッとするものである。

恐る恐る返信してみると、
切り裂かれた私のポスターを
近くの住民の方が、わざわざ
警察に届けてくれたとのこと。

緊急事態宣言下、
最近はポスターの見回りが
できていないのだが、
この方には本当に感謝しかない。

プライバシーの問題から、
その方がどなただったのか、
そして、どこのポスターが
切り裂かれたのか、
分からずじまいだったが、
ポスターを切り裂く輩がいる一方
このように心優しい方も
いらっしゃるというのは、
誠にうれしい限りだ。

202102060837408c5.jpg
(これは緊急事態宣言前に
 被害にあったポスターで、
 もちろん自分で回収しました。)

Tag:
| TrackBack:0

企業経営者らが経営倫理を学び
実践する場である倫理法人会、
先日、そのモーニングセミナーに参加し
元代議士の方の講話を聴いてきました。

お題は“危機管理”

自然災害や原発事故、テロなど
未曾有の出来事に対し、
決まった答えが用意されていない中
私たちや政治がどう対応すべきか。

こうしたお話しをうかがって
思ったことは、
決まった答えがないからこそ、
人は自分の価値観を基準に
判断しがちになる。

決まった答えはなくとも、
子どものしつけのように
家庭内で収まる問題はまだしも、
例えば、昔でいえば明治維新、
今でいえばコロナ問題のように
社会全体の問題となったとき
それぞれの価値観がぶつかり合う。

今通っている大学の学部にも、
日本、東アジア、アメリカ、ヨーロッパ
各々の政治外交史の講義があるが、
過去の人たちは未曾有の出来事に
どのように対応してきたのだろうか。

もちろん、
現代とは時代背景は異なるのだが、
そこを意識しながら政治外交史を
学ぶことにも意義はあろう。

なぜ勉強をする必要がるのか?
よくある疑問だが、
これにも決まった答えはない。

それぞれが勉強に意味や意義を見出す。

これが私なりの答えである。


Tag:
| TrackBack:0

都市圏では
緊急事態宣言が延長されるのでは
といわれいていますが、
特に飲食業を営む方々にとっては
死活問題でもあることから、
延長になったらたまったものではない
そんなふうに思っていらっしゃる方も
少なくないかもしれません。

コロナ問題の深刻さは、
介護に特有の問題と同じく、
出口が見えない
こんなところにあるのだと思います。

そんな今、
私もステイホームを心がけてはいますが
少しでも飲食店の売上に貢献しようと、
知り合いの方が経営している居酒屋に
先日、夕飯を食べに行きました。

訪れたお店は、都営新宿線大島駅の
地下飲食街にある『串焼き処 じま』

私が下戸なのをご存知だったマスターは
水をジョッキで出してくれたのですが、
さすがにそれは悪いと思い、
ウーロン茶を注文しました。

そして、この日いただいた定食は、
“辛ニラ塩そぼろ丼”

辛さと塩加減が
いいあんばいのお味で食欲が進み
栄養バランスもとれた一品です。

お酒を飲みながら食べても
いいかもしれません。

本当は、店名にもあるように、
串焼きが名物でして、種類も豊富です。

ただ今回、私は
定食でお腹いっぱいになったので、
串焼きはいただきませんでしたが、
他のお客さんが食べているのを見たら
やっぱり美味しそうでしたね。

あっ、私はカウンターで一人
黙々と食べていました。

現在、夜8時で閉店ですが、
お近くにお住まいの方も
一度訪れてみてはいかがでしょうか。

20210128180004fa9.jpg

Tag:
| TrackBack:0

私は中学時代
『大島クラブ』という地元野球チーム
に所属していたのですが、
その後輩が『福太郎』という
居酒屋を経営しています。

私はお酒が飲めないので
売上に貢献できていなかったのですが
最近は、店頭販売のお弁当に
お世話になるようにしています。

通常のお店メニューも美味らしく、
よって、お弁当の味もグッド‼
お値段も五百円とリーズナブルです!

お弁当の種類も豊富ですが、
特に唐揚げ弁当はボリューミーで
おすすめです。

今まではお昼のみだったお弁当販売、
緊急事態宣言下の時短営業で
売上が減少しているということで、
最近は夕方も始めたそうです。

場所は新大橋通と丸八通りの交差点、
都営新宿線『大島駅』エレベーター
降りてすぐのところです。

飲食店だけなぜ時短要請されるの?
という声もありますが、
自分なりに協力できるところは協力して
みんなでコロナ禍を切り抜けていければ
と思っています。

お近くにお住まいの方も
機会がございましたら、
是非一度、寄ってみて下さい。

20210116125936f60.jpg
20210116130136082.jpg


Tag:
| TrackBack:0

今月は、自身が通う
大学の定期試験があるので、
(講義も試験もオンラインです)
緊急事態宣言下、
一日中試験勉強をしております。

そして、息抜きには、
『鬼滅の刃』の音楽、
『炎』と『竈門炭治郎のうた』を
You Tube で繰り返し聴いています。

どちらもメロディーで
なんとなく切ない気持ちになりながら
歌詞で元気づけられています。

すると、なんと、
FBでお友達にさせていただいている
親子が、煉獄と胡蝶に扮しながら
バイオリンとピアノで
『竈戸炭治郎のうた』を演奏している
チャンネルがあるではないですか‼

バイオリンを演奏しているのは
8才の女の子ですが、
一生懸命練習して演奏している姿には
心打たれます。

ピアノ演奏のお母様のほうもそうですが
一生懸命に取り組んでいる姿が
この音楽にもマッチしていて、
心癒されます。

そして、何よりも、
これはコロナ禍で演奏発表会がなくなった
お子さんのためにつくられたもので
親御さんの愛情も伝わってきます。

みなさんも、お時間がありましたら
聴いてみて下さいね‼

https://l.facebook.com/l.php?u=https%3A%2F%2Fm.youtube.com%2Fwatch%3Fv%3D4okNCoUJ32M%26feature%3Dyoutu.be%26fbclid%3DIwAR3CrcAGEc9nm8kMPTklJ2JH6-rkGMBpFuiNf5UxhYYfA_j-sG5blHyg7MM&h=AT1YG3wJjItRsTpCXCv5X6HlFP3z5z_rvOY8mLHKMNcrztXwZnln33pRpBDowyRSuIsdTJljo1ACSA2velvjJEGsmA0aUk0QM1a5G61MiGs14RGmJheCCHN1vyRYEhF7yBIULA
Tag:
| TrackBack:0
2021.01.06(Wed):政治活動

自身が通う大学のとある講義で、
提出期限が今月5日という
鬼のようなレポートが課されていたので
年末年始は、連日、
レポート作成に追われていました。

そんなレポートも無事提出できたので
6日から活動を再開しようと
思っていたのですが、
首都圏一都三県で、間もなく
“緊急事態宣言”が出るとのこと。

今年の秋までには
必ず選挙があることを考えると
一日でも早く
活動を再開させたいのですが、
心筋梗塞や脳卒中といった
コロナ以外の患者さんが
集中治療を受けられなくなるほど
医療体制がひっ迫していることから
“緊急事態宣言”が解除されるまで
活動を控えることにしました。

中には、
自分の周りには感染者がおらず、
自分がコロナに感染したとしても
高齢者ではないから大丈夫だろう、
近くの病院も
ひっ迫した感じではないから
普段通りに活動するよ
という方々もいらっしゃるでしょう。

ただ、都内では、
一日千人以上の陽性者が出ることが
珍しくなくなり、
それより何よりも、これ以上
コロナ患者が出てほしくないという
医療従事者や保健所職員の方々の
切なる思いにこたえためにも、
感染リスクを少しでも減らすべく
活動を控えることにいたしました。

それに、これくらいの我慢は、
度重なる時短営業を要請され
生活に困窮するかもしれない
飲食業を営む方々に比べれば
何でもありません。

自分の行動がめぐりめぐって
重症患者を出すかもしれない
そして、時短営業の要請期間を
長引かせてしまうかもしれない
そんな想像力を働かせてきたい
と、私は思います。

