FC2ブログ
2020.05.29(Fri):憲法・法律問題

森法相は
「必ずしも高額とは言えないレート」
だったことなどを理由に、
黒川氏を訓告処分にしたとしたところ、
2017年、同じレートで、七人の自衛官が
懲戒免職の次に重い懲戒停職となった例
との整合性を野党から追及されると、
他省庁の例まで把握していなかったと
国会で堂々とのたまわれました。

訓告ありきで、調査もせずすぐにでも
処分を決めたかったからでしょうが、
私が以前いた職場だったら、
人格を否定するような言葉で
烈火のごとく叱られたであろう
余りにお粗末な言いわけが
通ってしまうのがうらやましいです。

ただ、
法相の国会発言というお墨付きで
少なくとも国家公務員は、
テンピンで賭け麻雀をしても、
今まででしたら
懲戒停職になりかねなかったところ、
法の番人だった黒川様のおかげで、
懲戒になることはなくなりました。

しかも、三年間で数百回の
賭け麻雀をし続けてきて、
緊急事態宣言下でもあえて行い、
ハイヤーまで用意してもらった
検事長でさえ訓告ですみましたから、
最も軽い厳重注意ですむでしょう。

ただし、テンピンなら合法とは、
司法は一度も認めたことはなく、
実際の運用はともかく、
最高裁はむしろ、
金銭は刑法185条但書きの
「一時の娯楽に供する物」に
当たらない以上、
一円でも金銭を賭したら
賭博罪が成立する旨の判断を
したことさえあるみたいですので
ご注意を


スポンサーサイト



Tag:
| TrackBack:0

私が学生として通っている大学でも
ゼミはオンライン(zoom)です。

私が参加しているゼミでは、
まず、5~6名のグループに分かれ、
そこで議論をした後、
代表者が教授のほかゼミ生全員に
議論の様子を発表することになってます。
したがいまして、発表者は
議事録を作成することになります。

先日のゼミで、グループに分かれた際
私はその発表役を買って出たのですが、
すかさず他のゼミ生から
「もしかして紙で記録するんですか?」
とつっこまれてしまいました。

そうなんです、実はzoomには、
議論しながらワードを打って、
その様子を画面で共有できるという
機能があるのです。

が、“共有”をクリックしてみても
ワード画面になりません…
どうやら他のゼミ生には
ワード画面も出ているようなのですが…

あきらめた私は、発表だけすることにして
記録は他のゼミ生に任せることにしました。

そして、グループ内の議論が終わると
「猪野さん、発表のため
 この記録保存できますか?」
と聞かれたのですが、沈黙…
「スクショはできませんか?」
スマホならできるが、
パソコンでは分からん…

そしたら、他のゼミ生から
その記録がLINEで送られてきました。

で、結局、私は、
手元の紙面に手書きしたメモを頼りに
議論の様子を発表したのでした。


Tag:
| TrackBack:0

プロレスラーの木村花さんが亡くなられ
その原因はSNSでの誹謗中傷を苦にした
自殺ともされています。

さすがに私のところには、
誹謗中傷の言葉はきませんが
ネガティブコメントは時折あります。

もちろん、異なる意見は
自分の視野も広げてくれるので、
ありがたい場合もあるのですが、
アニメや大河ドラマでも話題になった
まさに“言葉は刃物”となって
せまってくることもあります。

そうしたコメントは、きまって、
普段、私の投稿に一切反応しない
方々からのものなので、
不意打ち感もあります。

他方、普段から私の投稿に
反応して下さる方々のコメントは、
私の考えと違ったものでも、
読み手の立場にも立った
言葉・表現も使われ、
素直な気持ちで
受けとめることができます。

かくいう私も、選ぶ言葉を
間違えることがありますので、
気を付けていきたいと思います。


Tag:
| TrackBack:0
2020.05.24(Sun):憲法・法律問題

一昨日の投稿につきまして、
黒川氏の一連の麻雀賭博が
“巨悪”というほどの罪なのか、
というご意見をいただきました。

そこは、ご指摘の通り、
常習犯だとしても、罪としては
重いほうだとは思いません。

だからこそ、そして、
検事長という立場、
緊急事態宣言下という時期、
そして、ハイヤーはじめ
接待も受けていたという
量刑には反映させづらい面も
多々あったからこそ、
本当は、政治というか、
内閣にきちんと動いてほしかったのです。

過去には、
自衛官が4回の賭博で逮捕され
懲戒処分となった例もあったようです。

それなのに今回、
内閣は自らが任命したのに、
きちんと事実の調査・確認もせず、
検察官適格審査会にもかけず、
早々と、訓告処分の上、辞職を認め、
事実上のお咎めなしにしてしまい、
約六千万円の退職金支給も
許してしまいました。

そうするとあとはもう、
過去、同様の賭博で
いく人かの著名人も逮捕した
司法の捜査に期待するしかないじゃん
という思いが“巨悪”という表現に
つながったという次第です。

ただ、
車を暴走させ母子を死に至らしめた
上級国民や
民事裁判で性的暴行が認定された
元記者のように、黒川氏も
逮捕されずにすむかもしれませんが…

今回に限らず、私は、
読み手の興味を引くため、
わざとインパクトある表題や
内容にすることがあるのですが
そうすると、そこを指摘される
ご意見も時折いただきます。

私も、そこまで文才が
あるわけではありませんが、
今後は、なるべく
本来のニュアンスが伝わるような
表現を心掛けたいと思います。


Tag:
| TrackBack:0
2020.05.22(Fri):憲法・法律問題

黒川氏、検察官でありながら、
緊急事態宣言下で四回、また、
この三年間で百回ほど賭けマージャンを
したとされているにもかかわらず、
法相は訓告処分ですませ、
内閣も辞職を承認した。

このままでは約六千万円とされる
退職金も満額支給される。

アベノマスクは
税金の無駄使いとはいったが、
こちらはマスクが利用されれば、
税金をドブに捨てたことにはならない。

しかし、黒川氏の退職金の場合、
納税者一人当たり1円ほどだとしても、
彼のために払うことになると思うと、
何とも解せない。

税金の使途にも係わることなので
国民のコントロールを
間接的にでも及ぼすべく、
本来は、内閣の指示の下、
法務省などが事実を調査・確認してから
処分を決めるべきであったし、
辞表も保留して、黒川氏を
国会議員や最高裁判事、有識者から成る
検察官適格審査会にかけるべきであった。

しかし、もう辞職を承認したので、
こうしたこともできなくなった。

安倍総理と法務省(検察?)は、なぜ、
処分をこんなに急ぐ必要があったのか?

検察官の定年延長には、
あれだけ介入しようとしたくせに、
不正な検察官を処分するという
肝心の場面では何もしない。

後は、告発か検察による立件しかない。

検察官が、一回当たり
数万円も動いた賭けマージャンを
三年間で百回ほど行ったとされ、
しかも、記者という
立派な共犯者・証人もいるのだから、
事件性は十分にある。

ここで検察が動かないと、
身内に甘く自浄能力もない組織とされ
検察の信用・信頼は失墜する。

そして“巨悪”が私たちの税金で、
悠々自適の生活を送ることになる。


Tag:
| TrackBack:0
2020.05.21(Thu):憲法・法律問題

賭けマージャンをしたとされる黒川氏、
過去に同罪で逮捕された
某有名人もいるのだから、
黒川氏も逮捕されて当然と
ネット上でも騒がれていますが、
検察当局も試されることでしょう。

それにしても、
文書改ざんを指示した佐川元局長といい、
こんなのが出世する
公務員の人事評価がどれだけいい加減か

民間もそうなのでしょうが、
結局は、愚直でまじめな人ではなくて
世渡り上手な人が出世するという現実を
改めて思い知らされた次第です。


Tag:
| TrackBack:0
2020.05.21(Thu):未分類
私の母校・都立城東高校も
過去に二度の出場経験のある
夏の全国高校野球選手権、
中止が決まりました。

主役の高校球児のことを考えれば
無観客試合という方法も
考えられたそうですが、
審判員を始めとするボランティアや
医療スタッフらの確保が困難なことも
中止の理由の一つだったようです。

改めて、こうしたイベントは
多くの方々の支えがあって
初めて成り立つということに
気づかされた次第です。

落胆する高校球児らにも、
これを機に、こうしたことも
学んでほしいですし、
周りの大人たちもいうように、
これまでの努力は社会に出ても
きっと活かされるのでしょう。

が、それは大人になってから
分かることであって、
今の落胆している高校球児らの
耳にどれだけ届くのか…

高校生のスポーツ大会の中止は
野球にとどまらないはずですが、
これだけ大きなニュースになる
ということは
高校野球というのが、一つの
社会現象であるということを
改めて感じました。

