FC2ブログ

十日ほど前、亀戸駅という所で
朝5時40分から9時10分まで
通勤・通学される方々にご挨拶。

さすがに3時間半、
立ちっぱなしで声を出し続けると
お腹がすく。

そこで、
ある喫茶店に行くことにした。

駅近くの交差点の歩道橋を渡り
明治通り沿いに南に向かって
2~3分歩くと、右手に、
しゃれた喫茶店が見えてくる。

その名は“ローズカフェ”

以前、このお店をSNS上で
紹介したところ、
ここのパンケーキが
美味しくて有名である旨
コメントをいただいた。

そう、以前いただいた
ここのモーニングも美味しかったが
特にお腹がすいたこの日の朝は、
パンケーキを食べることにした。

お店に入ると、
時間的に落ち着いた店内で、
ママさんがスマホで
最近産まれたお孫さんの
写真を見ていた。

タイミングが悪かった思いつつ
ママさんに
お祝いの言葉を申し上げると、
顔がほころんだ。

目に入れても痛くないらしい。

ママさんからお孫さん見る時間を
奪ってしまうことになるが、
早速パンケーキを注文。

それでも、ママさんは笑顔で
慣れた手つきで
パンケーキを作ってくれた。

そして、まもなくして
銅板で焼かれたパンケーキが
私の目の前に現れた。

まず、とにかく色が美しい。
お世辞抜きに
今まで見た中で一番美しい。

この時点でもう、つばきが…

そして、そのまま一口。

まさに絶品!

これに
生クリームとシロップをつけたら
どうなってしまうんだろうと思い、
生クリームだけ、
シロップだけ、
両方と、
いろいろなバリエーションでいただく。

ふんわりとして甘すぎず、
珈琲にも合う。

ペロリと二枚平らげたが、
もっとじっくり味わいながら
食べればよかったと
ちょっと後悔。

この喫茶店は、
最近、地元情報誌にも
巻頭で紹介されました。

みなさまも、
亀戸に来る機会がありましたら、
是非、一度
寄ってみてはいかがでしょうか。

20190322114418548.jpg
20190322113957929.jpg


スポンサーサイト



Tag:
| TrackBack:0

昨日23日㈯、
剣師の臼木良彦先生と
そのお弟子さんらによる
研磨の実演を拝見に、
スカイツリーの足元、
ソラマチ広場に行ってきました。

この研磨は、
手だけ動かしているように見えますが
実は、スポーツと同様、
足腰も重要なのだそうです。

昔、テレビ番組で、
日本刀対弾丸という対決があり、
見事、日本刀が
弾丸を真っ二つにしたのには、
驚かされたのを覚えていますが、
鉛は意外に柔らかく、
鍛えた日本刀が勝つのは
ある意味当然といえば当然だそうです。

その鉄さえも切るとされる斬鉄剣は、
アニメ『ルパン三世』でも有名ですが
あのアニメは、
刀には神が宿ることを
表現したものかもしれない
ということだそうです。

その『ルパン三世』に登場する
“石川五右衛門”を彷彿とさせる
イケメンのお弟子さんもおり、
研磨の姿が本当にかっこいい!

また、女性のお弟子さんもおり、
こちらの方の研磨の姿も、
とても凛々しかったです。

こうした研磨の他に、
本物の刀を手に取ることができる
コーナーもあります。

この催し物は
本日24日㈰までですので、
お時間のある方は、是非、
ソラマチ広場に行って、
本物の日本刀に触れてみては
いかがでしょうか。

201903231706224fc.jpg20190323170638cdd.jpg
20190323170704730.jpg20190323170608a41.jpg
2019032317093221c.jpg20190323170825714.jpg




Tag:
| TrackBack:0
2019.03.21(Thu):政治活動

来月の統一地方選に向け
政治活動の宣伝カーが
目立つようになった昨今、
ここ十年で六つの政党を渡り歩き
一昨年の衆院選でも
今な亡き政党で比例当選した
地元の国会議員が
宣伝カーでやって来た。

彼は、自分の名前を
一生懸命連呼していた。

別にいけないことではないが、
この時期にどうして国会議員が
自分を売り込む活動を
一生懸命しているのかと
不思議に思っていたところ、
時折、
地元の元区議の名前も聞こえてきた。

そう、この元区議は
来月の区議選に出馬するので、
どうやら、この国会議員は
この元区議の応援のため
宣伝カーを走らせているようだ。

ただ、8~9割方は
自分の名前を連呼し、
残り1~2割は、
元区議の名前を申し訳程度に
呼んでるだけで、
この元区議の紹介も何もない。

これは、応援にかこつけた
自分の宣伝なのか?