命あってこその経済再生です。


Tag:
| TrackBack:0
2020.12.31(Thu):ボランティア活動

以前にも紹介しました
亀戸にお住まいの本間豊隆さんは
地域のお子さんや親御さんの
交流を図るべく、
子どもの遊び場などを提供する
活動を続けております。

その一環として、この冬休み、
お子さんの孤食や偏食、欠食に
対応すべく、
保存料や着色料を使用していない
亀戸升本のお弁当を
300円で提供しております。

私も、先日、受付のお手伝いを
させていただきました。

お弁当だけでなく、
この活動を協賛している
路地裏酒場『仲よし』や亀戸梅屋敷さん
提供のお菓子なども配布しています。

年明け元旦と2日と両日とも、
午前10時(受付は同9時半)から
亀戸4-21-18の集会場で
配布しておりますので、
お近くにお住まいの方は
お時間がございましたら
是非いらしてみてください。

ただ、今回は、
実際のお受け取りは親御さんでも
お弁当はお子様(各日75名)分のみ
とさせていただきますので、
ご了承くださいませ。

それでは、みなさん、
よいお年をお迎えください。

20201231123007983.jpg20201231123110f25.jpg
20201231123617816.jpeg
202012311439391d8.jpeg


Tag:
| TrackBack:0
2020.12.30(Wed):ボランティア活動

ボランティアで参加している
南砂町での勉強会で、
小1から中2までのお子さんらと
週一回いっしょに勉強しています。

昨日は今年最後だったので、
勉強のあと
ナポリタンやおでん、パンケーキを
みんなでいただきました。

そして、私にとってのサプライズは
子どもたちからの感謝の気持ちが
綴られたカードのプレゼント‼

文章や絵を
一生懸命考えて書いてくれたのが
伝わってきて、本当に感激ものです。

実際、テストの点数が上がった
という話を親御さんからうかがうと、
自分のやる気も
ますますわいてくるのですが、
こうした子どもたちの気持ちを
受け取ることで、また一味違った
感動をいただくことができました。

このような労いの言葉や気持ちは
職場でも本当に大切だと思います。

自身が四半世紀、公務員として
勤めてきた様々な職場の中で
上司が部下に労いの言葉かける
そういう雰囲気というか習慣は
国際機関(OECD)以外では
ほとんどなかったのですが、
普段の勤務への感謝の一言
それだけでも
社員のやる気はまったく違ってくる、
私はそう思いました。

20201230071335dfc.jpg20201230070356bf1.jpg
20201230103643ee7.jpg20201230071154604.jpg
20201230070915aac.jpg20201230071057823.jpg
20201230071115363.jpg20201230071057823.jpg
202012300713558ca.jpg20201230070436153.jpg
202012300711373c3.jpg
202012300712599b5.jpg
20201230070825672.jpg202012300708416ef.jpg
20201230070803636.jpg20201230070534aa0.jpg










Tag:
| TrackBack:0

私の住む団地には
“カフェ06”という喫茶店があります。

これは通常の喫茶店とは異なり、
団地の居住者や学生さんなどの
ボランティアスタッフで運営される
コミュニティカフェと呼ばれるもので
ご高齢の方、子育て中の方、外国の方
など孤立しがちな方々が
気軽に立ち寄って交流できる場所として
この9月にオープンしました。

特に一人で来られたお客さんには、
スタッフのみなさんが積極的に、
しかしあまり出しゃばり過ぎないよう
絶妙な距離感を保ちながら
話かけるようにしているようです。

絵画など店内のインテリアも
寄贈されたもので、
とてもオシャレな雰囲気のカフェです。

ソフトドリンクの他、
ピザやサンドイッチ、カレーといった
軽食が巷より若干安い価格で
味わうこともできます。

スタッフの方々ははいわゆる素人なので
注文や飲食の提供に不慣れなところが
ありますが、これもご愛敬。

このようにオシャレで
下町の雰囲気もあるカフェ、
みなさんも、是非一度お立寄り下さい
と、締めくりたかったのですが、
そんなカフェも、コロナ禍の中、
いったん休止となりました。

終わりが見えなだけに
非常に悩ましく深刻なコロナの問題。

でも、
終息する日は必ず来るはずです。

20201225172249102.jpg
20201225172215db0.jpg
20201225172258644.jpg
20201225172230fab.jpg
20201225172240282.jpg



Tag:
| TrackBack:0
2020.12.22(Tue):ボランティア活動

先日、サンタの恰好をさせられ(笑)
東京江東区は北砂~大島を
二時間半かけゴミ拾いをしてきました。

サンタの恰好といいましても、
ご覧のとおり青色をした
“ブルーサンタ”というものです。

“ブルーサンタ”は4年前から、
本来は海の日に、全国的に
催されているイベントですが、
今年はコロナ禍で、7月に
できなかったところが多かったため
この12月にも行われたのです。

そもそも“ブルーサンタ”とは、
海のゴミの約8割が街や川から
流れてきたものとされていることから
海を現す青色のサンタに扮して
ゴミを拾うことで海洋汚染を防ぎたい
そんな目的で始まったものです。

このイベントは
時間指定というわけではありませんが
私の場合、二時間半かけたので、
ともにゴミ拾いをしたメンバーは、
写真のとおり、私含め少数名のぞき、
入れ変わっていったのでした。

みなさん、本当にお疲れ様でした。

2020122013193865b.jpg
202012201319059fa.jpg
202012201314365c6.jpeg
20201220132001bf0.jpg
20201221185614da1.jpeg


Tag:
| TrackBack:0
2020.12.19(Sat):経済・税金問題

一か月ほど前、
Ub〇Ea〇のような配達員らの
適正な納税をいかに担保するか
こうしたテーマで
税に関する懸賞論文に入選した旨
投稿いたしました。

本来であれば18日に表彰式典が
行われる予定だったのですが、
コロナ禍で中止になってしまい、
代わりに
表彰状と賞金の支払調書が
自宅に郵送されてきました。

式典が中止になったのは残念ですが、
こうして賞状を手にしてみると
改めて、
うれしさがこみあげて参りました。

なお、私の論文は
以下のリンクからお読みいただけます。
(前回のは誤字脱字があったので、
 今回のはこれを修正したものです。)
https://drive.google.com/file/d/1f1S6HBVNswkdBx_xu9bQCoCe9E9pCl5N/view?usp=drivesdk

202012181706017f5.jpg
20201218170653de5.jpg


Tag:
| TrackBack:0

一年以上前、元WBA世界ライトフライ級王者
渡嘉敷会長が、東京オリパラ時に街を見守る
団体“勇者の会”を立ち上げたことを
紹介いたしました。

それから
活動をより持続的で広範囲なものにすべく
現在は元格闘家たちだけでなく、
地方の政治家らも巻き込みながら、
いじめや児童虐待、ストーカーなどで
悩む人たちの相談にのるなどして
問題解決に取り組む活動を、一部地域で
実際に行政と連携しながら行っています。

将来的には、家庭の事情で
教育を十分に受けられない子供の才能を
引き出しつつ夢も持ってもらうような
ことまで手掛け、
活動地域も徐々に広げたいとのことです。

そもそも私が
渡嘉敷会長とお知り合いになったのも、
出身の第二大島中学校の後輩で
格闘家の 酒井 秀信さんの
紹介によるものでしたが、
この酒井さんが住む江戸川区でも
活動を始めていこうということで、
地元政治家の 神尾 てるあき先生と
その後援会長の 香取 久之さんと、
そして、隣の江東区にいるのなら来い、
ということで私もお呼ばれされ、
昨晩、打ち合わせ(?)をしてまいりました。

なお、写真では蜜になっておりますが、
飲食時は一人分間隔を空け座っていました。

131102663_215148260146094_6457435683087257732_n.jpg
130988093_1519762268214212_4662569170300207177_n.jpg


Tag:
| TrackBack:0
2020.12.13(Sun):わたしの信条

新型コロナウイルスの陽性者、
そして重症患者や亡くなられる方の
数が再び増加傾向にあります。

したがいまして、所によっては
医療体制はひっ迫してきており、
医療従事者の方々も
心身ともに限界に近い状態にある
とも報じられております。

しかも、
コロナ患者に対応すればするほど
病院経営は苦しくなり、
よって、多くのところで
ボーナスも減額されるとのことです。

一方、国会議員のボーナスは310万円

もちろん、内閣の一員として
コロナ対応で身を粉にして働いている
国会議員もおりますが、一方、
秋元議員や河合夫妻両議員のように
先の国会に一度も出ず、
310万円のボーナスを満額
受け取っている議員もおります。

その他の国会議員にしましても、
与野党含め、
特に国会が閉会している今、
いったい何をしているのでしょうか?