今、九月入学も検討されていますが
夏の甲子園大会の在り方も
見直されるかもしれません。

あの炎天下、特に猛暑の続く昨今、
酷暑のグラウンド上で運動し、
熱い球場内で応援をすることが
(ホント半端ない暑さです…)
本当に許されていいのか、
当事者らの熱い思いとは別に、
検討されるかもしれません。

昭和16~20年の中止・中断のほか
大正7年も米騒動で
中止になったそうです。

当時はコメの暴騰で買占めや暴動が
あちこちで起きたらしいのですが、
今回のコロナ禍で
“マスク騒動”が起きなかったのは
マスクが主食ではないからなのか
日本人の心が成長したからなのか


Tag:
| TrackBack:0
2020.05.15(Fri):経済・税金問題
アベノマスク、私の所にも届きました。
が、一枚のマスクに糸くずが二本も…
他の一枚もきれいには見えますが、
同じ所で製造されたものだと思うと、
口元に着ける気にならないですし、
寄付するのもためらわれます。

そもそも製造元が書いていない
というのも非常識…

このマスクに元々466億円かかって、
さらに、妊婦さん向けのマスクの
検品のために8億円…
検品といっても、消毒ではないので
マスクがきれいになるわけでもなく、
なぞの工場(?)で作られたことに
変わりはありません。

さて、先日、マスクがないと
デイサービスに入れてもらえない
という八十過ぎのご高齢の方が
マスクを買おうにも
行列に並んで待つ体力もなく、
困っていたという話をききました。

そんな品薄だったマスクも、今、
値崩れがおき始めているようです。

これもアベノマスクのおかげだという
人たちもいるみたいですが、
そんな根拠はどこにもありません。

全国的にはまだ届いていない所が多く、
しかもいつ届くのかも分からないので
アナウンス効果も疑わしいです。

むしろ、手作りマスクが増えたので
需要が抑えられ、値段が下がり始めた
というほうが説明がつきそうですが、
ただ、これも根拠はありません。

一方、この値崩れで、小売りの方々は
大変な思いをされいるようです。

というのも、仕入れ注文したときの
数か月前のマスクの値段が異常に高く、
しかも大量注文でないと
受け付けてくれなかったのが、
最近になってようやく届いたものの、
仕入れ値を少しでも超える値にすると
“足元を見ている”と
消費者に叩かれることもあり、
しかも、そんなマスクも
値崩れが始まったからです。

買うほうも売るほうも大変なマスク、
今頃になって
国から不良品をよこされても
寄付もためらわれ、困ってしまいます。

これも、製造元がしっかりした
全うなマスクだったら、まだ、
歓迎されていたことでしょう。

不織布マスクという違いはありますが、
シャープ製のマスクが
飛ぶように売れたのもその証左です。

たとえ不良マスクでも、
洗えば使えるので、せめて
2~3ヵ月前に届いていれば…

こんな官製マスクにかかった
500億円近い私たちの血税、
自粛などで売上が激減した事業者や
生活困窮者、医療従事者らのために
使ってほしかったです…

20200515071921525.jpg20200515071906058.jpg




Tag:
| TrackBack:0
ブックカバーというリレー企画、
江東TOKOTOKOクラブの
月一度程度のジョギングで
いつもお世話になっております
大池篤さんという方から、先日、
バトンを受け取りましたので、
今一度、本を紹介させていただきます。

今回は、
岡義武著「山県有朋」(岩波新書)です。

国家の行く末を憂い、
国家のあるべき姿を描くことのできる
「エリート」のみによって
政治が行われるべきであり、
普通選挙は衆愚政治を招くだけである、
といったような考えを持ち、
権力に固執はするが、
権力に伴う責任は取ろうとしない
今の政治家や官僚にもいそうな
タイプの人物との印象を持ちました。

さて、今回も、あえて
他の人にバトンは渡しませんが、
私からバトンを受け取ったことにして
ブックカバーチャレンジをされる方が
いらっしゃいましたら、
それはそれで大歓迎でございます。

2020051010240504b.jpg

Tag:
| TrackBack:0
2020.05.05(Tue):わたしの信条

昨日の安倍総理の会見、
持続化給付金の支給開始時期を
今月8日というべきところ、
思わず8月と言い間違えたのは、
世の中の人たちがすぐにでも
資金を必要としていることを
実感していなかったからでしょう。

様々な方面で尽力されている方々への感謝、
亡くなられた方々へのお悔やみ、そして、
国民の協力への感謝の言葉も述べてましたが、
外国の首脳のそれと異なり、
なかなか心に響いてこなかったのも、
原稿を棒読みばかりしていて、
言葉に魂がこもっていなかったからでしょう。

だから、私たちは
ますます不安になってくるのかもしれません。

その点、大阪府知事の言葉には、
賛否両論はあるようですが、
力強さが感じられ、
自粛要請の出口となる指標についても
府独自に客観的に数値として示すと
明言していました。

国民や府民が今何を求めているのか、
少なくとも総理やその側近らよりは
理解されているようです。


Tag:
| TrackBack:0
2020.05.03(Sun):わたしの信条

ついに私も、中島真理ちゃんという
長年の友人からバトンを渡されました。

かつて、私はOECDという
国際機関で働いたことがあるのですが、
その前に、これから国連などの
国際機関で勤務するという
当時の若者20~30名ほどが参加した
研修がありました。

そこで知り合ったのが
中島真理ちゃん。

底抜けに明るく、
気遣いもできる素敵な女性で、
常に若々しさを保っております。

通訳のお仕事をいっしょに
させてもらったこともあるのですが、
英語力は私など足元に及ばないほど堪能、
あの将棋棋士の羽生善治さんの
通訳をしたこともあるのです‼

さて、今回、私が紹介するのは
憲法記念日の今日、図ったかのような
戸松秀典著「憲法」(弘文堂)です。

この本の特徴は、
例えば幸福追求権とは何ぞやといった
神学論争を避け、
その時々の社会などを反映した判例から
憲法を読み解こうするところにあります。

ですから、基本概念も理解せずに
いきなり読むのは危険かもしれません。

数ある判例を体系的に整理したいという
一通り憲法を学んだ学生に適した書と
いえるかもしれません。

私は、思想的に立ち位置を決めてから、
その考えに合うような他人様が書いたのを
引っぱり出してくるようなことはせず、
なるべく正確な知識などを得た上で、
自分の意見を構築するよう務めてます。

ですから、憲法にしても、
先日、写真を上げたように、
判例集や関連本も含めてですが、
三十冊近くの書物には
目を通すことにしています。

ただ、このやり方の欠点は、
自分の知らないことについては
意見を持ちづらくなるということです。

ですから私は、大学で様々なことを
専門家から学ぶことにしたのです。

さて、私はこれ以上、
本の紹介もリレーも続けません。

本の紹介といっても
学術書ばかりになりそうですし、
次の走者を探し、根回しするのも
大変だからなんです…

ただ、私から
バトンを受け取ったことにして
このブックカバーチャレンジを
続けてくださる方がいらっしゃったら
それはそれで大歓迎でございます。

2020050310170352c.jpg


Tag:
| TrackBack:0
2020.05.02(Sat):介護・福祉問題

緊急事態宣言が一か月ほど
延長されるとのことです。

この出口が見えない辛さは
在宅介護にもいえるのではないでしょうか。

子育ての場合は見通しがつきますが、
在宅介護の場合はそうはいきません。

私の父が要介護5の認定を受けて
亡くなるまで十年以上、
当時は都内の施設にも入れず、
在宅介護が続き、
すでに母も亡くなっていたため、
ケアマネさんやヘルパーさんらには
大変お世話にはなりました。

ただ、父はたまったストレスを
ヘルパーさんや私にぶつけ、
私もそれでストレスをためるという
悪循環、そんなこともありました。

外出が思うようにできず、
しかも、その出口が見えない今、
介護でなくとも似たような状況の
ご家庭も少なくないと思われます。

今、デイサービスなども閉鎖となり、
在宅介護にしても接触は不可避です。

激務のわりに報酬が少ないためか
ヘルパーさんの数も減っています。
在宅介護が崩壊しているという投稿も
私は見たことがあります。

二重の意味で出口が見えない今の介護、
在宅介護の経験者が多くないこともあり
世間ではあまり注目されていませんが、
介護でも崩壊が始まっているようです。


Tag:
| TrackBack:0
2020.04.30(Thu):憲法・法律問題

下の写真は昨日の国会中継です。
国会こそ3密の場所であるとは
SNS上でも多く指摘されています。

私たちにはテレワークや
3密回避などを呼びかける
政治家らがこれでは
示しがつかないのではないでしょうか。

たしかに、議院規則には、
発言は壇上でしなければならない、
表決の際も、議場の入口を
閉鎖しなければならないといった
国会内の議論を前提にした
規則はあるのですが、
国民や事業者には、
いろいろ経済的犠牲を伴う
自粛をお願いしているのですから、
国会も、議院規則くらい改正してでも
テレワークにしても
いいのではないでしょうか。