それとも、やはり、
自身の宣伝のために
車を走らせているのであって、
元区議の名前はついでに
呼んでいるだけなのか?

そんなふうに思っていた私も、
ちょうどその日、
地元出身高校の後輩の
“まにわ尚久”も
来月の区議選に
出馬することになっているので、
応援のため宣伝カーに乗ったり、
地元商店街などを練り歩く
ことになっていた。

そこで、私は、
元々そうするつもりではあったが
一時間半の宣伝カー、
その後の一時間の練り歩きで、
5割を“まにわ尚久”という名前、
4割を彼の紹介、そして残り1割を
私が彼本人ではなく、
何者かを知ってもらうために
自分の名前を呼ぶのにあてた。

自分の普段の演説でも
長くても二時間程度だったので、
宣伝カー、練り歩きと連続しての
二時間半の声だしは
さすがにきつかったが、
その甲斐あってか、
“まにわ尚久”を応援する声を
たくさん聞けたのでありました。

20190317193917dc0.jpg201903171937535fb.jpg
201903171939028cc.jpg
20190317193846c26.jpg
20190317193816ede.jpg




Tag:
| TrackBack:0
2019.03.19(Tue):政治活動

私が、朝、この駅頭で
挨拶をしているとき、
私に絡んでくる小学生の女の子は
主に2人いる。

そして、この子らは、
私が立っているところを
通学前の待ち合わせ場所にしている。

そのうち一人の子がやってきた。

『声が遠くからでも聞こえるよ』

この駅は住宅に囲まれているので
拡声器は使わずに
肉声でやっているのだが、
それでも思いの外、
ひびいてしまうようだ。

『ね~恥ずかしくないの?』

と言いつつ、
その子は私の後ろに隠れながら、
私といっしょに声を出すが、
すぐにやめてしまった。

やはり、恥ずかしかったようだ。

それからしばらくしても、
もう一人の
焼き鳥のハツが好物だという
例の女の子がなかなか来ない。

「お友だち来ないね…
 このまま待っていたら
 遅刻しちゃうよ。」

『今、何時?』

「もうすぐ8時だよ。」

『じゃ、もう行くね。
 8時15分に行かなきゃ。』

「じゃ、早く行ったほうがいいよ。
 気をつけてね。」

私がいなければ、
どうしていたのだろう?
遅刻をしたのであろうか?

時計も持たず、
時間にかなりルーズだな、
と一瞬思ったが、
そこは小学一年生、
時計など持っているはずがない。

そう、
時間を気にするようになるのは、
時計を持ち始めてからだったか。

時計のない生活も
精神衛生上よさそうだが、
現代社会ではそうもいくまい。

それにしても、
あのハツの子は結局現れなかった。

おじさんは、心配…



Tag:
| TrackBack:0
2019.03.18(Mon):政治活動

この駅で朝、
挨拶をしているとき
いつも会う女子高生が

『いのたかしさん、
 おはようございます!』

と元気に挨拶をしてくれた。
私は、
フルネームで呼ばれることが多い。

「おはようございます。」

『今日、私の卒業式なんです!』

「あっ、それは、
 おめでとうございます!」

『ありがとうございます!
 いってきますね。』

「いってらっしゃい。」

おじさんは、
君が三年生だったとは
今朝初めて知ったよ…

次にこの駅に来るのは、
来年度。

もう、
君に会えないかもしれないね


Tag:
| TrackBack:0
2019.03.08(Fri):ボランティア活動

先日、
亀戸の清掃活動に参加してきました!
タバコの吸い殻は
相変わらず多かったですね。

ポイ捨てする人たちは、
中途半端な良心(?)があるようでして、
きれいな場所に
堂々と捨てるようなことは決してせず、
草木の茂みといった目に見えない場所か、
既に他の何人かの人が捨ててある場所に
自分も捨てるといった具合です。