何かしているとしても、それは
巨額の歳費やボーナスに見合うだけ
私たち国民のため、
特にコロナ禍で苦しむ国民のために
何かしてくれているのでしょうか?

確かに国会議員にも役割分担
というものがあるのでしょうが、
巨額の歳費やボーナスを
医療や介護に携わっている方々、
時短営業などで苦しむ事業者らに
少しでも回すくらいのことだけは
できますれば、していただきたい
と思うのであります。

もちろん、金額からいっても
それで実際に問題が
解決されるわけではありません。

しかし、国会議員らは、
自らの収入を減らすことで
コロナ禍で苦しんでいる方々の
思いを少しでも共有しようとする
そんな姿勢を国民に示すだけでも
いいのではないでしょうか。

そして、
そんな苦しい思いを共有して初めて、
国会議員も進んでコロナ対策のために
巨額の歳費やボーナスに見合う働きを
きっと、私たちに
見せてくれることでしょう。


Tag:
| TrackBack:0
2020.12.08(Tue):ボランティア活動

十日ほど前になりますが、
またまた、東京江東区は亀戸で
ゴミ拾い活動に参加してきました。

今回の活動場所は、
東武亀戸線という2両編成の
車掌のいないワンマン電車が走る
5駅しかない全長3km余りの
牧歌的な路線の周辺です。

ただ、実際活動したのは
亀戸駅付近だけだったのですが、
この駅に近い踏切を渡ろうとした際
お散歩中の
保育士さんと園児らに会いました。

電車が来る気配は
全くなかったのですが
「カンカン鳴るの待とうか」
「何色の電車が来るかな?」
といって立ち止まっていました。

おそらくは保育士さんが園児らに
電車を見せてあげたかったのと、
また、踏切を渡るときのマナーを
教えたかったのかもしれません。

ちなみに、
亀戸線には赤、黄、緑の信号色と
白色の計四色の車両があり、
一日にこのうち三色の電車が
走っていることが多いのです。

さて、私は
そんな園児らを後目に踏切を渡り
線路内に落ちていたゴミを
届く範囲で拾っていったのですが、
本当はがっつり線路内に侵入して
全てのゴミを拾いたいくらいでした。

踏切を渡り終わった後も、
何色の電車が通るのか、そして
園児らはどんな反応をするのか
気になった私は、しばらく
踏切の近くにいることにしました。

すると、一分ほど経ったら
“カンカン”と踏切が鳴り始めました。

そして、私と園児らとの間を
東武亀戸線が大きな音をたてながら
あっという間に
通り過ぎていくのでした。

20201208114146b73.jpg20201205142839220.jpg
202012051428585bd.jpg
20201205142409018.jpg
20201205142329bf1.jpeg


Tag:
| TrackBack:0
2020.12.03(Thu):未分類

先日、江東区森下の福泉茶店さんで、
“ハードパンチャーしんのすけ”こと
矢熊新之助先生によるジャグリングの
ミニレッスンを受けてきました!

コースはいくつかあったのですが、
私は皿回しを教わりました。

先生のご指導のおかげで
短時間で回すことができるようになり、
お皿を上空に投げて棒で受け止める
ということまでできました‼

最後は、参加者みんなで
回った皿をリレーして終了です。

レッスン後は福泉茶店さんで
おいしい日本茶をいただきました。

ところで、
このお茶屋さんでは“東京コーラ”
という緑茶コーラを販売しています。

もちろん原材料には
緑茶が含まれていて、しかも無着色。
それでいてコーラ炭酸飲料です。

“驚きのテイスト”と銘打っていますが、
気になる方、是非、ご賞味下さいませ。

20201203170834580.jpg202012031628237e4.jpeg
20201203162748b0f.jpeg
20201203162807c16.jpeg


Tag:
| TrackBack:0
2020.11.29(Sun):政治活動

昨日、
北砂アリオ前で演説をしていると
女子高生が不意に声をかけてきた。

これからバイトにいくという。

そして、
温かい一本の缶コーヒーを
差し出した。

バイト代で買ったらしい。

断ろうにも断れなかった。

いつも応援しています
そういって彼女は
アリオに向かった。

どうしても飲めなかった私は
ポケットに差し込んで
カイロ代わりにした。

温かった

そして、冷めた今も
飲めないでいる。

20201129071132071.jpg

Tag:
| TrackBack:0

先日「劇場版『鬼滅の刃』 」
を観てきました!
もちろん(?)学生料金で(笑)

私の場合、テレビ放映されたアニメに
影響を受けた“にわか”というか、
ミーハーである上、
コミックを読んだこともないので、
詳しいことはよく分かりません。

ただ、アニメや映画を観た限りの感想を
以下に綴ってみたいと思います。

【以下ネタバレ注意!】

一言でいうと、
今までのアニメと比べると、
現実の厳しさも見せていると感じました。

それは、
ヒーローが実力以上のものを発揮し
奇跡を起こして敵を倒す
ということがないという点です。

例えばテレビアニメでは、炭治郎は、
“円舞”という奥の手を使っても
蜘蛛鬼の累を倒せず、
(従来のアニメならここで決着か)
水柱の冨岡に助けられています。

また映画でも、火柱の煉獄は
結局、上弦の参の鬼を
倒すことができませんでした。

しかし、
誰にも実力を伸ばす可能性があることも
ところどころ示唆されている気もしました。

例えば、煉獄は上弦の鬼と対戦中、
まだ肉体的にも最盛期ではないことを
その鬼から指摘されています。

ただその一方で、
その実力をつけていくのも容易ではない
ことも示されていたと思います。

例えば、テレビアニメでは、
柱になるためには
血のにじむような鍛錬を要することを
親方様が炭治郎に伝えています。

映画でも、
炭治郎が呼吸で怪我を治そうとした
シーンがありましたが、
それができるのが柱への一歩ではあるが
柱になるためには一万歩必要であると
煉獄から言われています。

相当の努力を重ねて実力をつけない限り
高い目標を達成することなどできない、
奇跡ではものごとを解決できない、
そんな教訓めいたことを
このアニメから感じ取りました。

さて、話はガラリと変わりますが、
十億円年末ジャンボが発売中です。
夢を買うことができるというのが
宝くじのだいご味ではありますが、
日々何の努力もせず、
こうした奇跡ばかりに賭ける人がいれば
炭治郎の爪の垢でも煎じて飲みましょう(笑)

20201122114807f0f.jpg
20201122114743dad.jpg
20201122114842337.jpg


Tag:
| TrackBack:0

私は経営者でも何でもないのですが、
一昨日の勤労感謝の日に、
倫理法人会の都内はとバスツアーに
ゲストとして参加してきました。

Go To トラベルを利用したもので、
大森海苔のふるさと館、
アクアパーク品川、
東京タワーに訪れ、最後は
九段のホテルでブッフェランチを
堪能してまいりました。

どこも入場制限などがあったので
休日でも人混みはなく、
人生初のイルカショーも
余裕で見ることができました。

東京タワーは約40年ぶりでしたが
メインデッキと高さが変わらない
ビルが周りに多く建ち並んでいて、
圧倒的な高さを感じられず、
隔世の感がありました。

どの場所も、一人では
なかなか訪れないところだったので
とても有意義な休日を過ごせました。

一方、こうしたGo To 〇〇を
利用できずに医療現場で働いている
方々もいらっしゃいます。

他方、私が訪れた施設やホテル、
はとバスで働いている従業員、飼育員、
料理人などもいらっしゃいます。

みなさん、生活がかかっています

新型コロナウイルスについては、
いろいろな方々がいろいろご意見を
お持ちでしょうが、少なくとも
医療現場で働いている方々の声には
真摯に耳を傾ける必要はありそうです。

政府の音頭も必要なのでしょうが、
私たち一人ひとりが率先して
感染拡大防止に努めることが、
勤労者みなさんの生活を守るためにも
必要なのではないかと考えさせられた
まさに勤労感謝の一日でした。

20201125135614cc0.jpg20201125135635d3e.jpg
202011251356530a0.jpg20201125135726963.jpg2020112513570986b.jpg
2020112513575203a.jpg
202011251343028f4.jpeg






Tag:
| TrackBack:0
2020.11.20(Fri):経済・税金問題

ある日、青信号になった
横断歩道を渡ろうとしたとき、
右から、車道を走るUb〇r Ea〇sの
自転車が突っ込んできて、
私の前を通りすぎていきました。

その際“チッ”と舌打ちされました。

彼にとって赤信号はどうでもよく、
とにかく横断中の私が
邪魔だったのでしょう。

この手の配達員の信号無視は、
この他にも数多く見てきました。

そのとき私は考えました。
交通ルールを守れない者が
納税ルールも守れるのだろうか?