政治家だけでなく
ニュースキャスターらもそうですが、
私たちに外出や営業の自粛を
訴えかけてはいますが、
彼女・彼らは外出をして仕事ができ、
収入も守られています。

同じようでも、医療従事者や
保健所・市区役所職員らほど
身を粉にして働いているようには
見えません。

それが悪いということではなく、
そういう人たちが訴えかけても
説得力に乏しいということです。

だから、規則を改正してでも
国会や議会もテレワークにして
範を示していただきたいと思うのです。

20200430124420b5e.jpg


Tag:
| TrackBack:0

オンライン講義には、大きく分けて
生配信によるものと、
録音・録画されたものがあります。

後者は、何度も聴講できるので
とてもありがたいです。

前者も、気兼ねなく
講義中でもトイレに行けたり、
スマホを操作したり、
講義がつまらないと思えば退出できる
というメリット(?)があります。

もっとも、今どきの学生は、
実際の教室での講義でも、
平気で上のようなことはしていますが…

一方、教授側も、
学生の出欠状況を記録できるという
メリット(?)もあるかもしれません。

大学側は、こうした受信の有無・程度を
成績に反映させないよう求めていますが、
ゼミ以外の通常講義でも、
受信できた学生どうしで討論をさせ、
時にはレポート提出を課すなど、
教室の講義では実現できない
学生との双方向の授業を試みている
教授もいます。

また、おもしろいのは、
教授らが、
板書代わりにワープロを打つ操作が
そのまま見えることです。

例えば、“≒”という記号を表示する際、
“やく”→“約”→“≒”といった
変換まで見えてしまうのが何か新鮮です。

ただ、報道にもあるように
このご時世、授業料が払えなくなる
学生が増えているという問題もあります。

ですから、大学側も
授業料の減免・延納、各種補助といった
対応をしているところでして、
学生も大学もいろいろ苦慮しております。


Tag:
| TrackBack:0
2020.04.18(Sat):経済・税金問題

昨日の会見で、首相は
医療用マスクやガウンの大量配布
そして、診療報酬倍増を表明しました。

これは大いに評価すべきであって、
おそらく、この施策を批判する人は
ほとんどいないでしょう。

一方、国会議員の歳費の
一年限りの二割カットでは不十分
という声は少なくありません。

少し話はそれますが、
プロ野球選手やメジャーリーガー、
その他プロスポーツ選手の
年間数億円の報酬を批判する人は
ほとんどいません。

数千万円の議員歳費が批判され、
年間数億円のプロスポーツ選手の
報酬が批判されないのはなぜでしょう?

それは、報酬に見合った
働きをしているかどうかだと思います。

すなわち、多くの国民から、
国会議員らは公僕であることに加え
数千万円に値する
仕事をしていないと思われ、
プロスポーツ選手らは
数億円に値する仕事をしていると
思われているのでしょう。

今、医療従事者らは、少なくとも
従前の報酬の倍に値する仕事をしている、
だから、診療報酬倍増を批判する人は
少ないと思われるのです。

Tag:
| TrackBack:0
2020.04.17(Fri):憲法・法律問題

そりゃ十万円貰えるようになったので
私も、正直うれしいです。

ただ、閣議決定が覆され、
党幹事長や閣議メンバーの財務大臣
の意向が無視され、
公明党の意向を受けた首相の一存で
12兆円もの拠出が決まるというのは
権力分立という点からも異常です。

大企業の社長・役員や国会議員らも、
生活困窮者も同じ十万円という
逆進性も問題です。

スピードも大事なのでしょうが、
これで予算編成は一週間ほど遅れます。

ただ、これらの点は、
あるエコノミストも述べていたように、
後で所得税の累進性を強くして、
高額所得者から回収するという手は
ありかな、と個人的には思います。

しかし、この給付措置によって
高収入者らにわたるであろう数兆円もの
お金を生活困窮者にまわすのであれば、
あるいは、同じマスクを何日も使い、
雨がっぱを防護服代わりに使わざるを得ない
苛酷な医療環境の改善に使うのだったら、
それこそ緊急を要するので、
閣議決定を覆すというのも
納得できるのですが…

選挙のための連立に固執することと
人の命、どちらが大切なのでしょうか…


Tag:
| TrackBack:0

今、私が学生としている大学でも
授業のみならずゼミ・演習までが
オンラインとなりました。

ゼミもオンラインでできるんかい、
と当初は思ってはいたのですが、
昨日は、その第一回のゼミが行われ、
何とかできそうな感じではありました。

ただ、大学を含めた
全国の図書館が利用できないため、
研究のために収集できる書籍・資料が
限られてくる点が不安です。

あと、私にとっての問題は通信容量です。
総務省の要請で、
25歳以下の学生ですと月50GBまでなら
通信事業者が無償化してくれるのですが
私のようなおっさん学生は対象外…

そこで、
大学側にアンケートで不満を申し出たら
月に3,000円の補助が
出るようにはなったのですが、
これではとても足りない…

年齢により学問の自由が制限されるのは
憲法違反?

202004160717214d6.jpg

Tag:
| TrackBack:0

昨日、郵便局で、
ゆうちょPayをインストールしたら
不織布マスクをいただけました。

ひとしきり文句垂れていただいた後は
 隣近所で融通するとか…
 日本の社会ってそういうの
 苦手じゃないはずだとおもってますんで。”

と経産省の職員もおっしゃっていたので、
また、実際、すでに手もとには
洗って使えるマスクが複数枚あったので
必要としている方に差し上げようと
ご家族の多いご近所さん中心に
回ってみました。

当初は、よろこんでいただけるかな
と思っていたのですが、
みなさん、すでに十分あるということで
遠慮されていました。

結局、受け取っていただいたところも
大喜びというわけでもなく、
せっかくのご厚意なので…
という感じでした。

ですから、
アベノマスクが届いた状態で、
さらに他人からアベノマスクを
お譲りしますといわれても、
かえって迷惑になりそうなので、
実際に届いた際には、
自分からお譲りすることは
やめることにしました。

でも、2~3百億円の税金を
ムダにすることもできないので、
届いたら自分でも使ってみますが
着け心地が悪かったら
着用はやめるかもしれません…

安倍総理を見てても苦しそうですし
やはり、小池都知事の不織布マスク
のほうがオシャレですよね‼

あとは、
私たちの血税がムダにならないよう
アベノマスクを着用して
不織布マスクの購入をやめる方々が
増えることを祈るばかりです。

20200408083024c65.jpg


Tag:
| TrackBack:0
2020.04.06(Mon):わたしの信条

布マスク配付の意図について
経産省の職員が皮肉交じりに
以下のようにSNSで説明していました。

医療従事者に不識布マスクが行き渡るよう
その他の人たちは繰り返し使用できる
布マスクをしてほしい、
だけど今どき布マスクの数は少ないし
今後の需要も見込めない中、
進んで作ってくれる所はないから、
政府が製造を委託して買い上げ
配ることにした、
でも、行列ができて
感染リスクが高まらないよう郵送にした。
不要という人は、
ひとしきり文句垂れていただいた後は
…隣近所で融通するとか…
日本の社会ってそういうの
苦手じゃないはずだとおもってますんで。”
といってしめくくられている。

この意図は間違っていないと思います。

ただ、それなら、なぜ安倍総理は
国会でこのように丁寧に説明をし、
国民にお願いをしてこなかったのか?