ポイ捨てする人も拾う人も決まっていて、
こうしたことがいつまでも
繰り返されるばかりです。

家庭内でも、
散らかっていても気にならない人は
そのまま掃除もせず、
結局気になってしまう人が片付ける
というのに似ているかもしれません。

家庭内はさておき、
こうした循環を断ち切るには、
まず、
罰金の強化と徹底が考えられます。
これでポイ捨てが減った
自治体もあるようです。

また、子どものうちに
清掃活動に参加してもらう
というのもいいかもしれません。

そうすれば、
ポイ捨ての多い街がどういったものなのか
ということを肌で知った子らが
大きくなった時、
ポイ捨てをしようとする人は
減るでしょうし、
ポイ捨てをする大人も、
子ども(特に自分の子ども)には
拾わせたくないと
思うかもしれないからです。

20190223104354357.jpg


Tag:
| TrackBack:0
2019.03.07(Thu):政治活動

とある駅で
いつも私に絡んでくる
小学生の女の子が、
その日の朝は
桜色のかわいらしい手袋を
着用していたので、
私が

「お母さんに買ってもらったの?」

ときくと

『ううん、パパが買ってくれたの。
 うちのパパお金持ちなんだよ!』

とその子は答えた。

私が何となく聞いてはいけないと
思った質問の答えを
彼女のほうから言ってくれた。

『お父さん、焼き鳥作ってるの。
 私はハツが好きなの❤』

小学一年にして…
飲んべえ決定です。


Tag:
| TrackBack:0
2019.03.04(Mon):ボランティア活動

以前も
申し上げたことはあるのですが、
私が居住している団地では、
隔週土曜のお昼に
お茶やコーヒーを飲みながら
おしゃべりをするという会が
あります。

特に、年齢や性別に制限は
設けられていないのですが、
今のところ参加者は、
私以外は全員、
60歳代以上のご婦人方で、
平均年齢はおそらく75歳程度、
時には90歳を超える方も
いらっしゃいます。

自然、一番の若輩者の私が
お茶くみをすることになります。

今回は、そこで、
なるほどと思った
あるご婦人のお言葉を
紹介したいと思います。

『緩い約束はしても、
 確約は絶対しない。』

『毎日が生きることが勝負』

両方とも、
その日にならなければ
体調がどのようになっているか
分からないからだそうです。

体調が良かったとしても
約束を忘れてしまうことが
あるらしいからです。

メモしておくという
野暮な発想はありません。

五十代の若輩者でも
分かる気がします。

Tag:
| TrackBack:0

このブログをアップするのも
久しぶりなのですが、
実は、最近、
風邪で体調を崩していました。

ある朝、体温を測ると38度。
その後、体温は徐々に上昇、
夜には39度に達していました。
もう、こうなると
スマホを見る気も失せます。

翌朝、
自宅から1分とかからない
総合病院に行こうにも、
三年ほど前から、原則として
紹介状なしには行けず、
だるい身体を引きずって
ちょとだけ遠方の町医者さんへ。

この街に住んで半世紀近く、
このお医者さんの前は、
一万回以上も通ってきたはずが、
一度も診てもらったことは
ありませんでした。

おそるおそる扉を開けると、
普通のお医者さんという感じですが
他に患者さんはいないようです。

早速、熱を測ると39度6分!
いつもの病院だと診察まで
一時間以上待たされるのですが、
10分ほどで診てもらえました。

インフルの検査結果は陰性。
ただ、鼻づまりと耳が痛いという
症状を告げると、
耳鼻科に行くことを勧められました。
このように勧められたのは
生まれて初めてです。

ここのお医者さんの特徴は、
親切・丁寧すぎ…
インフル検査の説明や、
近所の耳鼻科の所在地や休業日等々
聞いているだけでも
結構、つらいんですが…

結局、
今まで通っていた自宅近くの
総合病院に案内状を書いて下さる
ということで、
その足で総合病院の耳鼻科へ。

そこでようやく
処方してもらったお薬を服用して
体調が回復したという次第です。

結局、診察料が従来の二倍も
かかってしまいました。
これが、三年前から始まった
総合病院から町医者に誘う
政策の結果です。

ところで、
私の体温の最高記録は
二十年以上前
パリ在住時に出した
42度です!
こうなると意識は朦朧し、
ベットから冷蔵庫に向け
ほふく前進するのがやっとで
視界も狭くなってた気がします。
この時は
本当に死ぬかと思いました。

だから、おそらく
私には種がありません…


Tag:
| TrackBack:0