配達員が確定申告しなかったら、
彼がどれだけ稼いだのか
税務署は分かるのだろうか?

しかもUb〇r Ea〇sのような会社は
外資のことが多いから、その会社から
配達員の情報も入手しにくいだろうし

それなら税務署は、どうしたら
配達員から税金をきちんととれるのか。

そんなことをテーマにして、数か月前
ある懸賞論文に応募していました。

そして、先日、
入選の知らせがありました。
これで賞金十万円ゲットです!

配達員にとっては
はた迷惑な話かもしれませんが
これこそ舌打ちの10万倍返しです(笑)
(↓このリンクから論文をお読みいただけます)
https://drive.google.com/file/d/1f1S6HBVNswkdBx_xu9bQCoCe9E9pCl5N/view?usp=drivesdk
2020111720113643f.jpg

Tag:
| TrackBack:0
2020.11.14(Sat):政治活動

先日、街頭演説をしていた際、
ちょっと離れたところで、
二人のお子さんを前後に乗せ
電動自転車をこいでいたお母さんが
スローモーションのごとく
ゆっくり倒れていくのが見えました。

“大惨事”が私の脳裏をよぎりました。

チャイルドシートから投げ出された
二人のお子さんが大けがをして
泣き叫ぶ様子が…

が、案の定、横にゆっくり倒れた後も、
泣き叫ぶ声は聞こえてこず、
ただ、重い電動自転車を起こそうと
必死になっているお母さんの姿が
遠くに見えただけでした。

私も演説を中断して
起こすのを手伝いに近くに寄りました。

すると、前の席にすわっていた
おにいちゃんのほうは
何事もなかったかのように冷静に
すくっと席から離れ立ち上がりました。

後ろ席のおチビちゃんのほうはというと
シートベルトをしていたため
そのままケロッとした感じで
横に倒れたまま座っていました。

おそらくは、チャイルドシートが
多少のことがあっても
子どもがけがしないような
材質・構造になっているのでしょう。

私が小さかったころ、
おじいちゃんがこぐ自転車の後ろに
またいで乗ってい際、
“足が車輪に絡まらなければいいけど”
と子どもながらに思っていた矢先、
やはり絡まって泣きさけんだという
思い出がよみがえってきました。

自転車、進歩しています。


Tag:
| TrackBack:0
2020.11.10(Tue):ボランティア活動

わが母校の城東高校の横を通り、
JR亀戸駅近くの京葉通りに出る
緑に囲まれた道“緑道”があります。

この道は、かつて
都電・路面電車が通っていた跡です。

幼かったころ、
亡父とここから都電に乗って、
東映マンガ祭りやゴジラ対○○を観に
錦糸町の楽天地まで行ったものです。

“デビルマン対マジンガーZ”という
アニメ映画が当時あったのですが、
どちらが勝つのだろうと
ワクワクした気持ちで観に行ったら、
共に協力して敵を倒すという内容で、
子どもながらに騙されたと思った
記憶があります。

そんな思いでのある緑道で、先日、
清掃活動をしてまいりました。

他の場所と大きく異なる点は
ゴミよりも落ち葉が大量にあることです。

他の場所では吸殻や紙くずを一つ一つ
トングでつまんで拾っていきますが、
ここでは落ち葉とゴミを一緒くたに
ドサッとゴミ袋に入れていきます。

吸殻やゴミ自体の量は
他の場所と比べると少なめです。

やはり緑があると、
ポイ捨てしづらくなるのでしょうか。

202011101709047c4.jpg202011101708246ad.jpg
20201110170304f84.jpg


Tag:
| TrackBack:0
2020.11.07(Sat):ボランティア活動

東京江東区は亀戸と南砂町で
小中学生を対象とした無料の
勉強会が開かれているのですが、
私もこの二か所で勉強のお手伝いを
させていただいております。

亀戸のほうはコロナ禍の影響で
お休み中ですが、
南砂町のほうは先日感染防止策を
とりながら再開しております。

具体的には部屋の換気を行い、
消毒、マスクもしながら、
子どもがプリント教材に取り組み
私がそれを採点・添削をするなど
お互い物理的距離をとりながら
(こころは至近距離w)
みんな楽しんでやっております。

二時間近くお勉強した後は、
各自持参のお弁当やパンを
ほおぼりながらの
リラックスタイムです。

この勉強会が中断する直前の
今年の二月のバレンタインデー、
私はここの生徒さんからチョコを
もらっていたのですが、
中断により、ホワイトデーの
お返しができずじまいでした。

そして、半年以上も経った先日、
ようやくお返しができたのです。

もし、お子さんをこの勉強会に
参加させてみたいという親御さんが
いらっしゃいましたら、
メッセージにてご連絡ください。

毎週金曜の17時~21時ですが、
この時間帯であれば、
途中の入退出は自由ですよ!

202011070715522df.jpg
20201107074756e53.jpg
202011070904363ae.jpg
202011070718103cc.jpg



Tag:
| TrackBack:0

先日、普段お世話になっている
刀剣研師の臼木先生と
そのお弟子さんによる
刀剣研磨の実演が深川江戸資料館の
伝統工芸展でありました。

研磨には複雑な工程があるようでして
刀にもよりますが、一本につき
百時間近くかかることもあるそうです。

しかも、この日の実演でも実際、
一作業終わると相当汗をかかれていて、
かなりの“集中”力を要することが
うかがわれました。

刀というと、
まさに今話題の「鬼滅の刃」のように
武器としての面を思い浮かべがちですが
美術品や神器としての面もあるようでして
神器だからこそ、鬼を切るものとして
アニメでは描かれているのかもしれません。

鬼はさておき、人を切ったりすると
かなり刃こぼれしてしまうそうでして、
武器としての刀は切るためのものというより
打撃用ともいえるのかもしれません。

また、刀をふられると人は本能的に
身を守ろうとして手を差し出すので
指が切られることが多く、
160年前の桜田門外の変や
3年前の富岡八幡宮での事件でも
指がかなり落ちていたらしいです。

さて、写真にあるように、
市松模様のマスクをしていったところ、
他にも同じマスクをした方々もおり
ちょっと気まずかったのですが、
その方にこの写真を撮ってもらいました。

ちなみに、臼木師匠は
「鬼滅の刃」をご存知なかったようです。

20201105124411806.jpg20201105124438609.jpg
202011051245071b8.jpg20201105124527722.jpg
20201105131644af8.jpg202011051245450b7.jpg





Tag:
| TrackBack:0

私が時折着けている絵柄のマスクは
亀戸天神の近くにある飲食店
“EAT CAFE ANZU”さんで販売している
手作りマスクです。

昨日、新しいマスクを購入すべく
このお店に行ってきました。

このお店は、
喫茶店というには料理や飲物の
ラインナップが充実したお店で、
アルコールも楽しめます。

写真は、日替わりランチですが、
どの料理も美味しいだけでなく
栄養バランスもとれていて、
お店の方の真心が伝わってきます。

さらに、他のお店にはない特徴は、
一か月ごとにかわる
このお店オリジナルの塗り絵を
楽しむことができることです。

できた作品は店頭に飾られ、
一月に一度選ばれる優秀作品には
何かもらえるようです。

私は選ばれたことがないので
何がもらえるか分かりませんが…

みなさんも亀戸におこしの際は
このお店で飲食をしたついでに
塗り絵も楽しんで
優秀作品を目指してみませんか。

20201103064310647.jpg

Tag:
| TrackBack:0
2020.11.01(Sun):ボランティア活動

以前も紹介いたしましたが、
別々の保育園や小学校に通う
お子さんや親御さんが交流する場
“かめっこほーむず”を
東京は亀戸で提供する活動を
なさっている本間豊隆さん。

昨日もハロウィンということで
公園に、射的、ヨーヨー釣り、
玉入れ、スーパーボールすくい
といったおもちゃを用意し
近所の子どもに遊んでもらいました。

そして、近くの公民館の部屋でも、
子どもたちは、玩具で
綿あめやポップコーンを作り
飲食を楽しんでいました。

私も、検温や射的場の整備といった
お手伝いをさせていただきながら、
よそ様のお子さんなので、また当然
保育士といった立場でもないので、
ただ、かわいくてしょうがないという
おそらくは、おじいちゃんにも似た
感覚で子どもと戯れていました。

そして、時折、ポテトサラダ、唐揚げ、
肉じゃがなどを提供してくださる
近くの居酒屋“仲よし”さんで、
先日は、本間豊隆さんと交流している
仲間が集う機会もありました。

そこでは、本間さん手作りの
出席者お一人お一人にちなんだクイズや
出席者を紹介する映像などもあって
披露宴のような様相を呈していました。

私も含め、
自分のことしか考えがちな人が少なくない中
これだけ他人に興味を持ち尽力できる方には
本当に頭が下がります。

2020110109430462d.jpg
20201101082729777.jpg
20201101081842cb2.jpg20201101082446c23.jpg




Tag:
| TrackBack:0

私の出身校である第二大島中学校の後輩で格闘家の酒井 秀信さん、
同じく自営業者のYoshihisa Yazakiさん、そして
先日の朝の駅頭活動に応援にかけつけてくれた
タレントの長井秀和さんらと西大島の唐揚げを堪能して参りました!