こうした説明やお願いなしに
布マスク配付で国民の不安を解消できる
といったものだから、
バズってしまったのでしょう。

職員の説明が、
後付けの自己弁護の可能性もありますが
とてもお願いをする
という姿勢ではありません。

説明せずとも、国民は
自分の意図どおりに動くであろうという
思い上がりが透けて見えてしまいます。

また、何よりも時期が遅すぎた…

不識布マスクが入手困難な中、
すでに多くの人が代替マスクを作成し
入手したりして自助努力をしています。
しかも、工夫が施されオシャレです。

だから、多くの人たちが今さら、
というか、今から一週間以上も後になって
要らないといっているのでしょう。

行列ができるから郵送にしたというのも
融通し合えばいいといったのも、
多くの人が配付された布マスクをほしがる
という前提です。

ここは見解の分かれるところですが、
これは見誤ったかな、と私は思っています。

もし、政府が見栄えが悪く効果も落ちる
布マスクの着用を国民にお願いするなら
なぜ、政治家や官僚は率先して自分らが
布マスクをして範を示さないのでしょうか?
そのくらいの数はあるはずです。

あの総理も、着け心地が悪かったのか、
最近は不識布マスクをしだす始末です。

たかが布マスクの問題という方も
いらっしゃるかもしれませんが、
この問題の本質は、
2~3百億円の血税の使途です。

今さら需要が見込まれない
布マスクの製造・郵送に充てるなら、
事業者のように特別融資も施されずに
(融資で救われない事業者もおりますが)
困窮している人たちへの現金給付にまわすか
それこそ、更なる不識布マスクの配付など
医療従事者のために直接税金を使ったほうが
費用対効果はずっといいはずです。

自分の懐が傷まないから
お金の使い途にルーズになてってしまう、
これは今回の布マスク配付の問題に限らず、
財政赤字が膨らんでしまった
原因なのではないでしょうか。


Tag:
| TrackBack:0
2020.04.03(Fri):わたしの信条

政治とは配分である。

政治とは説明である。

政治とは覚悟である。

市井を知らなければ、
適切なタイミングで
適切な配分はできないし、
市井の人を納得させることはできない。

2~3百億円使って
再来週から布マスクを配れば
国民の不安を解消できると
本気で思っている、
裕福な家庭で育った政治家に
“政治”は難しそうだ。

彼だけではない。
どんなご時世でも
数千万円の年収が保障されている
政治家やお役人が
当事者意識をもつのは難しい。

だから、不眠不休で働いてくれても
空回りになってしまうのであろう。

全国会議員の歳費を六分の一まで削り
全地方議員と全公務員の年収も
三~四百万円まで削る。

これで、自助努力では限界のある
困窮する(であろう)方々の生活を保障しつつ
外出や活動の自粛をお願いする。

それでどんな結果になろうとも、
その責任も負う覚悟をもって。

こうした覚悟がないと、
いつもでも抽象的な言葉だけが踊る。

お金の問題だけではないが、
私たちが一致団結して、不安なく
活動自粛に協力できるような環境を作るのが
政治である。


Tag:
| TrackBack:0

食事や買い物以外で
外出することがなくなった最近は
吉野家の牛丼弁当に
頼ることが多くなりました。

というのも、
吉野家では、先月10日から、
一斉休校中の子どもの食事を
支援するという目的で、
12歳以下の子らに一人3個まで
並盛税抜き278円で提供されていのが
27日から昨日までは、
年齢・個数制限なしで、同様に
販売されるようになったからです。

これは貧乏学生(?)には助かりました。

制限がとれた段階で、
並盛に限らず牛丼弁当なら全て
74円引きとなったのですが、
当初は、子どもの食事支援
という目的だったためか、
テレビCMや店頭広告といった
積極的な宣伝はありませんでした。

よって、知る人は少なかったようですが、
牛丼弁当を買い求めに来るお客さんは
日に日に増えてきてた感じでした。

ちなみに、今日から今月22日までも
牛丼弁当は15%引きとなるようですが
これだと、大盛り以上なら、
かえって今日からのほうが安くなります。

202004010928392f1.jpg
20200401092817182.jpg20200401092801f0e.jpg



Tag:
| TrackBack:0
2020.03.29(Sun):他政党のやり口

本当は、
このような投稿はしたくないのですが、
ここ数日、江東区の亀戸・大島地区で、
十か所ほど同時多発的に
私のポスターだけが故意にはがされたり
破られたりしているので、一部ですが
写真入りで投稿することにしました。

なぜなら、今までも、
このような投稿をすれば、しばらくは
こうした妨害も治まってきたからです。
背に腹は代えられません。

真冬には被害はめったにないのですが、
暖かくなると決まって、
他党の新ポスターが貼り出さるのと同時に
こうしたいたずらも目立ち始めます。

それにしても、
これだけ日にちも場所も集中して、
それでいながら、事件にならないよう
かたっぱしに破くというわけでもない点
何か計画的・組織的なものを感じますね…

20200328083853388.jpg
20200327114715865.jpg


Tag:
| TrackBack:0
2020.03.25(Wed):政治活動

みなさんは、どこで
マスクを入手されているのでしょうか?

まれに入荷される日の早朝から
行列に並んでおられるのでしょうか?

私が、駅頭活動や演説しているときに
マスクを着用してこなかったのは、
声がこもってしまうこともあるのですが、
どうしても入手できなかったからです。

そこで、私は、
みなさんからは十分に距離をとった所に
立つようにしているのですが、
明日の南砂町駅の公園口は、
すぐ近くに集合住宅もある閑静な場所で
声も大きくは出せないので、
(数年前、それで苦情をいわれました…)
みなさんからは至近距離の所に
立たざるを得ないのです。

そうすると、このご時世、
さすがにマスクは必要です。

しかし、マスクはどこにも売っていない…

そこで、私の救世主となったのが
江東区亀戸3丁目、亀戸天神近くにある
“EAT CAFE ANZU”さん‼

手作りのマスクが販売されているのです。
しかもオシャレで、洗えば繰り返し使える
優れモノ!

もちろん、
購入した際はランチもいただきました。

ジャガイモ丸ごと入ったゴロゴロ野菜カレー
ライス大盛り無料で食べ応え十分、
おいしくいただきました。

これで明日も
心おきなくみなさんにご挨拶ができます!

“EAT CAFE ANZU”さん、
本当にありがとうございました‼

202003251344409db.jpg20200325134420a8d.jpg


Tag:
| TrackBack:0

昨日は、東京江東区の深川地区を
TOKOTOKOクラブのメンバーと
お花見ジョギングを
一時間ほどしてきました‼

その後は、
木場公園のベンチに座りながら
30分ほど桜をながめ、
各々アルコール一缶だけ空け
(お酒がダメな私は缶コーヒー)
おしゃべりも楽しんできました。

このクラブメンバーは
50名近くいるはずなのですが、
いつも3~5名ほどの参加…

ところどころ散歩も取り入れた
ゆる~いジョギングですので、
より多くの方々の登録・参加を
お待ち申し上げております‼

20200322081258b17.jpg
20200322081309a20.jpg
2020032208132270d.jpg



Tag:
| TrackBack:0
2020.03.21(Sat):ボランティア活動

昨日は、
東京江東区の大島というところで、
清掃活動に参加してきました。

相変わらずタバコの吸殻が
たくさん落ちていたのですが、
特に、ベンチ下、駐車場、自販機、
そして、橋の下などがひどいです…
(江東区はゼロm地帯なので、
 橋が多いのです。)
数えながら拾ってみたのですが、
五十分間で何と150本‼

平均すると、二十秒間も歩けば
吸殻が一本落ちていることになります。

ちなみに、今問題となっている
マスクのポイ捨ては二枚でした…

202003210738509d0.jpeg


Tag:
| TrackBack:0
2020.03.15(Sun):政治活動

新型コロナウイルス対策として
安倍総理は、
学校の全国一斉休校、
それにより
仕事を休まざるを得なくなった方々の休業補償、
イベントなどの開催自粛要請、
これにより損害を被った方々への借入保障、
PCR検査の保険適用、そして、
緊急事態宣言を可能にするインフル特措法の改正
等々、矢継ぎ早に対策を打ってきました。

迅速な対応が求められている中、
こうした一連の措置が
一概に間違っているとは申しません。

しかし、
これらの措置には疑問点もあります。

学校の一斉休校に対しては、
保育園や学童保育へのしわ寄せ、
休業補償については、
雇用労働者とフリーランスとの格差、
PCR検査については、
検査できる機会や施設が限られていること、
緊急事態宣言については、
事後的な検証や補償が欠いていること、
等々、疑問点が数多くあります。

そして、安倍総理はこれらの疑問について
丁寧に説明をしていません。

つまり、
説明責任を果たしていないのです。

私はここが問題だと考えています。

これは、独断専行にすぎることが
原因の一つだと考えます

すなわち、今回、安倍総理は
専門家などに事前に意見をきくことなく
これら一連の措置を決めたようでして、
だからこそ、
私たち国民が疑問に思うことに対し、
答えを用意できていない、
だから説明ができない、
説明責任を果たすことができないのです。

そこは、やはり
事前にきちんと専門家らの意見もきき、
私たちの疑問に答える用意は
しておくべきだったと考えます。

また、一連の措置によって
保育園や医療施設といった
現場が混乱していることも問題です。

これも事前に
役所や現場に事前に伝えることもせず、
独断専行で決めてしまったことが
一因であるといってもよいでしょう。

安倍総理はどうやら政治的決断を
独断専行と履き違えているようです。

政治的決断というのは
説明責任や結果責任といった
様々な責任を伴うことを
知らないようにも見受けられるのです。

これは、
新型コロナウイルス対策にとどまらず、
例えば、九年前の
原発事故を起因とする
トリチウム汚染水の海洋放出問題しかり、
そして、
沖縄の米軍基地問題しかり、
これらの問題について
事前にきちんと住民の声を聞いたり
真摯な姿勢で説明することなく、
すでに決まったことだと
上から押し付けるようなことをするから
大きな問題となるのです。

つまりは、
誠実さと謙虚さ、これらに欠けるから
説明責任も果たせず、
よって、混乱も生じ、
問題も大きくなるのです。

政治に求められるのは、
国民に対する誠実で謙虚な姿勢、
そして、
真摯に説明できる能力ではないのでしょうか。


Tag:
| TrackBack:0
2020.03.14(Sat):ボランティア活動

東京は江東区亀戸という所で
無料もしくは安価で
園児の遊び場や食事を提供する
活動がなされているのですが、
昨晩、私も、
食事の配膳や園児のお相手といった
お手伝いをしてきました。

感染防止のため
いろいろ自粛ムードが漂う中、
昨晩は、人が集まらないのでは、
と心配されていたのですが、
むしろ、お子さんらにの憩いの場が
求められている今、大勢の親子が
公民館を訪れてくださいました。

換気もしっかり行った広い部屋で、
子どもらは元気に
はしゃぎまわっていましたが、
子ども好きの私にとっても、
この子らと接することが
癒しにもなりました。

コロナウイルスとか事情を知らない
この子たちにとっては、
手洗いや消毒を徹底することの意味は
分からないはずなのですが、
それまでも楽しんでいるようでした。

おもちゃでポップコーンや綿あめを
つくっていた子もいましたが、
今どきのおもちゃは
ホントによくできているものだと
昭和生まれのおじさんは
感心するばかりです。

ポップコーンがはねて出てくるのが
よほど楽しかったのか、
子どもらによって
山のようなポップコーンが製造されたのですが、
私はそれをひたすら食べているのでありました。

20200314123540b7c.jpg20200314123520c3a.jpg202003141234426a0.jpeg


Tag:
| TrackBack:0
2020.03.10(Tue):政治活動

私が演説していると、
小さなお子さんのほとんどは
何ごとかと、
私のほうを向いてくれます。

そうすると、私は決まって、
小さく手をふるのですが、
多くの子は手をふり返してくれます。

昨日も演説をしていると、
ご両親に手をひかれた小さな女の子が
私のほうを向いてくれたので、
いつものように手をふると、
その子も手をふってくれました。

たいがい、子どもとのやりとりは
ここで終わるのですが、
そのときは違っていました。

いつまでも、じっと
私のほうを見ているのです。

その子は、
出勤するお母さんを見送りに、
お父さんと駅まで来たようなのですが、
お母さんとの別れの挨拶もそこそこに
ずっと私のほうを
見ているではありませんか‼

なぜこんなに見つめらているのか
私には皆目見当がつかなかったのですが
どうやらお父さんには、
その子が私に何か伝えたいことがある
みたいだというのが分かったようです。

その子は、
お父さんに手をひっぱられながら
私に近づいてきました。

私は演説を中断して、しゃがみこみ、
その子と目線を合わせました。

しかし、その子は恥ずかしがって、
何もしゃべってくれません。

私から名前や年齢をきくと、
それには答えてくれるのですが、
(ちなみに3才でした)
その子は本当に伝えたいことは
なかなか言ってくれません。

お父さんがうながすと、
ようやくしゃべってくれたのですが、
私には全く聞き取れません…

すると、お父さんが
通訳(?)をしてくださいまして、
どうやら、コロナで休園になる前に
ディズニーランドに遊びに行ったらしく
それが楽しかったということを
私に伝えたかったようなのです。

人に言いたくなるほど、
きっと、楽しかったのでしょうね

三十年ほど前、
私が社会人になりたてのころ、
職場の旅行でディズニーランドに
一泊して遊んだことがあったのですが、
その時の私の上司が
“ひでえめにあった”とボソッと
いっていたのが思い出されました。

人によって
感性がこんなにも違うんですね(^-^;

Tag:
| TrackBack:0
2020.03.09(Mon):ボランティア活動

昨日は、地元の団地で、
普段の古紙回収の還元品として、
トイレットペーパーとティッシュペーパーを
自治会員の住民の方々に
配布するお手伝いをしてきました!

みんな殺到して来るのかと思いきや、
最近は紙類は店頭に十分並んでおり、
天気が雨だったこともあり、
非常に落ち着いた状態でした。

20200309134818796.jpg

Tag:
| TrackBack:0
2020.03.01(Sun):政治活動

普段、私が演説をしていても
前を素通りされることが
ほとんどなのですが、
学校の一斉休校のことを
お話した昨日は、違っていました。

某大型商業施設の前で
演説したものですから、
トイレットペーパーが売ってない、
いつ、入荷するんだ、
政治家が何とかしろ、
(なお、私は落選中のただの人です)
と、まーいろいろ
不満をぶつけられちゃいました…

中には、生理用ナプキンがないと
訴えかけてきたご婦人もおり、
私は異性とみられていないようで(笑)

このようにいわれた私は、
こうお応えしておりました。

必要以上に買う方々もいるので
こうなってしまうわけでして、
ペーパー類は国内で
十分供給できておりますので、
どうか冷静になって下さい。

政府も、みなさんには
冷静になるようお願いしていますし
と、お応えすると…

だから、みんな余計不安になるのよ、
普段うそばかりいっている政府が
そういうから、
本当はモノがなくなっちゃうんじゃないか
みんな不安になるのよ‼

論破されてしまいました…

冗談はさておき、今日から、
買占めはやめましょうと
訴えかけてまいりたいと思います。


Tag:
| TrackBack:0
2020.02.23(Sun):ボランティア活動

今朝も、東京は江東区の亀戸で、
清掃活動に参加してきました。

今朝の変わった落としものは…
カツラ‼

派出所に届けようかと迷いましたが、
着用に耐えないほど汚れがひどく、
ハズれたときに普通は気づくよな、
と思いながら、
ゴミとして処分してしまいました。

202002230940492ee.jpeg
20200223094512e34.jpg202002230945326fe.jpg



Tag:
| TrackBack:0
2020.02.08(Sat):政治活動

さてみなさん、ご存知のとおり
地元選出の元自民党の国会議員が
IRをめぐる収賄の容疑で
二度にわたり逮捕・起訴されました。

本人は全面否定しておりますが、
TVドラマのタイトルにも
なったこともがありますように、
起訴されたときの有罪率は
99.97%ですから、
ほぼ間違いなく有罪となることでしょう。

ところで、投票した人のうち過半数が
どうして、こうした人を国会議員に
選んでしまったのでしょうか?

投票した人には
責任は全くございません。

一番の責任は、
今回のことだけに限ったことではありませんが
失態をさらすような人を
公認した政党にあります。

そして、もう一つ、
逮捕・起訴されるような人が
選ばれてしまう原因は、
私たちが選んだはずの議員から
まるで情報が
与えられていないことにもあります。

たしかに、今回、
逮捕起訴された人も含め、
私たちに選ばれた議員は
SNSなどで情報発信しておりますが、
忘年会や新年会に何か所まわったとか、
餅を何回ついたとか、
神輿を何回かついだとか、
そんなどうでもいいことしか
発信していません。

そんなことよりも、
国会議員は普段国会で何をしているのか、
国からもらっている一人5千万円近くの
私たちの税金を
どのように使っているのか、
すなわち、時間とお金を
私たち有権者のために
どのように使ってくれているのか
こうした一番大切な部分を
伝えてくれていないからです。

これでは候補者個人を判断できない。
そうしたら、もう私たちは、
公認した政党を信じるしかありません。

ですから、
逮捕起訴された本人はもちろんですが、
有権者の信頼を裏切った政党の責任は
非常に重い、このように思うわけです。

政党には、候補者を公認した理由を
本来、私たちに説明する責任がある
このように思うわけであります。

私は普段から
政治には説明責任が大切である旨
訴えかけておりますが、
説明責任という点からもう一つ
気になる点があります。

それは、安倍総理の答弁姿勢です。

今問題となっている
桜を見る会については、
野党が追及しているところですが、
いつまで、やっているんだ
もう桜の会にかかった費用以上の
費用をかけて追及する必要が
果たしてあるのか、
という批判の声もあります。

しかし、公金を使って
自身の政治活動のために使った
ということであれば
これはもう、
公職選挙法違反という
立派な犯罪になります。

また、安倍総理が
不誠実な答弁を繰り返すばかりで
説明責任をしっかり果たさないからこそ、
野党はいつまでも
追及しているではないでしょうか。

例えば、安倍晋三事務所が
桜を見る会の参加者を
募ったが募集をしていないとか、
そして、桜を見る会の前夜祭、
あのホテルニューオータニで
通常の半値以下の5千円しかかからない
立食パーティーのことですが、
そのキャンセル料の無料化については
安倍晋三事務所とホテルとの間で
合意はしたが契約はしていないとか、
もう某大学の法学部を卒業したとは
思えない答弁を繰り返すばかりです。

契約とは、まー黙認も含まれますが、
法学部を卒業しながら
合意の一つであることを
知らないとでもいうのでしょうか?