20201025103110336.jpg
20201025103133b18.jpg


Tag:
| TrackBack:0
2020.10.17(Sat):ボランティア活動

JR亀戸駅北口前には花壇がありますが
まず目についてしまうのは残念ながら
花壇の中や周辺に落ちているゴミであり
いつも多くの方が拾って下さってます。

私も時折拾っていることは
何度か投稿してきましたが、
今回はゴミ拾いの話ではなく、
花壇の主役の花や植物たちのことです。

私も、この活動に参加する前は
知らなかったのですが、
ボランティアの方々が定期的に
枯れた植物を処理しつつ
新しい季節の花を植えているのです。

以前は、この花壇にある花や植物が
季節ごとに変わっていることには
気がついていましたが、正直、
その理由については
あまり気にとめていませんでした。

この活動に参加して一年あまり、
今まで水やりとゴミ拾いをしてきて
見習い期間を過ぎた(?)私も初めて
季節の花の苗を植えるという
大役(?)を仰せつかりました。

この活動は平日ということもあり
お子さんの参加はないのですが、
参加すればきっと、学校と異なり
ポイ捨されたゴミに泣かされても
咲きほこる花たちに触れることで
花や植物を愛する心が
一層育まれることでしょう。

20201017062721894.jpg20201017062740ba6.jpg
20201017062707012.jpg


Tag:
| TrackBack:0

一週間ほど前になりますが、
若かりし頃に通っていた大学時代の
ゼミ友だちに誘われ、
東京は日本橋で“コオロギラーメン”
なるものを食してきました。

誘われた時はどうしようかと悩み、
実際に目の前に出されたときも
正直、食欲がそそられるとは
言い難かったのですが、
コオロギ自体はふつうの佃煮と
味は変わらず、
おいしくいただくことができました。

スープも、仕入れた乾燥コオロギを
一日一万匹使って出汁をとったもので
とても香ばしく
全部飲み干してしまいました。

仕入れたコオロギは養殖されたもので
ここのラーメンだけでなく、
コオロギせんべいなど食材としての
需要はかなりあるようです。

私たちは11時開店と同時に入ったので
余裕で座れることができたのですが、
30分もすると15名分ほどの席は
いっぱいになり、正午近くになると
並んで待つお客さんもみられ、
かなり流行っているお店のようです。

ラーメン以外にも
コオロギをまぶしたごはんや
コオロギビール、
他の昆虫を食材とした料理、
夜はディナーコースもあるようです。

場所は日本橋馬喰町2-4-6で
『ANTCICADA』というお店です。

みなさんも、話のネタとして
一度訪れてみてはいかがでしょうか。
20201011070556653.jpg20201011070933e95.jpg
20201011070737a11.jpg
202010110706364b3.jpg20201011070614030.jpg





Tag:
| TrackBack:0
2020.10.01(Thu):政治活動

昨日、演説をした東陽町駅では
いつも、ペコリと頭を下げて
挨拶をしてくれる小学生がいる。

初めて会ったのは彼が小1の時。
とある私立小に通う彼は、当初は
お父さんといっしょに通っていた。

それが間もなく
彼一人で通学するようになり、
今ではもう小6である。

お父さんに連れられていた頃は
とても小さくてかわいかった彼も
今では私と身長が変わらないほど
大きくなっていた。

そのことに改めて気が付き、
びっくりしたのが一か月ほど前。

親御さんほどではないが、
いつも会っていると、
成長に気が付かないものだ。

一昨日紹介した亀戸の女の子には、
私と距離を置くようになったという
精神的な成長がみられたが、
こちらの男の子のほうは、
お辞儀や声の感じは6年間変わらず
身体が成長したということだ。

それにしても、
長年こうした活動をしていると、
子どもの成長がみられるというのは
存外のよろこびである。


Tag:
| TrackBack:0
2020.09.29(Tue):政治活動

今朝、通勤通学するみなさんに
ご挨拶申し上げた亀戸水神駅は
比較的乗降客が少ないのですが
それでもここで
挨拶を続けている理由は
近くの小学校に通う児童の中に
私になついてくれている女の子が
いたからです。

彼女は、
いつも私とハイタッチをしてから
次ぎはいつこの駅に来るのかと
尋ねてくれていたのでした。

昨年は、通学途中にもかかわらず
夏休みの自由研究の成果を
私に説明してくれていたほどでした。

しか~し、私がこの駅に来る機会も
少なくなったからか、
やがて彼女は足を止めることがなくなり
挨拶の言葉を交わすだけとなり、
ついに今朝は、
友だちと話していたこともあり、
無視されてしまいました…

きっと彼女も大きくなって
無邪気さがなくなり
私にも飽きてきたのでしょう。

と頭では分かっていても、
おじさんは悲しい…

彼女はまだ小学生ですが、
思春期を迎えた女の子をもつ
世の中のお父さんのお気持ちが
分かったような気がします?

20200929105419f14.jpg20200929105437ee6.jpg


Tag:
| TrackBack:0
2020.09.27(Sun):ボランティア活動

昨日も、霧雨の中、
東京は亀戸の京葉通り沿いを
みんなでゴミ拾いをしてきました。

毎回、お子さんの参加もあるのですが
この子らが大人になったときは
ポイ捨てをすることはないでしょう。

街にゴミがあるのが当前なのではなく
街にゴミがないのが然るべき姿である
という意識をもってもらうためにも、
お子さんの参加は有意義です。

四半世紀前、
私が在住していたパリでは
犬の糞が路上に落ちているのが当前で
これは、吸引器担いだバイクなどで
糞を掃除してくれる者がいたため、
飼い主が糞を始末するという観念が
パリ市民にはなかったからではないか
という気がしました。

ただ最近は、
厳しく罰金が科されるようになり、
路上の糞も少なくなったようですが
わが国のように、そもそも飼い主が
糞を始末するのだという考えがあれば
罰金を科す必要もなかったでしょう。

ただ、わが国でも、
ゴミや吸殻については、
ポイ捨てをしてはいけないと
分かってはいても人目がなければいい
と思っている人や、あるいは
ポイ捨てがいけないとは考えていない
人も中にはいるかもしれません。

すると、一部の外国のように厳しく
罰金を科すしかないのでしょうか。

ただ、そこまでする必要がないよう
お子さんのときからの意識づけも
重要になってくるのかもしれません。

202009271011029c8.jpg

Tag:
| TrackBack:0
2020.09.26(Sat):両親の思い出

先日、両親やご先祖さまが眠る
お墓参りに行って参りました。

二十年前に母親が亡くなった際、
お墓をたてるべき場所が分からず
結局、東京の高尾付近に
母方の実家のお墓がある墓地に
たてたのでした。

よって、下町に住んでいる私が
お墓参りする際は、電車とバスで
一時間半ほどかかります。

自家用車ももっていないので、
コロナ禍の中しばらくいっておらず
およそ九か月ぶりのお参りでした。

特に母方の実家のお墓のほうは、
親戚の方々もかなりのご高齢により
なかなかお墓参りもできないため
汚れが目立ったていたのですが、
二十分ほどかけきれいにした後は
すっきりとした気持ちになりました。

一方、父方の先祖代々のお墓のほうは
実は愛媛県のほうにありました。

母親が亡くなったときは
愛媛の父方の祖母も存命だったので、
あまり気にかけていなかったのですが、
十年前に父親が亡くなった際は、
東京で葬儀や納骨などをすまし、
愛媛では、百日法要をして
分骨をしたのでした。

が、この日が“友引”だったため、
愛媛の親戚一同には
法要にも参列してもらえず、
この時点で祖母も亡くなっていたので
(この時も、当事寝たきりだった父の
 喪主代理として、私が
 愛媛で葬儀などを行ったのですが)
お墓を東京に移すよう、
その親戚らから伝言を託された
ご住職からいわれてしまいました。

ということで、九年ほど前、
愛媛の先祖代々のお墓を壊し、
祖母の遺骨とご先祖さまの霊土を
東京に移したのでした。

死者が友を冥土に招くことになるので
“友引”の葬儀は避けるべきという
考えは、実は陰陽道からきており、
葬儀、とくに法事と“友引”は
仏教では関係ないらしいのです。

だからか、百日法要のお経を
愛媛のお寺さんにお願いした際
その日は避けたほうがいいとは
いわれなかったのです。

ただ、一般的には避けたほうがいい
とされていることさえつゆ知らず
お墓についても無頓着だった
私が招いた結果だったのですが、
東京で父母それぞれのご先祖さまを
お参りすることができるようになりました。

20200926083512b7d.jpg

Tag:
| TrackBack:0

先日、自身が通う大学の
定期試験の成績発表がありました。

評価は、おおよそですが
“優上”(90~100点、上位5%)
“優”(80点台、同5~30%)
“良”(70点台、同30~60%)
“可”(60点台、同60~90%)
“不可”(60点未満、同90%~)
となっています。

個人的には会心のできだと思っても
“良”であることが多く、
“優上”はおろか“優”を
取るのも容易ではありません。

そんななか、先の春期に
“憲法演習”で
“優上”を取れたのは
素直にうれしいですね。

他の科目の評価については
区々ですが、“優上”は
“刑法総論”以来の二個めです。

小中学生のころから
受験戦争をくぐり抜けてきた
若い頭脳集団の中には、
単位を取って卒業できればいいと
知力を全開にしていない若者も
少なくないとは思いますが、
それでも、
私のようなおっさん脳でも
“優上”を複数取れたいうのは
本当にビックリです!

2020091815444187b.jpg

Tag:
| TrackBack:0
2020.09.13(Sun):ボランティア活動

今朝は地元団地での清掃活動でした。

この団地には、
テーブルと椅子が設置された
憩いの場があるのですが、
実は、これが間近の住民にとっては
悩みの種となっているのです。

なぜならば、
この場所の利用者の中には、
吸い殻はさることながら、
そこで飲み食いした容器ゴミを
そのまま捨てていく者が少なくなく
また、特に夏場は、
夜中に集まり騒ぐ輩もいるからです。

つまり憩いの場が、
環境悪化の元凶と化しているのです。

ゴミについては、業者が
片付けてくれることもあるのですが
それでもすぐに、
吸い殻やゴミが捨てられてしまいます。

より深刻なのは夜中の喧騒でして
団地の管理事務所に相談しても、
自分で警察を呼んでくれ、
と言われるだけなので、
実際、私も、先日の夜中に
110番をしたばかりでした。

警察も慣れたものでして、
私が住所を伝えたら、すぐに
『あっ、○○の前ですね』
と分かってもれえました。

他の多くの住民も普段から
110番をしているのでしょう。

こうした憩いの場は、
法人社員が住民に意見も求めず
机上だけでよかれと思い
作られたものなのでしょうが、
それによって大量のゴミが出、
睡眠の妨げにもなっているのですから
できれば撤去してほしいものです…

20200913132506862.jpg202009131330566d5.jpg
20200913133126062.jpg20200913133219f45.jpg


Tag:
| TrackBack:0
2020.09.12(Sat):他政党のやり口

まずは下の写真をご覧ください。
手前にKS党のポスターがあります。

しか~し、ここは元々私のポスターが
半年以上にわたり貼ってあった場所。

どうやらKS党が
私のポスターがはが(さ)れたすきに、
家主さんに無断で貼っていった
と、家主さんがおっしゃっていました。

しかも家主さんは、本当は各党一枚しか
貼らせたくなかったらしいのですが、
このKS党は一番奥に既に貼ったのに
私のが貼ってあった場所に、二枚目を
無断で貼っていったということです。

ちなみに、その隣にあるKM党のも
私が自分のを貼った時点では
上の一枚だけだったのに、いつの間にか
その下に二枚めが貼ってあります。

それにしてもKS党は、一番手前に
私のポスターが貼ってあったことは
少なくとも一枚目を貼った時点で
知っていたはずですから、
私のがはが(さ)れ場所があいていた
とはいえ、せめて家主さんには、
一言断ってほしかったものです…

このKS党の下に最近貼りだされていた
他党のポスターも、不思議なことに
数日の間になくなっています。

来年夏に都議選を控え、各党が
候補者のポスターを貼り始めている
昨今、既存ポスターが
荒れされる傾向にあります。

他の私のポスターも、相変わらず
いたずらをされ、はがされています。
その現場を目撃した方もおります。

また、下の写真にもありますように
私のポスターに、端とはいえ
平気で重ねて貼ってくる
KM党ポスターもあります。

ポスター貼りのみなさんには、
もう少しだけ道徳心を
もっていただきたいものです…

20200903140918fd9.jpg
20200912094440bab.jpg202009120638532cb.jpg
202009120638287b7.jpg



Tag:
| TrackBack:0
2020.09.07(Mon):ボランティア活動

先日、広告つきのゴミ箱を
街中に設置することを目指し、
その設置場所を決めるべく、
ゴミがポイ捨てされている場所を
その量によってS、М、Lに分け
記録するアプリを開発した若者の
紹介をいたしました。

そして、十日ほど前になりますが、
そのアプリを使いながら
東京江東区は亀戸という所で
清掃活動に参加してまいりました。
回を重ねるごとに参加者も増え、
区外からおこしの方々も
大勢いらっしゃいました。

それにしましても、
吸い殻が多いのは相変わらずですが、
最近特にに目立つのはマスクです。
ヒモが切れたわけでもなく
マスクをわざわざ道端に捨てる
というのも謎です…

ゴミ拾いの後は、
国産無添加フルーツジュース専門店
“こちる”さんで
産地直送・静岡県産紅ほっぺイチゴ
の入ったミルクかき氷を堪能です。

202009031304362ba.jpg2020090310322495b.jpg
20200903131346602.jpg






Tag:
| TrackBack:0

今回は、以前ご紹介した
“石黒商店”さんのご家族のお話です。

ここの奥さまはゴキブリ(G)が大の苦手

ある日、帰宅して玄関を開けた際
Gもついでにお部屋に侵入!

するとGは、中学生の長男くんが
用をたしている最中のトイレに
下のすき間から侵入!

すると、奥さまは大急ぎで
そのトイレのすき間を
テープでしっかり塞ぎ
Gごと長男くんをトイレに隔離。

“なんだよ、これ!”
“ふざけんなよ‼”

と叫ぶ長男くんに
Gを退治してもらったのですが、
その後、
こっぴどくしかられたそうです…


Tag:
| TrackBack:0
2020.08.30(Sun):わたしの信条

先日、安倍総理が辞任を表明しました。
7年8か月もの間、病を押しながら
総理大臣という重責を担ってこられた
ことに対しましては、私からも一言
お疲れ様でしたと申し上げたく存じます。

さて、安倍総理は、
やり残した課題として、
北方領土問題、拉致問題、そして、
憲法改正を挙げていました。

そこで、今回は、これらの問題がなぜ
課題として残ってしまったのか、
そして、今後、こうした課題に
とのように取り組むべきかについて
お話したいと思います。

まず、北方領土問題ですが、
安倍総理は、プーチン大統領との
個人的な信頼関係を築くことに
注力してきました。

しかし、プーチン大統領は
日本から経済協力を
引き出すだけ引き出したあげく
北方領土の返還に応じる姿勢は
まったく見せておりません。

こうした領土問題は、
当時国のリーダーの権力基盤・体制、
経済状況、当時国を取り巻く国際情勢等
すべての条件がそろって初めて
解決に向かうものと考えています。

したがいまして、
その絶交の機会が訪れた時のために
普段から備えておく必要があります。

何を備えておくべきかと申しますと
一国のリーダーというのは、
時が経てば必ず変わってしまいますので、
その時々のリーダーどうしが
個人的な信頼関係を構築していくことは
もちろん大切なのですが、それだけでなく
日本は交渉上タフな相手だという認識を
世代を超え、相手国の為政者に植え付け
続けていくことが肝要だと考えます。