政治に求められるのは誠実さ、
しかし、安倍総理の答弁には
森加計問題のときから誠実さが見られない
これが野党がいつまでも追及している
原因の一つだと私は思います。

私は安倍政権を
一概に非難するつもりはありません。
米露などの大国に
おもねすぎているところはありますが、
外交努力は評価してもいいとは思います。

しなしながら、誠実な説明責任。
今の政権には、これが欠けている
のではないでしょうか。

さて、今回の地元選出の国会議員の
収賄事件に関係して、
最後に、IRについて
一言述べさせていただきます。

結論から述べますと
カジノには反対です。

理由はギャンブル依存症のおそれとか、
治安が悪くなるとか、
そういう不確かなことではありません。

それならば、競馬や競輪といった
公営ギャンブルにも当てはまるはずです。

この公営ギャンブルと
カジノとの一番の違いは胴元です。
公営ギャンブルの胴元は国や地方公共団体、
カジノの胴元は米国など外国の民間企業です。

したがいまして、
収益金の行きつく先が違ってくるのです。

例えば、現在の公営ギャンブルの収益金は、
社会福祉、医療、教育、
道路や上下水道などの公共施設の整備など
にも使われています。

しかし、カジノの場合は、
胴元となるアメリカなどの民間企業を
もうけさせるだけです。

ここにも、
アメリカにおもねる安倍総理の外交姿勢が
透けて見えてくるわけです。

そして、ここ江東区、青海にも
カジノ施設ができるかもしれない
との話もあるようですが、
それで、江東区が潤うならまだしも、
お金が外国企業に流れるだけなら
カジノ施設が江東区にできても
意味はありません。

経済の波及効果を狙うのであれば、
カジノ以外のIR施設で十分だと
私は思います。

よって、
私はカジノには反対です。


Tag:
| TrackBack:0
2020.01.15(Wed):政治活動

昨日まで、新年のご挨拶に
ポスターでお世話になっているお宅へ
うかがっておりました。

先日、その過程で
ポスターの貼り直し作業をすべく、
前のめりにかがんでいたところ、
突然、後ろから、何者かが
私のことを強く押してきました。

前かがみになっていた私は、
両足で踏んばり切れず頭から落ち
そのまま頭頂部を
目前にあった大きな石に
ガツンとぶつけてしまいました。

ふり返ると、一人の男性が
うめき声をあげながら立っていました。

私は、政敵だと思い
「何しやがる‼」
と叫んだところ、
別の男性があわててやって来て
『申し訳ございません。
 施設の者でして…』
と平謝りしつつ事情を説明し始めました。

どうやら、私を押した男性は
知的障がいをお持ちの方で、
イライラしていたところ
視界に入った私を襲ったのではないか、
ということでした。

大して痛くもなかったので、
そのまま作業を続けようとしたところ、
頭から血がボタボタと流れてきました。

驚いた職員の方が救急車を呼んでくれ、
私は救急病院に運ばれたのでした。

そこは、16年以上前、真夜中に
インフルエンザで(後に判明)動けなくなった
亡父が救急車でかつぎこまれた病院でした。

救急車に乗ったのは、
その際同乗して以来二回目です。

結局、頭の怪我も擦り傷程度で、
脳や頭蓋骨にも異常はなく、
およそ一時間後に現場に戻ってきて、
作業と挨拶回りを続けたのでした。

その後、施設の職員の方が
私の血で汚れた道をきれいにし、
後日、加害者の親御さんも
私の自宅まで来てくれて
謝罪してくださいました。

2020011512280351a.jpg


Tag:
| TrackBack:0
2020.01.13(Mon):ボランティア活動

新成人の方々おめでとうございます!

そんな成人の日の今朝も、
亀戸・船橋屋による
清掃活動に参加してきました。

一見きれいに見える街並みでも
人目につかないところに、
例えば、草木の茂みに隠れるように
ゴミは捨てられています。

こうしたゴミの特徴は、
アルコールやタバコのゴミといった
“大人”が捨てたであろうと
思われるものである点にあります。

“大人”はゴミのポイ捨てはいけないと
分かってはいるからこそ、
人目につかないように捨てるのでしょう。

“成人”とは、をググると
“心身ともに成長・成熟した者”
ともでてきます。

年齢だけで成人の日を迎えても
いつまでも“成人”になりきれない
“大人”もいるという現実を
成人の日に改めて思い知らされました。

本日、成人の日を迎えた若人には、
是非、名実ともに立派な”成人”に
なっていただきたいものです。

20200113172109653.jpg202001131719247ac.jpg
20200113172033ba1.jpg20200113171953746.jpg



Tag:
| TrackBack:0
2020.01.05(Sun):政治活動

東京江東区にお住まいの方なら、
私のポスターを街中で見かけた
という方もおられるかと思いますが
あのポスターをはらせていただくの
本当に大変なんです。

一軒、一軒おうかがいして、
ポスター貼付を承諾頂けるお宅は
十軒に一軒くらいでしょうか。

政党公認の方や現職の方ならまだしも、
私のように無所属で当選したこともない
どこの馬の骨とも分からない者の
ポスター貼付をお許しくださるというのは
よほど心の広い方々なんだと思います。

ですから、感謝の気持ちを伝えるべく
毎年この時期、新年のご挨拶に
一軒一軒うかがっております。

400軒近くもあり、
かなりの期間を要しますが、
寒いので、
インターフォン越しで失礼させて
いただく場合も少なくありません。

本年も、
何卒よろしくお願い申し上げます。


Tag:
| TrackBack:0
2020.01.03(Fri):ボランティア活動

3のつく日に行われている
船橋屋さんによる亀戸の清掃活動、
本日、正月3日もありました。

正月らしい落とし物としては、
昨年は年賀状だったのですが
今年は“寿”扇子が落ちていました。

そして、いつもだと
亀戸天神の近くは
比較的きれいなのですが、
今朝は、参拝客が食べた後に
捨てたと思われる容器や木串が
たくさん落ちていたので、
この場所を清掃するだけで
時間が過ぎてしまいました。

私なら、バチが当たりそうで
ポイ捨てする気にはなれませんが、
娯楽の一環として
初詣でに参拝に訪れているであろう
人たちが少なくないということが、
こうしたゴミからもうかがえます。

20200103092423832.jpg/>
20200103092447f66.jpg
20200103092552cea.jpg

Tag:
| TrackBack:0
2019.12.28(Sat):ボランティア活動

東京は江東区の南砂町という所で
月に2~3日、ボランティアで
小中学生と勉強をしています。

先日、その子らや親御さんが
クリスマス会を開いたのですが、
私はウイルス性胃腸炎で
参加することができませんでした。

そして、昨日も、
そこの勉強会があったのですが、
何と何と、子どもらから
手書きのクリスマスカードを
いただいたのです!

これはもう感動ものです。

家族がいない私にとって
文字通り唯一無二の最高の
クリスマスプレゼントです!

20191228125307cf3.jpg20191228122055c49.jpg
20191228122217c8d.jpg201912281222387b7.jpg
20191228122128aaf.jpg20191228122109d43.jpg
201912281221415d9.jpg



Tag:
| TrackBack:0
2019.12.19(Thu):他政党のやり口

今、地元選出の自民党代議士が大変なことになっていますが、一カ月ほど前、私のところに某テレビ局から、対立候補として何か知らないかと取材依頼がありましたが、何も知らん、とだけ答えておきました。
Tag:
| TrackBack:0
2019.12.04(Wed):政治活動

今朝の亀戸水神駅前、
いつものように
焼き鳥のハツが好物だという
小学生の女の子がやって来た。

しかし、彼女の第一声は
いつもと違っていた。

『おはよう!』

そう、この当たり前の言葉を
彼女の口から聞いたのは
これが初めてのような気がした。

いつもだと、いきなり話かけてくるか
第一声が
『うるさいです!』
とか
『ヤッホー』
とか、そんな言葉だった。

『私、あいさつ名人になったの』

彼女も自覚していたようだ。

「そうか、そうか偉いね」

(でも、あいさつ名人なら、
 47歳も年上のおっちゃんには
 “おはようございます”かな)

『来週また来る?』

「いや、来週は来れないから、
 その次の火曜かな」

と、いつものやりとりを終えると、
いつものようにハイタッチをかわした。

ただ、私が立ったままでの
ハイタッチはこれで三回目なのだが
だんだん楽な姿勢でも
できるようになっていた。

彼女の心身の成長が楽しみだ。

(写真は、この駅の近くにある手作りパン屋“グリムハウス”さんでの朝食風景。
 彼女も通う近所の小学校の生徒の絵がかわいい)

201912041622053ff.jpg

Tag:
| TrackBack:0

先日は、私の出身中学の後輩で
格闘家でもある酒井秀信さん主催の
忘年会に参加してきました!