対ロシアで具体的に申し上げますと、
北方領土問題を解決しない限りは、
一銭たりとも日本からは
経済協力は得られないと思わせることです。

そして、領土問題を解決するためには
時間が必要です。
それも数年ではなく数十年という単位です。

なぜならば、繰り返しになりますが、
当時国リーダーの権力基盤・体制、
経済状況、国際情勢、
すべての条件が整うのを待ち、
その間、相手国為政者に対し
日本はタフな交渉相手だという意識を
植え付け続ける、
そのためには数十年間、粘り強く
その時々に応じ緩急織り交ぜながら
交渉を続けることが大切だからです。

ただ、このような時間をかけた
戦略を活かせないのが
拉致問題です。

それは時間が限られていることです。
拉致被害者のご家族が
いらっしゃるからです。

そしてもう一つ、北朝鮮については、
リーダーが存命の限り政権が続き、
権限も集中しているという特徴があります。

ですから、金正恩委員長自身を
説得させる必要があるのです。

そのために安倍総理大臣も
相当尽力してきたはずです。

“はずです”と申しましたのは、
外交は、私たちの見えないところで
いろいと動いているからです。

ただ、私たちが知る限りでは、
トランプ大統領のみならず
文在寅大統領や習近平国家主席にまで
拉致問題を解決するよう、
金正恩委員長に伝えてもらったことです。

しかし、それでも解決しなかったのです。

それでは、どうしたら解決できるのか。

それは、核開発問題で
米朝の間をとりもつことです。

米国のような核兵器保有国が
自分の国は大量に保有しながら
他国には廃棄を求めても説得力に欠ける、
北朝鮮が核開発をやめない理由は
ここにもあるのではないのでしょうか。

ですから、唯一の被爆国である日本が
米国にも核兵器の削減を求めていく、
こうして初めて、北朝鮮も
拉致問題についても歩み寄りを
見せるのではないでしょうか。

安倍総理が残した課題としてもう一つ、
憲法改正です。

進まなかった理由として、安倍総理は
世論が十分に盛り上がらなかったことを
あげていました。

そして、世論を盛り上げるためには、
国会で互いの案をぶつけ合いうことが
必要だとも述べていました。

しかし、護憲を主張している政党に
改正案があろうはずもありません。

したがいまして、
世論を盛り上げるためには
自民党が憲法改正案の内容や必要性を
しっかりと私たち国民に説明する
必要があるのではないでしょうか。

たしかにSNS上などでは、
改正案の内容や必要性も述べられています。

しかし、例えば、
特に問題となる憲法九条につきましても、
世界九位の防衛費をかけ
近代兵器を備えた自衛隊がなぜ
「自衛のための必要最小限の実力」
といえるのか、
たしかに科学技術の発達した現代では
近代兵器を備えて初めて
「必要最小限」といるのかもしれませんが
それならば、なぜ「戦力」に当たらない
といえるのか、
このように、もっと突っ込んだ説明を
する必要があるのではないでしょうか。

例えば、学説の中には「戦力」を
「外敵の攻撃に実力をもって対抗し
 国土を防衛することを目的として
 設けられた人的・物的手段の組織体」
と定義した上で、今の自衛隊はこれに当たる
から違憲だとするものもありますが、
これを説得力をもって否定する説明が
できないのであれば、
例え無理に九条の二を追加したところで
現行の九条との間に矛盾が生じることになり、
よって、今以上の議論を呼び起こすことに
なるだけなのではないでしょうか。

私自身も自衛隊が違憲だとは思いませんが
説明責任だけはしっかりと
果たしていただきたいところです。

さて、最後に、安倍政権時代、
森家計問題、これに関連して
自殺者まで出した文書改ざん問題、
桜を見る会の問題、これに関連して
文書管理問題などもありました。

今ここで、これらの問題について
いちいち糾弾めいた話は致しませんが
疑念を抱く国民に対する説明責任は
どの政権下であっても、
必要不可欠なことではないのでしょうか。


Tag:
| TrackBack:0
2020.08.23(Sun):ボランティア活動

東京は江東区亀戸にお住まいの
本間豊隆さんは、
“かめっこ ほーむず”の代表として
普段から、お子さんの孤食、偏食、欠食等
に対応すべく、地域の方々に無料・安価で
食事や団らん場所を提供する活動をしており
私も時折お手伝いさせてもらっています。

そして、以前も紹介申し上げましたが
8月7日㈮、8㈯、14㈮、15㈯、21㈮、22㈯
各日11時から、亀戸梅屋敷にて、
升本のランチ弁当をお一つ100円で、
お子さんがいらっしゃるご家庭に提供する
活動もされ、私も全日お手伝いして参りました。

初日こそ、学校も夏休み前だったこともあり
お弁当もかなり余ってしまったのですが、
夏休みに入った二日目以降は開始30分ほどで
21日は15分、最終の昨日は10分も経たない
うちになくなってしまいました。

こうした“かめっこ ほーむず”の
活動のメリットの一つは、
お子さんの通う保育園で知り合った
親御さんらが、その後
お子さんらが別々の小中学校に通っても、
ご家族で交流を続けられることにあります。

そして、未だに独身で子育て未経験の私も
今回の活動を通じて、
小さなお子さんのいる親御さんらから
子育てについて色々なお話を
うかがうことができたのでした。
(写真は、本間さんと私のほか、
 ボランティアスタッフの方々とそのお子さん)

20200823110116e66.jpg202008230954171b1.jpg202008230954364b0.jpg



Tag:
| TrackBack:0

コロナ禍で大学の定期試験も
オンライン試験となる一方、
代わりにレポートを課す講義も
少なくありません。

『日本政治外交史』
もそのうちの一つです。

東大の“歴史”に対する一貫した
姿勢が、元資料にあたることです。

今回のレポートでも、
出典について、最低一か所は、
ネット上のでも構わないのですが、
元資料にあたる必要があります。

私の場合、昭和初期における
犬養毅の談話記事を
探す必要がありました。

まず、ネットでは見つかりません。

次に、東大なのですが、何と
その記事を保管している建物が
来年まで工事で利用不可…

次は、私が若かりし頃
通っていた上智大学の図書館です。

お目当ての記事は
所蔵されているようなのですが、
コロナ禍で今月末まで休館…

次は、国会図書館。
予約や利用方法がよく分からず、
PCを前に時間をくうばかり…

レポート提出の締切は二日後です。
他の科目の試験勉強もあります。

あせっていろいろ検索していると
都立図書館にありました!

しかも、コロナ禍の中、
お盆の時期にもかかわらず、
開館しているではありませんか!

が、しかし、
お目当ての記事があるのは、
港区の中央図書館ではなく、
国分寺市の多摩図書館…

日にちもないので仕方ありません。

早速、電話してみると、
開館はしているのですが、
感染防止対策上、完全予約制です。

早速、予約をして、本日、
往復二時間、電車賃¥1,300かけて
行ってきました。

マイクロフィルム上の該当記事の
複写を図書館の職員にお願いすると
「番号をお呼びするまでお待ち下さい」
たしかに、こう言われました。

が、30分待っても呼ばれません。

な、なんと病院のように、
番号がスクリーンに表示される
だけだったのです。

レポート作成や試験勉強のための
時間がおしいんだから、
正確に伝えて下さいよ…

そう、利用者アンケートにも
書いて図書館を出たのでした。

202008162008399bf.jpg
20200816200943c9b.jpg


Tag:
| TrackBack:0
2020.08.08(Sat):ボランティア活動

私も、お弁当配布などお手伝い
させていただいておりますが、
8月7日㈮、8㈯、
14㈮、15㈯、21㈮、22㈯、
各日11時から13時の二時間、
JR亀戸駅から北に歩いて7~8分
の所にある亀戸梅屋敷にて、
亀戸升本のランチ弁当
(肉弁当か魚弁当)が一つ
100円で提供されています。

対象は、ご家庭に高校生以下の
お子さんがいらっしゃる方々ですが
ご家族のどなたかお一人でも、
いらしてくださればご家族全員の分
お名前さえ書いていただければ
受け取ることができます。