主な出席者は格闘技と芸能の関係者でして、
男だけの実に硬派な(?)飲み会でした!

下の写真は、中央がエンタの神様で
“間違いない”でお馴染みの
芸人の長井秀和さん、
左は“てじな~にゃ”でお馴染み
山上兄弟のお父さまでして、
ご自身もマジシャンです!

お二方ともアイドルのプロデュースも
されているのですが、
大変ご苦労されているようです。

なお、長井さんも私も、
おっさん英検一級ホルダーです!

20191130111046f97.jpg
201912010834125cc.jpg


Tag:
| TrackBack:0

先月、私の知人が神田神保町で
ラーメン屋を開いたという
お話を紹介いたしましたが、
昨晩、そのラーメン屋に
友人と行って参りました。

店名は“石黒商店”

北海道から取り寄せた大量の蟹を
丁寧に潰して作られたスープに
亀戸“佐野みそ”さんの味噌を
投入した味噌ラーメンが売りです。

麺の茹で加減も絶妙でして、
スープもうまい具合に絡みます。

チャーシューや味玉も
いい感じにトロトロでして、
これだけでもいけちゃいますよ。

そして特筆すべきは、
多方面で進化が見られたこと。

まず、開店当時と比べ、
スープがマイルドになっていました。
これは、
角が立たないスープに仕上げるべく
“佐野みそ”さんと
打ち合せを重ねた結果だそうです。

ですから、私も飲み干したのですが、
普段は健康のためスープを残す友人も
この日だけは飲み干していました。

そして、お箸まで進化‼

当初から環境保護の点から
割り箸でなくプラスチック製の箸が
使われていたのですが、これでは
油汚れが落ちにくいということで、
竹製の箸に替わっていたのです。

環境面や衛生面まで
こだわりが感じられます。

食べログでも高評価の“石黒商店”
みなさまも是非‼

2019112614124562f.jpg
20191126160622d66.jpg

Tag:
| TrackBack:0
2019.11.20(Wed):ボランティア活動

東京江東区の一斉清掃日は
今月10(日)だったのですが、
その日は、私が住む団地では、
防災訓練の日だったので、
翌17日の日曜、
掃除活動が行われました。

団地内には、憩いの場として
何か所かにベンチやテーブルが
設置されているのですが、
下の写真にあるように、
いつも飲食品の容器などが
ポイ捨てされています。

透明なゴミ箱なら
テロ対策にもなるので
設置してもいいように思えますが
駅構内やコンビニ内とは異なり
牽制が効かないので、
大量の家庭ゴミが
捨てられるおそれがあり、
収集の手間やコストも無視できません。

また、冬以外は、
真夜中にかかわらず、
ベンチやテーブルがある故に
若者などがこうした場所にたむろして
大声で騒ぐことが多いのも困ります。

今回は、
地元の少年野球チームの子どもらも
清掃活動に参加してくれました。

こうして子どものときから、
ゴミはポイ捨てしない、
夜は騒がない、
こうした道徳を学んでいかないと
せっかくの憩いの場も、
環境を悪化させる起因と
なってしまうようです。

2019111711230119e.jpg

Tag:
| TrackBack:0
2019.11.18(Mon):ボランティア活動

先日も、東京江東区は
南砂町というところで
小中学生と勉強をしてきました。

このときは、
漢字の書きとりをしていた子が
多かったのですが
書き順がおろそかになっているのが
目立ちました。

ただ、私たち大人も、
特にワープロで文書を作成する
ことが多くなった昨今、
果たしてどこまで正しい書き順で
書いているのでしょうか?

例えば、私なんかは、
“右”は丿から書くべきだと
頭では分かっていても、
つい、一から書いてしまいます。

また、冖という部首の左端を
私は内側に向けて書いてしまう
癖があるのですが、
子どもらの漢字テキストには
好ましくない例として
あげられていました…

しかし、字のクセも個性。
正しくきれいな字を書くというのは
日本の良き伝統・文化
でもあるのでしょうが、
国や地域によっては、個性の否定
ととらわれるかもしれません。

と、自己弁護(笑)

20191114165121cd7.jpg


Tag:
| TrackBack:0
2019.11.14(Thu):ボランティア活動

東京江東区の
一斉清掃日だった先の日曜、
私も他の二人の仲間といっしょに
亀戸と大島という地区を
2時間かけて清掃してきました。

天皇・皇后両陛下の
即位祝賀パレード開始と同時刻に
ゴミ拾いを始めて間もなくすると
コンビニのアイスコーヒーを
飲み終えた若者が私たちを見つけ
“これもお願いします”と
空の容器を差し出してきました。

私たちがいなかったら
この若者はどうしていたのでしょう。

私が若かりし頃あった街中のゴミ箱が
今となっては消えてしまったのは、
テロ対策や収集のためのコスト増の他
家庭ごみも捨てられるなどして
ゴミ箱の周りがゴミであふれ
かえって街が汚くなるから、
などといわれています。

まだ街中にごみ箱があった時代は
“使い捨て”というものが
ほとんどなかったものですから、
こうした問題はなかったのでしょう。

それから時代がすすみ、
使い捨て商品を生み出してきた企業は
その商品が消費された後の
環境美化のことまでは
考えてこなかったようです。

しかし、今は地球温暖化や
海洋のプレスチック汚染といった
環境問題がめぐりめぐって
大型台風や食物汚染といった形で
私たちにはね返ってきています。

レジ袋やプラスチック容器の廃止が
求められている昨今、
ゴミ箱が街中にあった頃の生活に
戻る必要があるのかもしれません。

不便を不便と感じなかった時代に

20191111144055ec2.jpg
2019111114420568f.jpeg



Tag:
| TrackBack:0
2019.11.12(Tue):政治活動

焼き鳥のハツが好物の
小学生の女の子が
今朝も私に近づいて来た。

そして、何かひとこと発した。

『だっこ』

私には、そう聞こえた。

私はちゅうちょした。

“10才未満なら
 セクハラにならないよな?”

“子どもをだいたことが
 あまりないけどできるかな?”

“なんでこの子は
 こんなに大きくなって
 だっこしてほしいんだ?”

などなど…

私は聞き返した。

「だっこ?」

『ちがう、ヤッホ!』

「そうか、そうか、ごめん」

『また火曜に来る?』

「今度は来れないな」

『じゃ、その次は?』

「うん、来るよ!」

いつものやりとりを終えると
私は中腰になり、
やはりいつものように
彼女とハイタッチをした。

いつもより強くて、
そして痛かった


Tag:
| TrackBack:0
2019.11.11(Mon):ボランティア活動

昨日、地元団地の防災訓練に
参加してきました。

この団地は1/3が外国人世帯で、
特にインドの方が目立ちます。

この方たちが災害時に困るのは
日本語が分からないということです。

そこで、
災害用ピクトグラムを独自に考案中の
早稲田大学大学院の学生さんらが
今回この場でも、デザイン案について
主に外国人らに意見を求めていました。

私も災害全般について、
今回の訓練に参加された方々に
ご意見をうかがってきのですが、
中には、
台風や洪水時に垂直避難した際、
トイレはどうしたらいいんだ、
という声もありました。

たしかに、とくに断水したときは
よそ様のお宅で拝借するのも
気が引けてしまいそうです。

今回の防災訓練は
地震を想定したものでしたが、
地球温暖化にともない、
台風15号や19号といった
猛烈な台風が、今後も
頻繁に襲ってくることでしょう。

水害も視野に入れた訓練も
改めて必要になりそうです。

201911110834133bd.jpg20191111083448e75.jpg
20191111083508790.jpg201911110835249be.jpg





Tag:
| TrackBack:0
2019.11.07(Thu):ボランティア活動

先日も、東京は
江東区の南砂町というところで
小中学生と勉強をしてきました。

ここでは、二時間ほど勉強した後
みんなで夕食をとることにしています。

食事は親御さんたちが作ってくれます。

中にはプロの料理人もいますので、
時おり、
凝ったものも出てきます。

その日は、お米のピザでした。

子どもたちにも大人気!

私も、子どもたちがみんな
食べたのを確認して
最後の一枚をほおばります。

すると、私の隣に座っていた
小学一年生の女の子が
さみしそうな表情を
しているではないですか!

その女の子が
二枚目を食べようとしたところ、
私が最後の一枚を
食べてしまったからです。

食べなければよかった…

20191102110925c70.jpg
201911021109090ca.jpg


Tag:
| TrackBack:0
2019.11.04(Mon):政治活動

今回は、先般、
東日本を襲った台風19号に関する
お話をしたいと思います。

この台風で被災し、困窮している方々が
依然、各地にたくさんいらっしゃいます。

私は、この台風が過ぎ去った後、
区内を回って
いろいろな方々から避難状況を
うかがってまいりました。

そこで今回は、
私が実際にうかがったお話を
みなさんに紹介するとともに、
今後、国や地方の行政がどういった
取組みをしていくべきかを
提案していきたいと思います。

まず、最初のお話ですが、
そもそも避難所の数が足りなかった
ということでございます。

従前より、私たちは、
近くの小中学校などに避難するよう
言われているところですが、今回、
実際に学校に避難しようとしたところ
ここはもういっぱいだから
他へ行ってくれと言われた方が
かなりいらっしゃいました。

また、校内に入れたとしても
カギがかかっているなどして
教室内には入れず、よって
廊下に人があふれていたという
お話もうかがいました。

したがいまして、今後は、
ここ江東区のように人口の多い所では
なかなか難しいところではありますが
なるべくみなさんが避難できるよう
より多くの避難場所を確保すると共に
校内に入ったらすぐにでも
教室に入れるような措置を施しておく
必要があるものと考えます。

次に、高齢者の問題です。

私がうかがった範囲では、
お一人暮らしの高齢者の方でも
近くに身内の方がお住まいの場合は
その身内の方に、
避難所に連れていってもらった
ということでした。

他方、同じ一人暮らしの高齢者でも
近くに身内の方がおられない場合は
私がうかがった範囲では、もれなく
避難所には行かなかったようです。

理由は大きく分けて二つございます。

一つは、
おっくうで身体がきつかったから
ということでした。

もう一つは、
そもそも避難勧告があったという事実を
知らなかったということでした。

したがいまして、今後としましては、
警戒レベル3が出た時点で、ここは
健常者が避難する必要はないものの
ご高齢の方などは避難する必要は
ある段階ですので、
なるべく近くにお住まいの方々が
お一人暮らしの高齢の方を避難所に
連れて行く必要があるのではないか
と考えます。

また、特にSNSに慣れていない
ご高齢の方々につきましては、
避難勧告が出た事実を
認識していただく何らかの策を
とる必要もあるものと考えます。

さらに、ペットの問題です。

飼い主の方々にとりましては、
ペットは家族の一員です。

しかし、ペットとともに
避難所に赴いたところ、
ペットを連れ込まれては困るので
他へ行ってくれといわれたという
方々も少なくありませんでした。

たしかに、ペット専用スペースを
設けていた避難所もあったようですが
自宅から遠いという問題があります。

他方で、飼い主の方々が去った後
ペットの抜け毛や糞尿などで
避難所がかなり汚くなり、
よって、役所の職員らが掃除するのに
大変だったというお話も
報じられているところです。

したがいまして、今後としましては
各避難所にペット専用スペースを
設けていくとともに、
飼い主の方々にも後始末をきちんと
していただくよう注意喚起していく
必要があるものと考えます。

さて、ここからは、
今回ではなく、三年以上前、
大地震があった熊本で、
私が実際に訪問してうかっがた
お話です。

まず、避難所でお子さんが騒ぐと
周りの大人からうるさいと
注意されたケースが多かった
ということです。

しかし、お子さんからしますと
やはり長い間遊べないと
ストレスがたまってしまうのです。

そこで、
各避難所にお子さんの遊び場を確保する
のも大事になってくるものと思います。

また、同じ熊本でうかがったお話ですが
各避難所ではどうしても
男性が指導的立場に立つことが多いので
女性目線からの環境整備に欠けた所が
ほとんどたったということです。

したがいまして、今は
広くいわれていることではありますが、
女性目線からの環境整備も
各避難所でしていく必要があるものと
考えるところであります。

次に、これはマスコミでも広く
取り上げられているところですが、
プライバシー保護、ストレス軽減のため
パーテーションつきのスペースを
確保していく必要性についてです。

欧米諸国では、避難所でもきちんと
プライバシー保護が図られている一方、
日本では昔ながらの雑魚寝状態を
強いられる所が依然多いようです。

たしかに、欧米諸国と比べると
人口密度が違うという事情もありますが
プライバシー保護やストレス軽減のため
パーテーションつきのスペースを一層
確保していく必要もあるものと考えます。

最後に食料の問題です。

戦前戦後は、わが国も今以上に
水害に苛まれていたようですが、
その時代は、もちろん、
コンビニなどはなかったわけです。

そこで当時の人々は
比較的日持ちのする塩むすびを作って
凌いでいたそうなのですが
今回の台風時も、
大量の塩むすびを作っておいた
というお話もうかがいました。

今後は、私たちも
コンビニなどの食料だけに頼らず、
塩むすびを作るといった
昔ながらの知恵を活かす必要もあると
感じた次第でございます。


Tag:
| TrackBack:0
2019.11.02(Sat):経済・税金問題

東京五輪のマラソンと競歩の
会場が札幌に決まった。

このことは、
会場の決定権がIOCにあることや
選手の身体のことなどを考えれば
妥当なことなのであろう。

しかし、理屈ではそうなのだが、
このモヤモヤ感は
どこからくるのだろうか。

それは、IOCが日本の事情や
これまで尽力してきた関係者、
都民などの思いを無視して
頭ごなしに決めたことではないか。

たしかに、バッハ会長は
都民の思いに考慮して
五輪後に都民のためのマラソン大会を
開催することを提案しているようだが、
どうせ、IOCは言いっ放しで
運営や費用は東京任せなのであろう。

そもそも、こんなことで
お茶を濁そうとしていること自体、
本気で都民らのことを思っていない
証拠である。

本来は、札幌開催に至った
経緯や事情をもう少し早くから、
これまでの尽力や費用が
無に帰することへの謝罪も交え、
IOCが費用負担をすることなどの
詳細な説明や提案があれば、
まだ納得がいったのかもしれない。

要は、IOCに誠意がない。

IOCは、
会場変更に伴う費用負担は
組織委員会か北海道・札幌が
負担することになると言い放ち、
IOCの負担には一切言及がない。

税金の使いみちは、本来、
行政が立案し議会が承認する。

IOCの意向で日本の税金の
使いみちが決まるのであれば
大げさにいえば主権侵害である。
(実際は議会承認の要らない形で
 負担させられるのであろうが…)

また、IOCも
本当に選手のことを考えるのなら
五輪パラの夏開催をやめるべきだが、
放送権料や欧米のスポーツ事情で、
そこは変更しようとしない。

さらに、国際陸連は
日本陸連の意向を無視し、
マラソンの男女同日開催を
いってきているらしい。

わが国が、
IOCだけでなく国連などでも
欧米や常任理事国のような発言権なく
お金だけ出させられているのは
何とも歯がゆい。

東京都も法的措置も含め、
もう少し抵抗することも
考えていたようだが、
選手や運営のことを考えると
ここで会場移転を黙認せざるを
得なかったのであろう。

IOCもそこは分かっていて
いきなりつきつけてきたのが
いやらしい。

ただ、都知事自身も
別の競技会場の場所決めや
築地市場の移転問題などで、
政府も、沖縄の米軍基地や
オスプレイの配備などで、
住民や関係者への誠意という点、
今回のIOCと同様の態度を
とってきたことは否めない。


Tag:
| TrackBack:0
2019.10.25(Fri):政治活動

今朝は荒天のため
駅頭活動はしなかったので、
今回は、十日ほど前の
例の“亀戸水神”駅での出来事を
ご紹介したいと思います。

焼き鳥のハツが大好物で
近所の小学校に通う
女の子のお話は何度かいたしましたが
その日も、その子から
『この前の火曜はいなかったね…』
と言われてしまいました。

「毎週来れなくてごめんね。
 この前の火曜は西大島にいたんだ」

『ふ~ん、じゃ、また火曜ね!』

と、いつも通りハイタッチしたのでしたが
いつもと違うのは、
私が立ったまましたということ。

今までは、私のほうが
しゃがむ必要があったのですが、
彼女の背たけが
いつの間にか伸びていたようです。

そして、しばらくすると、
保育園に通っているであろう
女の子二人がお父さんといっしょに
はしゃぎながらやって来ました。

踏切につかまって進めなくなり、
はしゃぐ場所に困ったのでしょう、
その二人は私の周りをぐるぐる回って
鬼ごっこを始めたのです‼

以前、ハツが好物の女の子と
その友だちと二人で、やはり
周りを回られからかわれた様子も
紹介いたしましたが、
私はやはり“お遊び”の対象に
されやすいようです…

ま~、うら若き女性に
もて遊ばれるよりはマシですが…w


Tag:
| TrackBack:0