亀戸以外にお住みの方でも、
高校生以下のお子さんがいらっしゃれば
どなたでもご利用できます。

これは、本間豊隆さんが代表を務める
“かめっこ ほーむず”の活動の一環です。

普段は、お子さんの孤食、偏食、欠食等
に対応すべく、地域の方々に無料・安価で
食事や団らん場所を提供する活動をしており
私も時折お手伝いさせてもらっています。

事前予約などは不要ですので、
高校生以下のお子さんがいらっしゃる方
お時間があれば是非ご利用下さいませ。
各日、先着150個ですので、お早めに。

20200808065422167.jpeg
20200808065442fc1.jpg


Tag:
| TrackBack:0

私の知人が独立して
蟹みそラーメン屋を東京神田は
神保町に開いて十か月経ちました。

昨年秋の開店日には、私も
4時間ほどビラを配りまくって
お手伝いさせていただきました。

そして、このお店は
コロナ禍にもかかわらず、
テレビで何度も取り上げられるなど
今でも大人気です。

そして“雷神ラーメン”という
超激辛ラーメンがYou Tube などで
激辛マニアの間でバズっており、
このラーメンでYou Tube デビュー
した方もいらっしゃるほどです。

こうした人気には理由があります。

一つは、絶えず
商品開発に努めていることです。

例えば、最近の新メニューは
“冷やし蟹みそラーメン”

つけ麺というのはよくありますが、
これは、その名のとおり
冷えた蟹みそラーメンをそのまま
普通に食べることができるのです。

もちろん味は、温かい蟹みそラーメンに
勝るとも劣らず抜群で感動すら覚えます。
このメニューを開発するのに
よほど努力されたのだと思います。

そして、もう一つ人気の理由は
ご主人奥さまのお客さんとの
コミュニケーション力です。

お客さんの顔はもちろん、
知り得る範囲でお一人お一人の
境遇などを把握されており、
食事を邪魔しない程度に
お客さんの様子に合わせ、
笑顔でちょっとした会話をすることで
店内を明るい雰囲気にします。

時には見知らぬお客さんどうしの
一体感みたいなものが
生まれることさえあります。

だからでしょうか、
私の知る限りでは、お客さんも
みなさんマナーがよくいい方ばかりです。

どうやら、お店によって
客層が特徴づけられるというのは
本当のようです。

そして、
こうしたご夫婦のキャラクターが
幸いしてか、
競合するはずのご近居の飲食店の方々
からも愛され支えられているようです。

自分も、このご夫婦から
見習うべき点が多いなと思いながら
“冷やし蟹みそラーメン”を
すするのでした。

20200804110803769.jpg

Tag:
| TrackBack:0
2020.08.04(Tue):ボランティア活動

昨日も、JR亀戸駅北口にある
花壇の手入れのお手伝いを
させていただきました。

この時季は水やりが重要です。
梅雨が明けてからは
暑い晴れの日が続いておりますが、
水をやっても
すぐに土に吸収されてしまいますので
数センチ程度の深さまで土が湿るよう
何度も何度も水やりを繰り返します。

ただ、あまり長時間作業をすると
人間のほうがまいってしまいますので
今回は三十分余りのお手入れでした。

20200804110731fa0.jpg
20200804110749f32.jpg


Tag:
| TrackBack:0
2020.08.02(Sun):政治活動

新型コロナウイルス、
東京、大阪、愛知、福岡、沖縄などで
新規陽性者数が最多を更新し、
感染が全国的な広がりを見せています。
第二波が来たといっても言いでしょう。

ただ、中には、
インフルエンザとどこが違うのか
という声もたしかにあります。

しかし、ワクチンがないため
季節問わず年中流行する兆しがある点、
ECMOという特殊な機器の使用をはじめ
一人の患者さんにかかる医療従事者の
数が通常の1.5倍必要とされ、
身体・心理的負担もより大きいため
医療体制をひっ迫させやすい点、
そして、
抗体や後遺症などでも不明な点が多く、
通常のインフルエンザとは
同視できないと考えます。

やはり未知のウイルスに対しては
素人判断せず、ある程度
おそれるに越したことはなさそうです。

さて、この新型コロナウイルスに
どう対処すべきでしょうか。

この点、東京医師会の会長が
感染源となる店舗に限り
法的拘束力のある休業要請と
補償とを可能にする法改正を
提言していました。

私もこれに同意いたししますが、
様々な問題もあります。

まず、そもそも法的拘束力を伴う
店舗の休業要請は可能でしょうか?

これは、憲法22条1項の営業の自由
が問題となるのですが、
新型コロナウイルスの感染を抑える
必要性があるという点で、
法的拘束力を伴う休業要請は
同条項の“公共の福祉”に当たり
正当化され得るものと考えます。

さらに、補償とセットとすることで
休業要請の憲法上の許容性は高まり、
また、いろいろ説はあるのですが、
財産権を制約した際に補償を要する
とした憲法29条3項の趣旨にも
適うものと考えます。

次の問題は補償の財源です。

この点、地方は独自の財源調達機能が
大きく制限されておりますが、
地方財政法に基づき、
国に財源を求めていくことができます。

そして、
国におかれましては、すでに予備費が
10兆円計上されていますので、
ここからの拠出が考えられます。

ただ、10兆円という異常な額の予備費の
使い途を完全に内閣の裁量に任せる
というのも三権分立上問題があります。

そこで、ここはやはり国会を開いて、
時間的制約があるものの、
議論という過程をきちんと経ることは
民主主義の点からも必要と考えます。

そして、野党も、憲法53条に基づき
内閣に国会を開くよう求めています。

この憲法の規定により、内閣には
国会を召集する法的義務が生じますが
召集期限が規定されていないため、
内閣は国会を開こうとしません。

この点、先の6月10日に出された
那覇地裁の判決によりますと、
召集時期の内閣の裁量は限定的で、
不当に招集を遅延させた場合も含め、
内閣が国会を召集しないと、
少数派の国会議員の意見を国会に反映
させるという憲法の趣旨が没却され、
議院内閣制の下での
国会と内閣との均衡・抑制、協調関係が
損なわれてしまうと判断されました。

安倍総理は
閉会中審査がなされているので
国会を召集する必要はない旨
発言していましたが、
休業要請と補償とのセットを可能にする
法改正も必要と考えていますので、
ここは、きちんと国会を開いて
議論をつくす必要があると考えます。

さて、今、Go Toトラベルキャンペーン
を進めアクセルを踏む国と
活動自粛を求めブレーキを踏む地方との間
に政策のソゴがあると指摘されています。

これは、
国と地方の関係の問題でもありますが
この点は、憲法92条で“地方自治の本旨”
というものが保障されています。

すなわち、この規定により
国から独立した団体に地方自治が
保障されていると考えられています。

もちろん、連邦制をとらない
わが国におかれましては、
国の施策と矛盾・衝突しない範囲で
地方自治の独立が認められている
ということなのですが、
ただ、感染症対策にいたっては、
地方によって人口、年齢構成比、
業種や業態、感染状況、そして
医療体制などが区々なはずですから、
国が統一基準を設けることの実効性は
低いと考えられます。

したがいまして、ここは、やはり
地方に権限を与えるべきと考えます。

ですから、地方が独自に
緊急事態宣言を出すことについて、
政府関係者が“好き勝手にすればいい”
と言い放ったとされていますが、
この発言は地方にとり幸いとなります。

なぜなら、これが公的なものとなれば、
感染症対策については国が地方に
委ねたことになり、あるいは、
国の施策と矛盾・衝突することはなくなり
地方自治の本旨が発揮されるからです。

最後に、政府の説明責任について
申し上げたいと思います。

国・地方にかかわらず、政府はよく
“専門家の意見をうかがった上で”
という枕詞をつけて説明します。

しかし例えば、尾身分科会会長による
Go Toトラベル開始の判断延期の提言を
政府が聞き入れなかったように、
専門家の意見を取り入れなかった
にもかかわらず、
“専門家の意見を踏まえて判断した”
という専門家に結果責任を転嫁する
という解釈の余地を残すような仕方
の説明はすべきではないと考えます。

そうではなく、感染症対策、経済
各々の専門家の意見を紹介した上、
その意見をどれだけ取り入れたのか
または取り入れなかったのか、
その理由も含め、
政府が結論に至った判断過程をきちんと
国民に説明すべきと考えます。

そして、責任は必ず政治がとるのです。

そうすれば、私たち国民も納得でき、
行動もしやすくなるのです。


Tag:
| TrackBack:0